enasn's Page

雑多な趣味ページ

ツール13:ライトタープペンタ

先日スポーツオーソリティの新年明けバーゲン にて注文した物が届いたので引き取りに行った!

090207_4.jpg

snow peak
LIGHT TARP PENTA SHIELD(STP-361) \11,865

アウトドア用品メーカとしては非常に人気があるので個人的には余り使いたくない、 そして何より定価販売当たり前な点も宜しくは思わない点でもある。 すんません貧乏人、貧乏性なもんでね。 「そこまでの性能必要か?」 と思ってしまう。 販売価格が高い面でのエクスキューズを性能と言われるとね。

しかし、オンリーワンな品があるのも確か。 スノーピークにしか無い物であれば良さそうなら使ってみようか、試してみようかとは考えている。 最近ではソロ物を含めチタン製品購入が多いし、 ファミキャンであれば必ずパイルドライバーは持って行ってる。

という事で今回幕営物では初めて有名メーカ製品を購入した。 今回は後に繋がるタープでの遮光、シールドという点を考慮に入れたいというのがあったのだ。 我が家タープツールその3 でも紹介しているタープを使用してます。 で、勿論UVカットなんてな機能は普通にあるんだけど、 とりあえず夏場はそんなもんは全く関係無い。 涼しいとなるかどうかは別として、 せめてタープで日陰にするにはタープ遮光機能が無いと駄目なんですなぁ。 そもそも夏本番にキャンプもどうか? とは思うけど、嫁ハンや下の子も行くようになり、 夏休みだとかの旅行に絡めてのキャンプとかをもやりだすと、 やはり日差しのキツい場面もある。 どこも水場が近けりゃ良いが、 そうも言ってられないのでタープで日差しをカットしようと考えると、シールド加工で遮光されていなければと考え、 入手性をも含めるとsnow peakか、小川テントのタープとなる。 勿論通常品より機能があるので値段も高くなるし悩みどころ・・・

と考えていたらこのミニタープというのか、ペンタタープでも遮光加工がされているとの事。

現在ソロを含め電車でキャンプ等でもタープは持参していますが、 モンベルのミニウィングタープは有効面積が非常に狭い。 加えて老朽化の為にミニタープも買い替えるか! との考えもあったので安価にお試し出来る、性能をテスト出来るのでは? とこのペンタタープの購入を決めたのであった。 そしてスポーツオーソリティに戻るんだけど、 セールで15%引きになったので約1万円で購入出来た。

そして注文品の為に商品到着後に店舗に引き取りに行くとズッシリと重い。 早速帰宅後に秤に乗せると・・・ レンジオーバー・・・(1kg測りなので) 商品仕様で900gとなっていたのになぁ~
商品を開梱すると真っ先にパドルカバーを取り払った。 これはカヌーなんかのパドルをポールとして使用する為の袋。 個人的には全く使う予定も無いし、 そもそも大多数もそんな感じじゃ無いのかな?? オプションにせなあかんもの筆頭でしょ? 誰かあれの有効な使い方教えて貰えないですかね??

で必要物のみをチョイスし再度計測
収納袋 19g
幕帯本体 807g
ペグ、ロープ 131g

957g・・・ ちょっと誤差にしては大き過ぎるような・・・
  
  
  
  
090207_4.jpg

昨日は程よい気候に風も無い。 直近でキャンプ予定も無いので家前の公園で試し張りする事に。 (実は入手より2週間程度経ってる) 自分家含め子供達も遊んでないのも好都合。(そんなに寒くも無いのになぁ)

上図は既存のモンベル、ミニウィングタープ。 右からペグ・ロープ等、幕帯本体、 ポール(2本) 今後は左からペンタセットとポール(しかも1本) となるのかのテストです。 重量の面でもちょっとうーんと思っている所もあるが、 収納時の大きさも画像ではそうでもなさそうだが割合大きい感じ。 ミニウィングの代わりとしては少々大きいなぁ~ ミニウィングは小分けされているし、 嵩も無いのでザック隙間に忍ばせるには好都合なんですよねぇ。 それに比べペンタは小さくない・・・
  
  
  
  
090207_4.jpg

幕帯を広げます。 約4mx3mなのでそれ程大きくは無いけど、 モンベルの 3mx2mのウィングに比べると有効面積は広くあって欲しい。 でないと収納時の言い訳にならんし。
  
  
  
  
090207_4.jpg

タープ設営はジカ張りもあるので一人でも非常に簡単。 お尻部分にペグを打ち、 対面にポールを立てながらで基本的に自立します。(ポールはモンベルタープ純正の物で 165cm)
  
  
  
  
090207_4.jpg

残りの四隅にペグを打ち込めば終了。 非常に簡単。 自在付きロープがあと二本付属しているので、もう少し間口を広げる事は可能だが、テスト張りで面倒なので四隅全てペグ地下打ち止めとした。
  
  
  
  
090207_4.jpg

間口側からはこんな感じ。 ポールより右側にソロテント入口側を突っ込む事によりプライバシー保護? にもテント前の前室的な使用にもと結構有用に使えそうだ。(所持テントが前室ありませんので) 収納時や重さは完全にモンベルミニウィングタープだが、 その分実用ではペンタタープの方が圧勝の感があるかな。 車に積んでおけばポール2本でデイキャンプ程度なら家族使用も可能っぽいし。
  
  
  
  
090207_4.jpg

ハトメ部分はこんな感じ、 幕帯隅の処理も二重になっていたり、ミシンも二重ではあるけど、それ程ゴツい補強感は無い。 その割には重いけど・・・。 実は機能の遮光やPV、撥水と乗せていくとそれだけで重くなったりもするのかな? その辺りは謎ですけど。

まぁ使ってみて遮光を含め性能等を見極め、 家族用の大きめタープにシールド加工物を購入するか検討すると致しましょう
  
  
  
  
090207_4.jpg

自在(個人的には豚鼻) は専用? プラスチック製だ。 動き悪い面もあるが、 ロープをピンっと張るとその後はかみ合わせにハマり動かなく(ロックされる) なる感じ。 性能が良いのか? プラスチックには無理あるのでは? とも思うし・・・こちらの機能もどんなもんでしょ??
  
  
  
  
  


テーマ:アウトドアグッズ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/02/08(日) 10:47:46|
  2. キャンプ・ツール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タープを張ってみよう!

enasn's Pageには アナライザーといって 例えば閲覧に来ている方のIPとか何時頃にアクセスが何人あったとか、どんな検索語句でこのページに来たとかを分析出来る物があるんです。 FC2ブログの機能の話なんですけど。

その中では結構車関連の語句で来訪されている方が居るのですが・・・ すいませんねぇ余り為になる事は載ってないですもんね。 まぁ好き勝手な事を好きなように書いているだけのブログですので・・・ どうもすいません。 で、その中でも 最近子供がちょっと大きくなり 再度キャンプとかをはじめ出したので キャンプ関連記事も増えてきてるのですが 結構タープについて、タープの張り方について と検索をかけている方が多いのです。 タープ関連記事があるのでその為だとは思うのですが 普通タープとか買うと説明書とか付いてないのかなぁ??

そういや 自分はどうやって張り方を覚えたかなぁ?? いつの間にかソロキャンプとかでも張ってたなぁ・・・・ なんて考えるのと同時に 先日海でタープを張り 仕舞う場面で結構砂が付いていたので その砂を落としたり メンテしないとなぁ~ と思っていたのでにいっちょタープ張り方ページでも作ってみようか、ネタにしてみようかなぁと思ったのです。

という事で「タープを張ってみよう!」 という事になった訳ですが、 前もって言っておきますが 「わたくしの場合」であって自分も知らない、 実はもっと単純、 簡単に出来る方法があるかもしれません。 そんな場合も怒らないでね。 そして、 それはそれで 指摘して、教えてください。(冷汗) 

あと、例えばこのページとかを見て張り方の参考にする、イメージする ってのも良いんですけど 一番早いのは物を持ってそこらの公園で あぁでも無い、こうでも無いと 色々とやってる方が100倍上達します。 そして 絶対だめなのは 買った物をそのままキャンプ場に持って行くってのは止めた方が良いです。 タープみたいな どのメーカでも構造が大きく変わるって物じゃなくても  内容物に欠品とかって事が もしかしてあるかもしれませんし。 公園で試し張りだとかが 出来ないまでも家の中で一度広げてみるのをオススメします。 それだけでも スペック表だけの大きさで無くて どれぐらいの場所を占有するというのがイメージ出来ますので。
  
  
それでは。
  
  
何度か張った事がある場合 大きさ、どこからどこまでぐらいに どのような向きで設営するかというのがイメージ出来ます。 それが出来ない場合は その場、地面にタープ自体を広げてしまうのがてっとり早いです。 風が強い時は出来ないですけど・・・ そもそも広げたタープが飛んで行ってしまうような風の時は張らない方が良いかも。 臨機応変に対応しましょう。 そこそこの天候であれば その内風も止みますし・・・

イメージ出来た、 タープを広げられたら タープの両端にポールを持って行きます。 張り綱と一緒に そして下記画像のように置きます。 この画でいうポール先端に位置にタープの端がくるようにします。
  
  
タープの張り方

初めて しかも一人でなんて時はこのように 必要物を必要な場所にすべて置きます。 上画であれば張り綱の先にはペグを配置する等です。 ですので反対側のタープ端の方にも同じようにポール、張り綱、ペグを用意し、 移動の際はハンマーだけを持って歩くという風にしておけば楽に事が進みます。 自分は良く 工事作業なんかの人が使っている腰袋を付けてます。 腰袋にペグ、 ベルトにハンマーを刺したりできますので便利です。 勿論 家ではDIY用に使ってる物で、キャンプ場でも大活躍という塩梅です。
  
  
  
[タープを張ってみよう!]の続きを読む

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/05/08(木) 21:33:33|
  2. キャンプ 雑記etc
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016/2 PhotoAlbum

プロフィール

enasn

Author:enasn

雑多な日記、 購入品の無責任レビューなページです。

カウンター

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

アーカイブ

 

booklog

Link

ブログ内検索


全記事表示リンク

全ての記事を表示する