enasn's Page

雑多な趣味ページ

や、やってもた~

  
関連記事:
電球型蛍光灯 あれこれ
検証あれこれ
検証あれこれ PartII
久し振りに電球型蛍光灯
  

電球型


何度かネタにしてきた電球型蛍光灯。 その中でも番長格? のSHILITE(中国製電球型蛍光灯)を割ってしまった(泣) こいつは電球型蛍光灯 あれこれ で詳しく書いたがお安い中国製なのに、 点灯はそこそこ早く(当時) 中国製なので安価、 100W相当なので明るく使い勝手も良かった。
大事に?? 使っていたのに・・・(今では購入出来ない:知る限り)

師走という事でゆっくりと年末スケジュールが立ち上がった訳ですよ家の中で。 まぁ嫁ハンがなのですが。 で全てのシーリングライトカバーや廊下、階段灯カバーが外されゴシゴシとされるのですが、 わたくしの部屋のペンダントも 「洗うんやったら外してやぁ~」 と。 まぁ少々面倒なのでね。
で、その洗いに乗っかろうと自室でペンダント傘を外し、 灯具をヒョイっと下に置いた・・・ までは良かったが(ちゃんとクッション性のある場所です) 電灯線、ソケットの部分もポイっと落としたら まんま蛍光灯の上に落ちまして・・・

泣くに泣けない。 完全なる自分の仕業・・・

はぁ~ orz
  
  
  
  
  

  
  

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

  1. 2008/12/06(土) 15:14:26|
  2. ブログ・日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久し振りに電球型蛍光灯

  
久しぶりに電球型蛍光灯の話。

以前取り上げたこのVinex電球型蛍光灯、残念ながら在庫が・・・と言ってましたが、何度かお店を訪れていると在庫を発見した。 売り切りでは無く、定期的に入庫、補充されているようだ。 ので、家の在庫用にもと確保もした。 つい先日はブリスターから紙パックへと変貌を遂げていた。 家の在庫は豊富状態なので、紙パック変更後の物は購入していない。 ので性能は同じか? まではわかりません。

で、つい先日は部屋片付け時に在庫棚確認というか、片付けというか、棚に目をやると・・・

あれれ
なにやらOHM電機のが・・・・

ま、まじかよ~ 確かにVinexの箱と OHMの箱が並んだ感じでディスプレイされていたけど・・・ どっかの客が適当戻しした? つーかオーム電機のはオレンジ、 Vinexは赤と間違えるハズは・・・実は店員の策略だったりして・・・ でも2つもというのは確認しなさ過ぎ??(苦笑)

081101_1.jpg


今更返品ってのも面倒(購入時期自体を覚えてない、多分レシートも・・・) という事で使うしかないか。
と、ブリスターパックから取り出し自室ペンダントへ取り付けてみた。

は、はやっ

何この速さ! 電球と遜色無いレスポンス、 それでいて初期点灯も明るい。 文句無しな電球型蛍光灯やないの・・・ 再度ブリスターを確認する。 クイックボール。 うん間違いない。

何故オーム電機の製品を嫌うかというと、 以前も少々ネタ中に言及したんだけど、 購入した物の不良率が異常に多い+ 性能も悪い。 結構今はホームセンターとかに行くと電球型蛍光灯ってピンキリの値段で発売されている。 当時、E26の60wクラスの物といえば軒並み1,000円オーバー。 電気代が安い、寿命も長いと高性能はわかっていても、 なかなか手が出せなかった。 そんな折に某ホームセンターで電球型蛍光灯が500円。 確かに松下、東芝とか大メーカー製じゃ無いけど、 この値段ならと購入した。 それがオーム電機製の物。

なので、当時の松下製とかの性能は詳しく知らないけど、 このオーム製品は明るくなるまでが異常に遅かった。 電球型蛍光灯ってこんなもんなんやと刷り込まれました。 ハイ。 で、結局4つも購入したんだけど、二つは約3か月で点灯しなくなり、 一つはプシューと音をたてながら煙吹きました。 (怒)

「オーム製品には手を出すな!」

ネットで検索してみると、そんなHPやブログが多数あった。 あぁ「安かろう、悪かろう」を地で行ってるんだなと、自分もオーム製品には手を出すまいと誓ったのであった。 という経緯がある。
最後の残党のオーム電機製の玉は現在トイレ灯として働いてもらってます。 トイレとか比較的点灯入切が激しい場所には不向きとされるんだけど、 この著しく明るくなるまでが遅い物は例えば夜中に目を覚まし、眠い目でトイレ行った時など、 明かりが目に刺さらず好印象。 涼しくなってきた昨今は更に100%点灯まで時間がかかって明るくなる頃には用を足し終えてる・・ なんて事になります。 (こいつは電気代は別として、長寿命という点では性能は発揮してます。 ほんと遅いけど)

まぁ長々とオーム電機嫌いを書いた訳ですが、 このクイックボールは凄まじく早いです。 以前べた褒めした SHILITE(中国製) と同時に使用してるけど、 ぶっちぎりです。 この性能(点灯の速さ) だと文句ありません。 269円とすこぶる安価だし。 ただ、 耐久性、安全性とは別なので今後はその点も見ていかないとと思ってますけどね。

という事でそのまま自室でオーム・クイックボールを使用しています。
正直、帰宅後電源点ける毎に 「オームスゲぇ~」 と思ってます。 成長したなぁ~と(笑)
  
  
  

081101_2.jpg

とか何とか上記ネタを考えながら取り外したりと電球型蛍光灯を扱ってたらホタルックボールを落として割ってしまった・・・  不覚
  
  
  
  
  
関連記事

電球型蛍光灯あれこれ

検証あれこれ

検証あれこれPartII
  
  
  
  
  

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

  1. 2008/11/01(土) 07:27:33|
  2. ブログ・日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

検証あれこれ PartII

  
検証あれこれの続き

動画撮ってみる? という事で廊下ダウンライトに取り付けた HITACHI 電球型蛍光灯 とミニクリプトン球のスピード対決をデジカメ動画で撮影してみました。
 
  
  


ミニクリプトン球 LDS100V54W 対 HITACHI ナイスボールV EFD9EL-E17 40W(9W)

(笑) えぇ結構如実にスピード差が現れましたね。

と、いう事で結構デジカメ動画でもそれなりに映るし、 そうだ! この際家にあるE17電球を集めて速さ対決してみれば?! となり、 それ程苦でも無い場所に取り付けられた電球を集めてきた。
  
  
  
雑記:電球型蛍光灯

詳細は後ほど

ひとつひとつ 取り外しては 取り付け、 動画を撮る・・・・ 何か仕事みたいになってきた・・・ で、全て収録を終え 一個一個 アップして・・・  ても何のこっちゃわからんなぁ~  纏めて 編集するか・・・ となった。 更に仕事で 物テストをして 報告書作成してるみたい・・・ (笑)  という事で 結局時間もかかってしまい、 PartII なる物になってしまいました。

で、こんなものが出来ました。


  
  
[検証あれこれ PartII]の続きを読む

テーマ:FC2 BLOG - ジャンル:ブログ

  1. 2008/05/10(土) 10:57:26|
  2. ブログ・日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

電球型蛍光灯 あれこれ

家にある電灯類は8割 電球だ!   の、ように見せてるだけで電球色だ。 電球も蛍光灯型を使用している。 ので冬場は気持ち温かく、夏場は気持ち肌に纏わりつく感じ(笑) 雰囲気だけの話ですけどね。 まぁそういう好みという事です。 多くの人は パキッと、くっきり見える、又何の好みも無く、 昼光色、 昼白色とかを購入してると思います。 

でもって この電球型蛍光灯 長持ち、電気代節約と言うこと無し。 どう考えても使わない人はバカだなぁ~と思う。

ってのが表向き。(笑) 結構初期の頃から使ってはいるんだけど 流石にメーカー物をバンバンと買えない。何より高いですわな金額が。 初期の物って明かりが安定するまですっごい時間が掛かったり、 異様に物が大きかったり、重かったり・・・ そら普及せんですわ。 という事でenasn家 に普及しだしたのも 中国製? とか 主にオーム電機とかの メーカー物半額程度の物が出回ってから。 ・・・ でもねぇ~お金出して購入しているので言わせてもらいますが オーム電機のは 寿命というか、信頼性というか 諸々 二度と手は出したくないです。

商品として ちょっと驚いたのが 秋葉原で買ってきた 「SHILITE」という物。 値段はメーカー物 3分の1、 何よりねぇ 電源入れて 即90%以上とかの明るさに。 電球型蛍光灯って 経験上 安ければ安い程 安定するまでというのか 100%の力を出すのに時間がかかる。 この秋葉原で買ってきたのは ストレス全く無し。 それとプラスして 100W タイプってのがある。 普通に電機屋さんへ 電球型蛍光灯を探しに行くと 60Wタイプ止まりでしょ? 100Wと明るいタイプもあり、それでいて激安。 正直大丈夫かいな? と 購入時 電球色 60Wタイプ、100Wタイプと一つづつ購入した。 テストというか 試し買いですね。 そして使ってみてビックリ

これはイイ!

えぇ今でも自室に100wタイプ、 玄関に60Wタイプを使用してます。 即点灯します、玄関等は非常に助かります。 こりゃ~秋葉原に行く度に購入・・・・ と思っていたのですが、悲しいかな既に売って無いのです。 (イヤ売ってる事は売ってるんだけど、全然性能も良くないものです。) 何やら日本メーカー側からのクレーム? 電球型蛍光灯の特許か 何かを侵害している商品だそうです。

まてまてまてまて

そら特許侵害とかあきません。 勿論です。 長い年月、多くの資金をかけて作ったもんやろし パクる事はイケません。 でも良くあるコピー品とか パクリと言われる商品って 少し匂ってるじゃないですか 二流の空気が。 だからその電球型蛍光灯も十分その匂いを醸し出してるので 自分も試し買いしかしなかったんですけど、使用してみて どう考えても

パチもん?やのに 性能段違いにええやないの。

東芝は嫌いなメーカーなので今後も購入する事は無いけど Nationalの電球型とか ほぼ新商品出る度に購入してますよ? でも 未だにその中国製の足元にも及ばないんですけど・・・・ こりゃどうゆうことなんでしょうか? 技術の出し惜しみ? 中国製?の商品って何かドーピングでもしてる訳? 原子力とか使ってて、使う度に被爆するとか・・・ それだったら「売るな!」 ってのもわかるけど 高い商品なら高い商品なりに、やっぱり買うならメーカー物、 値段だけの事あるね、っていう商品だと何も疑問に思わんのだけど、 どう考えてもパチもん電球の方が性能が良い。 頼むからあの秋葉原で売ってた電球型蛍光灯を再販してくれ!!

あまり他にそんな商品って無いでしょ? バッグとか 時計とか 今は超精密なコピー品 というだけで 性能が段違いに良いパチもんなんて・・・ 超精密コピーの時計と 通常メーカー品が同じ値段だとどちら買います? それを今回の話 電球型蛍光灯の話に置き換えたら わたしゃ パチもん買いますよ・・・


電球型蛍光灯のいろいろ。
まあ上記で Nationalのは新製品出る度にって書いてますが、ちょっと嘘入ってて そこまで頻繁には購入しては無いです。 (笑) ですが 一番所持数が多いのも事実、 勿論 40w ・ 60w止まり。 他には 三菱、日立 とかも多い(複数個ある) メーカーごちゃごちゃだと色味が混ざって余りよろしくないように感じるけど 実はNationalだけでも 世代によって色味が違う。 だったら色んな物を試そうと 極力ひとつのメーカーに決め打ちしないで購入してはおります。。

結構 電球型には力入れてるとは思うんだけど 悪いけど東芝製は絶対買わないんですどね。  
  
  
  
  
雑記:電球型蛍光灯

こちらが問題の・・・ いや問題じゃない。 再販されたら飛び付くであろう 秋葉原購入の100w 電球型蛍光灯。 おおよそですけど 60w型で 13w、 40w型で 8w の消費となっている物が多いですが、 この100w型は 23wとなっておりますね。 本当であるならば 「それでも23w」 って感じです。 良い良いと誉めてますが、実は 60wぐらい消費してたりして?? どちらにせよ 何よりも点灯 即100%光量(近く) がすてきです。
  
  
  
雑記:電球型蛍光灯

家にあるシーリングライトは 自室以外 100%で ホタルック というのを使用しています。 消灯後 ほのかな明かりで暗闇にしないという物。 例えば災害時、 そこまでいかなくとも 停電なんかの場合 夜だと真っ暗になると思いますが あわてず 騒がず懐中電灯を探せるという優れもの。 まぁ近年停電なんて経験無いんですけどね。 水を備蓄する、 食糧を備蓄すると 道義で 普段使用ライトも ホタルックをチョイスしてます。 

で その電球タイプもあったので購入。 自室に使用していましたが、 性能としては 一昔前の物。 初期は暗いです。 しかし 消灯後はシーリング同様 ほのかに光ります。 元々この電球もカバーと言うのか 電球のように丸くなっていたのですが 大掃除の時に拭いていると カパッと取れました(汗) 多くの電球型がそうですが 丸い電球の内部はトグロを巻いてます。 人によって言い方が うんこ型、 ソフトクリーム型と ありますが・・・

で、実はこの外側 丸いカバーが外れてから ホタルック機能が無くなったんです・・・・ どういう事? トグロと カバー内でホタルック機能があったの?? そんなバカな。 NECに電話して聞いてやろうと常々思ってたんですが 時は相当流れてしまったので もうええわと(笑) という事で 値段は高い、 点灯立ち上がりが遅い、 奇しくもホタルック機能が無くなってしまったという 何も良い所が無い電球でした。 でしたってまだ自室で使用してますけど・・・ 上記の100w型と この元ホタルックが 自室のペンダントに使用されています。   
  
  

雑記:電球型蛍光灯

二つ合わせてこんな感じです。 100w型は流石にデカいです。
  
  
  
  

雑記:電球型蛍光灯

こちらはセーブボール という電球型蛍光灯。 これも実は秋葉原で仕入れてきました。 しかも100wを購入した同じお店で。 まぁ千石なんですけどね。 値段、パッケージ 全然違うので 90%は わかってましたよ 違うだろうと。 しかし 夢をもう一度! と購入したんです。 が・・・ 全く駄目(泣) いやそれどころか すぐに点灯しなくなりました・・・ なんでやねん。。 未確認ですが 100円ショップなんかで売られている電球型蛍光灯もあるらしいのですが、それもこのセーブボールだという話です。 まあ皆さん気を付けてください。

因みに 初期転倒が暗い物程 トイレ使用が良いですよ。 トイレって付けて消すって動作が頻繁なので電球型蛍光灯には不得手とされますが、 夜中(特に真夜中) にトイレ行った時に ほのかに電気が付いて、 気が付いたら 明るくなってる ってのは結構良い感じ。 消し忘れても電気代が 通常電球より安いし。 電球型蛍光灯を購入して 「失敗した~」 って 時はトイレに使用してみてください。

  
  
  
雑記:電球型蛍光灯

そしてこれ 今回の蛍光灯電球話の ネタにしようと思った電球型蛍光灯です。 というのも 確か値段が200円だか 250円だか。 パッケージもブリスターパック! と非常に匂うじゃないですか、駄目駄目感がビシバシと・・・  最初はオームの奴かと 見向きもしなかったんですが、 フトした拍子に良く見ると全然違うメーカー(まぁ中国産ですけど)  そこはホレ オームと違うならと つい買ってしまいましたよ。

が、すこぶる絶好調。 点灯即明るいです。 「おっ イイじゃん」 となりました。 60w型しか無いので非常に惜しいのですが 安くてもこのパッケージの物は買っても損は無いです。 勿論在庫確保に動いてます。

◆ VINEX ウルトラランプ 60Wタイプ(13w) E26口金
  SP13B-100E26-2700K
◆ 輸入元 VINEX 株式会社ビネガーボトラーズ(福岡県甘木市)
◆ 原産国 中国


ちゃんと PSEマーク付いてます!  ちなみに セーブボールにもついてるんですけどね(笑)

  
  
  



[電球型蛍光灯 あれこれ]の続きを読む
  1. 2008/05/01(木) 11:46:38|
  2. ブログ・日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2016/2 PhotoAlbum

プロフィール

enasn

Author:enasn

雑多な日記、 購入品の無責任レビューなページです。

カウンター

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

アーカイブ

 

booklog

Link

ブログ内検索


全記事表示リンク

全ての記事を表示する