enasn's Page

雑多な趣味ページ

久し振りに電球型蛍光灯

  
久しぶりに電球型蛍光灯の話。

以前取り上げたこのVinex電球型蛍光灯、残念ながら在庫が・・・と言ってましたが、何度かお店を訪れていると在庫を発見した。 売り切りでは無く、定期的に入庫、補充されているようだ。 ので、家の在庫用にもと確保もした。 つい先日はブリスターから紙パックへと変貌を遂げていた。 家の在庫は豊富状態なので、紙パック変更後の物は購入していない。 ので性能は同じか? まではわかりません。

で、つい先日は部屋片付け時に在庫棚確認というか、片付けというか、棚に目をやると・・・

あれれ
なにやらOHM電機のが・・・・

ま、まじかよ~ 確かにVinexの箱と OHMの箱が並んだ感じでディスプレイされていたけど・・・ どっかの客が適当戻しした? つーかオーム電機のはオレンジ、 Vinexは赤と間違えるハズは・・・実は店員の策略だったりして・・・ でも2つもというのは確認しなさ過ぎ??(苦笑)

081101_1.jpg


今更返品ってのも面倒(購入時期自体を覚えてない、多分レシートも・・・) という事で使うしかないか。
と、ブリスターパックから取り出し自室ペンダントへ取り付けてみた。

は、はやっ

何この速さ! 電球と遜色無いレスポンス、 それでいて初期点灯も明るい。 文句無しな電球型蛍光灯やないの・・・ 再度ブリスターを確認する。 クイックボール。 うん間違いない。

何故オーム電機の製品を嫌うかというと、 以前も少々ネタ中に言及したんだけど、 購入した物の不良率が異常に多い+ 性能も悪い。 結構今はホームセンターとかに行くと電球型蛍光灯ってピンキリの値段で発売されている。 当時、E26の60wクラスの物といえば軒並み1,000円オーバー。 電気代が安い、寿命も長いと高性能はわかっていても、 なかなか手が出せなかった。 そんな折に某ホームセンターで電球型蛍光灯が500円。 確かに松下、東芝とか大メーカー製じゃ無いけど、 この値段ならと購入した。 それがオーム電機製の物。

なので、当時の松下製とかの性能は詳しく知らないけど、 このオーム製品は明るくなるまでが異常に遅かった。 電球型蛍光灯ってこんなもんなんやと刷り込まれました。 ハイ。 で、結局4つも購入したんだけど、二つは約3か月で点灯しなくなり、 一つはプシューと音をたてながら煙吹きました。 (怒)

「オーム製品には手を出すな!」

ネットで検索してみると、そんなHPやブログが多数あった。 あぁ「安かろう、悪かろう」を地で行ってるんだなと、自分もオーム製品には手を出すまいと誓ったのであった。 という経緯がある。
最後の残党のオーム電機製の玉は現在トイレ灯として働いてもらってます。 トイレとか比較的点灯入切が激しい場所には不向きとされるんだけど、 この著しく明るくなるまでが遅い物は例えば夜中に目を覚まし、眠い目でトイレ行った時など、 明かりが目に刺さらず好印象。 涼しくなってきた昨今は更に100%点灯まで時間がかかって明るくなる頃には用を足し終えてる・・ なんて事になります。 (こいつは電気代は別として、長寿命という点では性能は発揮してます。 ほんと遅いけど)

まぁ長々とオーム電機嫌いを書いた訳ですが、 このクイックボールは凄まじく早いです。 以前べた褒めした SHILITE(中国製) と同時に使用してるけど、 ぶっちぎりです。 この性能(点灯の速さ) だと文句ありません。 269円とすこぶる安価だし。 ただ、 耐久性、安全性とは別なので今後はその点も見ていかないとと思ってますけどね。

という事でそのまま自室でオーム・クイックボールを使用しています。
正直、帰宅後電源点ける毎に 「オームスゲぇ~」 と思ってます。 成長したなぁ~と(笑)
  
  
  

081101_2.jpg

とか何とか上記ネタを考えながら取り外したりと電球型蛍光灯を扱ってたらホタルックボールを落として割ってしまった・・・  不覚
  
  
  
  
  
関連記事

電球型蛍光灯あれこれ

検証あれこれ

検証あれこれPartII
  
  
  
  
  

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

  1. 2008/11/01(土) 07:27:33|
  2. ブログ・日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

2016/2 PhotoAlbum

プロフィール

enasn

Author:enasn

雑多な日記、 購入品の無責任レビューなページです。

カウンター

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

アーカイブ

 

booklog

Link

ブログ内検索


全記事表示リンク

全ての記事を表示する