enasn's Page

雑多な趣味ページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

平日ゆったりキャンプ

  
4月3日、昨年の12月以来となるキャンプに行ってきました。 ソロ分含め徐々にですがそれなりの装備も揃えていますので冬キャンプも行きたかったのですが、 予定日は天候に恵まれずだったり、2月から急に仕事が忙しくなってそれどころじゃ無くなったり ・ ・ ・ 

丁度プロジェクトの区切りが3月末でつき、代休もしっかりと取った!やっと息抜きが出来るなぁ~ 等と帰りの電車でボーっと考えてたんだけど「そうだ! キャンプに行こう!」となった。 通常徐々に電池を充電しだしたり小物類揃えたり、 押入れから道具を出し始めたり・・・ 何処に行こうか? と考察始めたりがキャンプ行く前って感じなんですけど、 帰りの電車内で思いつき、そういや子供もまだ春休みかな? じゃ皆で行くか?となった。

家に帰るとはたしてまだ春休みとの事で皆「行く~!!」との返事だったので久しぶりの平日キャンプだ。で、一連の用意を突貫で行いながら「さて、何処へ行こうかな?」「平日なので人気キャンプ場でも大丈夫かな?」「イヤイヤ春休み中だし・・・」と色々考えはしたが、思いつきでの出発なので下調べもままならない、今迄に行った事がある所へサクッと行きますか! となった。 土曜日が通院日となっていたので仕方ないキャンプ前に病院に寄って・・・となったので千葉県外はちょっと・・・だなとなったので。

とまぁ~ 何時ものように前置きがあほ程長くなったが、 今回は稲ヶ崎キャンプ場という所へ行くことにした。 利用した事は無いが以前千石台オートキャンプ場に行った際帰りに立ち寄り、場内を見学させて貰った事があったのだ。 公営のキャンプ場なので料金も安価だし、滑り台とか子供が遊んだりも出来る。 混んでない事を祈りつつ、通院後に君津方面へと出発した。

以前見学させて貰った際に頂いたキャンプ場紹介カタログには午後3時からとなっていた。 12時頃なら入れてもらえるかな?と軽く考えていたけど君津到着は11時過ぎ、 道が混んでるで無しサクッと到着してしまった。

と亀山湖周辺のアチコチに立て看板で「足湯」と誘導してある。 足湯なんて普通無料だろうけど、どうやらホテルのようだし、あれだけ頻繁に看板を出して誘導してるって事は有料かな?? と疑いながらもしかし、時間も予定より早い事だし寄ってみるか?となった。
  
   
  


看板に誘導されながら到着してみると車数台が止まっていた。 人気スポット?と入っていくと誰もおらず、 そこにも立て看板で大きく「無料」となっていた。(車は隣の釣堀客のもののようだ) 思っていたよりも割合良い感じの湯船?だし他に誰も居ないし、無料との事なので時間つぶしに入って行くにした。
  
 
 
 
  

泉質  ナトリウム - 塩化物・ 炭酸水素塩泉

亀山温泉とは、お肌をつるつるすべすべにした後に、天然パックでお肌の乾燥を防ぎ、成分をとじこめ、体を芯から温めてくれる最高の温泉なんです。
地下2000mより自噴しており、湯量は毎分600l以上、はるか昔に蓄積された成分が温泉に溶けてこの黒い色になっています。 成分にミネラルを豊富に含んでいます 。 お肌がすべすべになる美肌の湯 です


上記分は成分表表示や看板に書いてある文言より引用

湯に足をつけて数分で足を刷り合せるとスベスベ感を感じる。全くノーマークで来た場所だったが結構良いお湯では?となった。(有名だったらごめんなさい) 帰りは何時ものごとく温泉へ!と考えていたのでここのホテルでも良いか!?となった。 あれだけ頻繁な立て看板もこういう客を取り込む為の物だったか。 しっかり足湯ホイホイに捕まったの図か(苦笑)
  
  
    
  


程なく足湯で時間を潰してキャンプ場に到着。 空いている事を願いつつ管理等前に車を置いたが、 既にテントが2つ目に入った・・・(汗) 予約無しの飛び込みですと伺ったが問題なしとの事だった。 目に入った2つのテントも同一グループらしくその他にお客さんもいないとの事。 そのグループもサイトの端側を使用していたので、 こちらもそことは一番離れた端に幕営する事にした。 少々焦ったが、どうやらゆっくり、そして静かなキャンプができそうだ。
  
  
  


車道もゆったりと取られたつくりとなっている。 逆に面積をもう少しサイト側に割り振っても良さそうだけど・・・ 全てサイトが短い綺麗な芝だ。 隣サイトとは植木での境なので混雑時は頭が痛そうではある。 非常に整備が行き届いた感のあるトイレに水場と使い勝手は非常に良さそう。 キャンプ場までの道のり、アプローチ、場内と危険度も0 + 安価なのにとても高規格なキャンプ場だ。

まぁ~その分面白みに欠ける感もあるが、 嫁ハン子供には好印象でしょう。
  
  
  
  


管理等裏側に位置する所に陣取った。 管理人さんの「ここが一番広いよ」との言葉と他組より一番離れた場所であるので例えば危険(バカ)グループであっても影響が少ないかなと。 いやまぁ家にも爆弾小僧が二人もいるんだけど・・・
  
  
  
  

水場、洗い場には何故か? 蛇口が沢山! 水道待ちは皆無とは思えるが、ここが混雑してる図を想像したらちょっと気持ち悪い。
  
  
  
  

大きな石の滑り台があります。 その奥がフリーサイトとなっています。夏場だと水遊びも出来るそうです。 滑り台は以前見学させて貰った事があるので認知してましたので今回は雪降った時用に購入しておいたミニプラスチックソリを持参した。 下の女の子にはスピード出過ぎで怖かったそうだけど・・・
  
  
  
  

フリーサイトから向こう、柵の外は湖畔となっています。 ダム湖だそうで平日なんだけど結構船は浮かんでました。 同じように有給、代休? 悠々自適生活? いえ聞いてませんが・・・ とりあえずキャンプ場内からの釣りは禁止となっています。
  
  
  
  

結構桜の木はありました。 花見!とまでは行かなかったですけど、 ポカポカ陽気でもあり概ね2~3分咲きといった程度でしょうか? 今度の土日ぐらいだと満開かも! それだったらお花見+キャンプで非常に良い感じですね。
  
  
  
  

こちらが今回のサイト風景。 今時のテントからすると小じんまりとしたサイトなので特に大きな場所で張る必要ないんですけど、 まぁ空いてるんだからねぇ~と欲張った。 上にある場内写真にも写っている椅子一体型のテーブルは各サイトに配置してある。 移動も問題なし。 今回はスクリーンタープ持参なのでテーブルは持っていったけど、 夏なんかだとタープ下に配置すれば持参物が少なくなり非常に助かるかな。 まぁ少々大き目なのとサイトによってはテーブル上で焚き火でもされたのか大きな焦げ穴とかあったりする所もあったけど・・・この辺りは管理というより使用者の問題だからなんとも・・・

まー 何時ものように本筋外の事過多の為キャンプ場リポートは駆け足となってしまったが、 上記した通り安価だけど、高規格なキャンプ場という印象。 整備も行き届いていると思う。 今回は周りに人が来るような事が無く(もう一組も非常に静かだった、家のガキの方が五月蝿い??:苦笑) ひじょーーーにリラックス出来た。

その辺りの印象で語ると非常に良いキャンプ場だと思うけど、冷静に考えるとせせこましい、隣サイトとの間は無いに等しいので混雑時は下手すると地獄になる可能性もある。 あと午後10時まで煌々と街灯が灯っているのもキャンプとしては興ざめだし、 (上画のように鉄柵があったりするし) そして朝10時にチェックアウトってのも一泊の場合だとゆっくり出来ないなぁ~ と思う。

管理人さんは交代制で二人の方と対したが、非常に取っ付きにくい・・・感があるんだけど、話してみると優しく親切だった。(笑) 何やったらキャンプCHIPSも教授頂いた。 そういえば以前見学時も怖そうな人だったけど、 「どうぞどうぞ」って感じだったし色々と説明もしてくれ好印象だった。 皆さん見た目で損してる??(苦笑)

まぁそんな(どんな?) キャンプ場だった。


空いてるのがわかってるのなら又行きたいかな(超勝手な意見)
という事で平日2泊可能の場合はここにしよう(笑)


上記した通り朝は10時に出なければならないので早めに片付けを始めた。 流れで帰りの温泉も早めに、そしてゆっくりと浸かって帰ろうとキャンプ場からは近場で有名な七里川温泉を目指した。 しかし以前もそうだったが今回も11時前(開店前) だというのに駐車場は一杯(止められない事は無いけど) それにWeb調べで500円、 キャンプ場で貰ったカタログには650円、しかし現場での看板には800円だと・・・
そんな急な値上がり! というよりも200円差なら1000円払ってでもゆっくりと入りたい、浸かりたいので前日入った足湯のホテルに行く事にした。 お湯が良いのは実証済みだし。
  
  
  
  

という事でトンボ帰りでホテルに到着。 実際温泉営業は11時半からなので再度足湯で時間潰してたんだけど・・・(苦笑)

亀山温泉ホテル
〒292-0523 千葉県君津市豊田65
tel.0439-39-2121 fax.0439-39-2124

  
  
  
  

脱衣場、湯船、ロビー等写真は撮ったのだけれど・・・ くたびれ感過多の為UPするには余りにも・・・なのでホテル裏手の亀山湖側の写真をば。
七里川温泉って入ったことは無いので何とも言えませんけど、 ここの亀山温泉の湯ってつるつるになるし、すぐ暖まるしで結構良いお湯だと思うんですけどねぇ~ 客の入りの雲泥の差は何なのかな? 200円差ならこのゆっくり出来る方がよいけどなぁ~・・・ しかしホテル! とは名ばかりでひなびた温泉宿ってのが精一杯な感じなのがいけないのか? 建物もくたびれた感いっぱいだし・・・もうちょっと日帰り温泉を売りにして、安くする、お食事セットとか作るとやる事は一杯あるように思うんだけど・・・
  
  
  
  

お昼ごはんもホテルで! とは思っていたんだけど、お弁当?が2,000円オーバー、 他にも定食等あったみたいではあるけど、どうもお食事をするって雰囲気ではないし、実際12時半ぐらいなのにお食事しているお客さんも皆無だし・・・

という事で君津近辺なので帰りを君津インターから乗る事にして以前にも記事にした四季の蔵で食事して帰る事にした。 まぁこちらは以前の記事を閲覧ください。 今回は回転寿司ではなかったけど印象は同じですので取り立てて今回も記事にする程の事は無い感じ。 まぁそれは想像に難しく無かったけど、やっぱりホテルで食事ってのが余りにも・・・だったのでこちらをチョイスしました。
  
  
  
という事で代休に「思い立ったが吉日キャンプ」にしては非常にゆっくりと出来たので自分的には満足であった。 キャンプ場も高規格だったので何より楽チン! 安い事もあるので又行きたいってところ。 上記した通り平日であれば(苦笑)
  
  

更新: 4/24
  


今回の稲ヶ先キャンプ場でのインターバル撮影を動画にしてみました。  
  
  
  
  
  
  
スポンサーサイト

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/04/05(日) 19:39:53|
  2. 千葉・稲ヶ崎キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャンプ大失敗の巻

    
三連休だとほれ、やっぱりキャンプしとかないと!と。 しかしながらまだまだ暖かい時期の三連休でもあり人もいっぱいかなぁ~と・・・ という事で漠然とキャンプに行く? 的に考えていた。 そこで嫁ハンの提案。 によると、 下の子のアレルギー対策といいますか、 お肌に良い、アトピー、アレルギーにも効果的という効能を謳った温泉があるとの事。 栃木県で、結構距離がある。

しかしそこはほれ、最初に戻ってキャンプ行く? という体制になってるし、三連休だし。 聞くと温泉は宿泊施設在りだけど、 日帰り温泉としても利用可能との事で、ドライブ→ 温泉→ キャンプ と計画をたてた。 利害の一致という奴ですな。

温泉は栃木県の松島温泉 ・ 乙女の湯という所。 キャンプ場は前から行きたかった、菖蒲ヶ浜キャンプ場という所を目指す事に。 天候の方は余り芳しくないとの予報だったけど、 取りあえず行ってみて的に適当に出発した。 結構無計画(笑) 性格上余りやらないんだけど、 まぁ何とかなるだろうと。(やっぱり甘かったけど)

以前の教訓?に従い、 5時出発とするも何だかんだで5時半出発となってしまった。 東北道はずっと以前に使用した事もあったが、イヤ自分運転では無かったかな? とりあえずここ最近は使った事が無い。 勿論千葉出発は初めて。 幕張の方へ抜けて、 東関道→ 葛西を経由してのアプローチ。 ちょと遠回りな感じだけど、住んでいる所からだと仕方無い。 出発時間も遅れてしまったのもあるが、やっぱり三連休パワーか?流れてはいるけど、 車は結構走っていた。
  
  
  

080913_1.jpgという事で一応、滞りなく7時半に到着。 あれ早すぎるか・・・ 8時半だったかな? しかし事前情報では9時から入浴可能となっていたハズが、土曜日だから? 10時からだと・・・ (HPを確かめると10時となっていた、 9時ってのは何処情報だ??) 周りには何も無いし、 まったりと時間を潰す。 凄いのが9時50分辺りから来るわ来るわで何処からとなく沢山の車が集まってきた(笑) 人気スポットなんだなぁ~と。

お風呂に関してはどちらかというとカラスの行水タイプではある。 汗かきなもんで、入れば入るだけ汗をかく。 ゆっくりと入ればそうでも無いけど、やっぱり子供と一緒だとそうも言ってられないので尚更。 しかし遠い道のりわざわざ来たので、 特に下の子にはしっかりと入ってもらいたいので今回は腰を据えて入ることにした。 (と言っても1時間ぐらいだったけど) 温泉の方はツルッというより、ヌメッとした感じ。 気持ちは良いです。 硫黄が、硫黄がと他のページで多く目にしたけど、そんなに匂いする程では無かった。 鼻悪い?? シャワーからも温泉が出ているようだ。 大広間とか、個室とか結構施設が充実している割りに、お風呂場は 内湯と外湯とひとつづつで割とこじんまりした感じ。 リニューアル? 改装中なのか建材だとかが目に付くのは少し頂けない。 (男湯に関して)
  
  
  

080913_2.jpg広間ではしっかり食事や、 ビールなんかも頂ける。 厨房等には従業員の方も結構居たので、繁盛してんやろなぁ~というのが見て取れる。 ゆっくりと休憩後にも温泉とかしたい所だけど、 キャンプ場等への移動があるのでそうもいかないのは残念。 11時半過ぎに温泉を後にした。

キャンプ場へは地図上の目測で10分、20分走れば良いだろうとほんと適当に考えてたけど、 ナビ上では高速! に乗って1時間半、 下道で2時間と出た。 で、ここでもチョイスを失敗するんだけど、 田舎の下道だと上に乗っても変わらないのでは? と下道をチョイスした。 予想通り? 下道でナビ到着時間を順調に繰り上げていってたのが、 ここで予想外。 日光温泉という所辺りで大渋滞。 これが一向に動かない・・・ ナビ到着時間マージンは軽く突破し、 いや子供らはおにぎり食べてたけど、自分は着いてからでええわと特に何も食してなかったので急激に腹が減ったなぁ~と思ってたが、それでも一向に動かない。 何故にこんな所で牛歩戦術せなあかんのか・・・

三連休での観光客増加、 道路の作り、 ヘンテコな間隔の時差信号、 周りを考えないドライバー という感じで他のドライバーが割を食っている感じ。 高速使ってたらあそこは通らなかったのかなぁ?? やっとの事で渋滞を抜けてやった現地に到着したのが14時過ぎ、 しかしキャンプ場駐車場は満車状態。 到着時は一家族が荷物を降ろしていた、がそれも多分それあかん所に車止めてまっしゃろ? という感じ。

この、菖蒲ヶ浜キャンプ場は駐車場に車を置いて、リアカーで幕営地まで荷物を運ぶシステム。 一応フリーサイトという事になっているので受付をすれば入れてくれるのかもだけど、 あんな迷惑駐車ドライバーみたいな事したくないし、 遅いチェックインで良い所とまでは言わんけど、 肩身狭い所でのキャンプってのも気持ち良くないし、 渋滞中から雨が降り始めている。 このキャンプ場は予約というシステムが無いので幸か不幸かわからないけど、今回は諦める事にした。 まぁ以前からチェックしている所なので再度リベンジはしにくると思うけど。

後ろ髪を引かれながら、腹ごしらえと来る途中に目に入った道の駅へと引き返すも実は山の駅!! むろん寂れて・・・いやお昼過ぎたら基本的にお終いなのか、食べられる雰囲気では無い。 それ以上にパンフレットどころか、キャンプ場情報なんてなのは望めないみたい。 一応携帯は繋がるので近辺で検索をしてみると割に近い所に 戦場ヶ原キャンプ場というのがあるみたい。 電話してしまうと予約取られかねないので、現地まで雰囲気見に行き大丈夫そうなら聞いてみる、 ダメなら帰るという事にし、 戦場ヶ原キャンプ場へ向かった。 この時点で結構な雨。 それ程遠くも無いので10分程度走ると キャンプ場を見つけたが、 ここは営業してない?? 閉鎖されてるのかな?? 中の様子を伺ってみると「勝手にキャンプするな・ **宅まで」 という看板もあるので、 駄目元でその人の家に行ってみるも畑仕事? でお留守。 ここで結構な雨となってきたので、 踏ん切りがついて家に帰る事に・・・ (涙)

そもそも温泉とキャンプ場はそれ程離れてるとは思ってなかったので、 、菖蒲ヶ浜キャンプ場が駄目な場合として2,3キャンプ場情報はメールしておいたのだけど、 そのどれもが温泉近くだったんです。 そこからまた2時間程度かけて戻るのも何なのでという事もその点も反省点。

結局500km弱を朝早くから運転し、 日帰りという事になってしまった・・・ (えぇ高速では2回程 目蓋が降りそうになりましたよ: あぶないあぶない)

まぁそんな最悪な栃木行きとなってしまいましたが、 結局帰りも日光の繁華街? 辺りを通らないといけないんだけど、何処も大渋滞。 三連休というのもあるんだろうけど、 これって多分何時も休みの日はこの状態なんじゃないかなぁ~。 (ある意味最悪な観光地だ) で、帰りもこの大渋滞にハマる訳だけど、 ここで死ぬ程の豪雨。 ゲリラ雨という感じではあるけど、結構な時間だった。 何せワイパーが追い付かないぐらいだったし・・・  ま、動かない車の中だったので「凄いねぇ~」 で、済んだけど、考えようによっては幕営初めてたら、テント、タープの崩壊、 サイトの崩壊という場面だったかもしれないので、 帰途についたのはもしかして正解だったかもしれない。 まぁ結果論ですけど。

それと一点良かったのが下の子の肌。 アトピー、アレルギーといってもそれは表面に出る物で無く、 痒いので血が出るまで掻きむしるという感じ。 その特に酷い間接の辺りが綺麗になってた・・・ おそるべし乙女の湯。 個人的には日帰り800円というのは高い! と考えていたけど、 まぁ説得力はありますわな、1日でここまで肌が綺麗になると。 という事で今回の栃木行きは無駄足では無かったのが救いだ。
  
  
  
・・・とまぁ そんな辺りに納得しながらの寂しい連休初日となってしまいました。(苦笑)
  
  
  
  

080913_2.jpg  

  
  
  
  
  

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/09/14(日) 08:17:33|
  2. キャンプ 雑記etc
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2016/2 PhotoAlbum

プロフィール

enasn

Author:enasn

雑多な日記、 購入品の無責任レビューなページです。

カウンター

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

アーカイブ

 

booklog

Link

ブログ内検索


全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。