enasn's Page

雑多な趣味ページ

ハイッ! レゾ

    
The Getaway
 レッド・ホット・チリペッパーズ(以下 レッチリ w) の新譜が5年ぶり? で発売された。 もうちょっとね、 バラけて販売してくれりゃ良いんだけど、 何だか重なるもんで レディオヘッド とかも同じ日に新譜発売だったと思う。 そちらはまだ購入して無い。 6月の頭ぐらいに新譜発売情報を目にしたからアキバ タワレコ行ったんだけど、 まだ発売前だと ・ ・ ・ ネット通販が解禁されたって話を見たようだ。 癪だから先にレッチリだけ手にいれてやった ガハハハ。 他にも何か? 新譜があったようななかったような ・ ・ ・ どうせお気に入りだったら購入してしまうだろうて、 このまま忘れてたらお金使わんで良いかな w

 って事で今回はCD じゃ無くて ファイルで新譜を購入したって話。 一応 リビングにあるAVアンプは ハイレゾネイティブ対応してますのでストレートに鳴らす事は可能なんだけど、 レッチリ購入後未だネイティブでは聞いていない (笑) いやそんな程度なんですけどもね、 えぇ幾ばくかのハイレゾ FLAC, WAVファイルは海外サイトなんかでダウンロード出来るので再生可能は確認してます。 しかしね、 ファイルで販売されている物は果たしてどのような扱いになるのか? その辺り一番聞きたいじゃないですか!? しかし今回購入の e-onkyo とかもあれこれ FAQはあってもわたくしが聞きたい事が載っていない、 かつ 問い合わせ先も無い ・ ・ ・ んだこら??

 という事でね試し買いってのを前々からしたかったのだけど、 ハイレゾ音源って主に旧譜、 再発の類、 何だったらアップコンバートに毛が生えた的などこがハイレゾ? な物もあるとか ・ ・ ・ CDと比較出来るってな小さなメリットでもあるけど、 得てしてハイレゾはお値段高いですから所持してる同作を購入しようとはならなかった (うん、 貧乏性全開だわな)

 で、 最初の話に戻ると e-onkyo のお知らせメールにレッチリ新譜情報が載ってましてたのでこれ幸いとお試し購入してみる事に。 

 価格: 2,674円 (e-onkyo)
 (ログインしますと何故か? 500ポイントがあり利用したので 2,174円の引き落とし)
 アマゾン 洋盤:1,574円 (中古: 1,019円)
 アマゾン 邦盤:2,484円 (中古: 2,030円)
 2016/6 調べ


 現状レッチリに関してハイレゾ版が くそ高い! って訳では無さそうだ。

 CDに焼いてみる→ 問題無し

 FLACファイルをそのまま直に焼いた。 MP3とかでも何も考えないでCD焼くとWAV形式に勝手に変換され (44.1kHz/16bit) るけどそうなるんじゃ? と直接焼いたが完了後そのCD-Rは iTunes で認識されなかった・・・ こりゃ駄目なんだ? と深く追求もせず Foober2000 で一旦 WAVファイルを生成してCDを焼いた。 問題無かった。 だけど最初のCDも CDプレイヤーに突っ込んだら普通に認識していた。 あれれ?? FLAC直接と WAVへ変換掛けてからと二通りの手順を踏んだりはしたが苦せず2枚のCDを作成してしまった。 ん? まぁ良かった! ではあるのだが、 これデュープし放題? あぁ~ そんなもんなんだ。 

 MP3ファイルの作成→ 問題無し

 まぁWAVファイル生成が可能なんだからMP3ファイルも問題は無いだろうねぇ、 今回は焼いたCD-RをPCに突っ込み、 認識した iTunes で(何故1枚目は認識しなかったんだろう?? 2枚も必要無いのに・・・) MP3ファイルを生成(192kbps) し、 iPhone へ同期している。  これが通常一番活用される事となるかな? ランダム再生だから何時今回のファイルが再生されるか? はわかりませんけどね(iPhone music では新規追加欄で表示されていますので認識も問題無いよう)

 ジャケット・レーベルの類は?

 以前に太っ腹 U2新譜ダウンロード祭り があった際はアルバム全曲(AACだったかな?) + ジャケットPDFという形だったのでそういうもんだ、 と思ってましたが商用サイトへお金を払ってのダウンロードなのではあるが、 そういったジャケットファイル的な物は無い (FLACファイルなのでメタデータとして含まれてはいますが) あえてハイレゾをファイルで購入してるんだからそのようなジャケットファイルは不用! ってな話なのかな? CDに焼くって人間は余りいないのかなぁ? 勿論自室でもPC上であれば視聴は可能なんですが、 家のご自慢ステレオ では聞けないんですよ一旦CDに落とさないと。 当分対応アンプとかに買い替えるつもりもありませんし ・ ・ ・ しらんがな??  まぁそう言われればそうでしょうけども ・ ・ ・

 昨今CDは余り売れず、 スマホ等へ直接ダウンロード、 視聴ってな流れになってきているそうですが、 自分としては物として CD は持っておきたいなぁ~ LPがCDへとなった時以上に寂しさを感じますわ。 それも知らんて? まぁジジイの戯言として流してください。

 購入ファイルのダウンロード期間

 例えば今回の e-onkyo だと会員登録してから購入となる訳じゃ無いですか、お金を払った時点で登録アカウントに レッチリ購入した」 ってフラグが立って、 いつ何時でもダウンロードが可能と思ってたんです。 勝手です、 ほんと勝手な話ですけど、 ダウンロードが30日間の期間限定だったなんて ・ ・ ・ まぁそら CD媒体で購入してても地震とかで盤が割れてしまった! 言うても誰も補てんしてくれませんしねぇ、 保存HDDが潰れた! とかなっても 「知らんがな」 って話ですか、 ハイハイ。 なんか 知らんがな だらけですな。


 アーティストの意向

 ん~ 図らずもCD-R 2枚焼いてしまったんだけど、 1枚目は適当にFLACファイルの直焼きでライターソフト等はデフォルト設定、 2枚目は生成WAVファイルを設定見直しながらの焼き焼き。 この際に気付いた1枚目はデフォルトなので曲間が全て2秒空きます。 それだと長いだろ! と2枚目は全て 1秒を開ける設定にした。 でもね、 均一に1秒、 2秒とするのは少々ナンセンスかな? と。 ハイレゾは基本ファイルばら売りな形式、 なのでこれも 「曲間秒数まで知らんがな」 と言われそうだけど今回のはアルバム単位でしか販売されない形式なんだから曲間秒数とかまで責任持って欲しいんですよね(笑)  CDで通して聞くと1秒でも長いというか、 ぶつ切り感というか聞いてて違和感を感じる。 今回のアルバムを順に聞いていると曲の並べ方に起承転結的というのか、 メリハリが効てるなぁ~ と感じるのだけど、 全て同じ曲間秒数は非常に違和感。 ここは余韻が必要! もっと長く、 とか中盤のゴリゴリ曲の連曲は曲間0秒でも良い、 次々といったれ! な流れの所があったりと ・ ・ ・ いやそれがレッチリの意向とも合致してるかどうかまでわかりませんけどもね。 

 う~ん、 しかし、 もしかしたらこれはハイレゾってどうなん? な中で今回一番萎えた要因かも知れない ・ ・ ・

 昨今の一番多く音楽を聞く場面ってのは iPhoneのランダム選曲ですから不問な部分でもありますし、 じっくり アルバム を聞く、 となると全曲間同一っていうのはぶつ切り間満載なんですよねー えぇ。 さいど、 再度 CD-Rに焼いての視聴まで知らんがな なんでしょうけども ・ ・ ・

 結論

 う~~~~~~~~~~~  物としてCDは所持したいなぁ。 一番萎えた曲間問題も iTunesランダム再生が主って事を考えると言う程の事でも無いかなぁ。 家のステレオでどっぷり音楽を聞きたい! となった場合現状CD盤は必要(Rでも可)

 正直何とも言えない、 答え出せないですねぇ。。。。。  これどちらか一方を、 と考えるから駄目なのかなぁ? 多くの方はCD持ってるけど、 ハイレゾ盤が出たら当たり前に購入する、 となるの?? そうすれば上述の問題点はサラッと関係無くなりますしねぇ。 いやぁ~ 両方なんて、 そんな余裕ありませんから・・・ うん。 と決めあぐねております。 特に結論出す必要も無いっちゃ無いですけど。 













テーマ:レッチリ - ジャンル:音楽

  1. 2016/06/29(水) 07:07:52|
  2. enasn 音楽館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アンプがね

   
SONY アンプ
 オーディオの話、 なんてな物を。 CDが売れなくなった~ ってな話を聞くようになって久しいですけども、 それ以前に再生機、 それも単品コンポと言われる物は大きな電気量販店へ行っても余り見掛けない。 置いてないし、 売れないし、 な所謂悪循環を辿っておりますね。 巷ではハイレゾだ何だと結構高額な機器もなかなか好調、 とも見聞きしますので何か高級オーディオかスマホか?、 な二極化が進んでるような気がしないでもない。 

 自分はと言うと物心付いた時からデカいステレオが家にありましたし、 小学生にもなればラジカセが欲しかった。 高校に入って始めたバイト給料ではミニコンポ(セパレート物) を購入したりとか。 まぁその時どきで夢中になる物、 おこずかい割り当てを占める用途は変わりますが、 どういった形態であろうと音楽を鳴らす装置は身近にあったように思う。

 でもって上画像は現自宅前に住んでいたアパートに自室が出来た時にピュアオーディオなる物に興味を持ち揃えた物なんですね。 上述したバイト給料で購入したコンポを細々と色々買い替えながらアップグレードしてきましたが、 ビデオ、 LD、 サラウンド、 後にはDVDとヴィジュアルに関しても興味も出てくる、 何時しか音楽を聴く、 という行為がウォークマン→ iPodなイヤフォンで、 となっていった感があり、 自室が出来た折に音楽用装置を! となった。 純粋にAVはリビング、 自室ではピュアオーディオって分ける感じ。 というと少々贅沢ではありますが、 何事も凝り性故にセットコンポでは無く、 あれこれ吟味して単品コンポを 10万円予算で選定し購入した。 スピーカ、 CDP、 アンプ、他にスピーカスタンドやラックも含みますのでね、 アンプに関してはオークションで調達! となりました。

 10万円セット言いましてもね、 これが凄い。 感動に値するぐらい良い音なんですよ、 えぇ。 10万円で感動? と言われても困る方は多いとは思いますし、 それまでの耳が単に安く済んでいたとも言えますが、 その安い耳にちょっくら贅沢させてしまったんですよね。 だからと言って味を占めオーディオ予算を増やせる程裕福もありませんからオーディオ店の高級切り売りスピーカコード! の 余り だとか、 パチンコ玉からビー玉、 ゴムの塊から木の切れっ端まであれこれ色んな素材をスピーカやプレイヤーの下に引いては これ良いねぇ! これはあきませんなぁ・・・ と、 音の変化を楽しんだりと、 ま、 所謂プアオーディオ三昧でした。 いやぁこれも非常に楽しかったなぁ な思い出です。

 そんなこんなでね、 結婚し、 子供もでき、 家を買い、 車も年月経てば買い換えないと・・・ 自転車が面白い! とかPCにゲーム機、 んで子供も大きくなると又金掛かかりますし、 えっ 新しい iPhone?? とかね。  現自宅の自室にも勿論あれこれ試したオーディオ一式は配置されているのですが、 PCは勿論、 リビングの一等地から現役を退いた DVD/HDプレイヤーやテレビ(ブラウン管) 昨今のメイン趣味? な自転車やらその他諸々ありますからね、 オーディオは細々と部屋の一角で、 となっておるのです。

 あーーー ちょ~~長い前置きとなりましたけど、 この SONYアンプ (TA-F333ESX) の調子が悪くなった。 何も触っていないのにガリ、 バリ音が出たり、 勝手? に音がフェードアウトし始めたり ・ ・ ・

 正直ショックではありました。 予算捻出も大変ですし何より現状の音で満足してましたのでね。 勿論上はみてませんよ(笑)






marantz アンプ
 という事で新しいアンプが到着しました。 

 marantz PM7003

 全く同じ SONYの機種やその上位機種も考えましたが若干は目新しさも欲しい、 今アンプを買うなら光(や同軸) で受けられる、 いやハイレゾまで対応した物を、 と色々物色しました。 で、 CDプレイヤーがマランツですのでメーカー(というかブランドと言うべきか) を揃えるのも良いか? と物色しだしまして少々頑張れば買えなくも無いかな? と PM7005 を選択したんですが、 如何せん出力が 1系統しか無くバイワイヤリングに対応して無い事が判明。 ま、 出来なくは無いとは思うけど強引に接続とかするのもねぇ? と買う気モードが一気萎んだ。 ほんともう、 ポチッと行く流れだったのだが削がれてしまったのであれこれと再度考えオークション調達でも良いか、 予算も下げれるか、 と結局選定機種の先々代に当たる PM7003をゲットする事にした。  (光やハイレゾは未対応)







marantz セット
 という事でこのような状況となりました。 メーカー、 ブランドを揃えはしましたが、 今度はプレイヤー側が古くなってしまい昨今のマランツの意匠とは世代違いが生じてきますがそこはそれ、 プレイヤーも特に高価な物でもありませんが今後も頑張って寿命を全うして頂こうと切に願いたい所です(単に予算の関係ですけど・・) 

 という事でね、 アンプの切り替えですからステレオ周りや普段手の届かない裏側の掃除等念入りに行い稼働始めました。

 結果 アンプ買い替えで大満足!!!  とはなりませんでした・・・

 残念ながらではあるのですが。 いや、 表だって悪くは無いんですよ、 ただ何と言うのか音がこじんまりしてしまったとでも言いますか、 こんな音がするのでは? な範疇に収まってしまっていると言うのかですねぇ、 中古とはいえど目新しさだけでなく、 耳にも良い感じになって欲しい、 新たな感動を少しでも欲しい、 とは思うじゃ無いですか ・ ・ ・ SONYアンプはね、 まずパワーがあったように思います。 それでいて高音部も繊細に鳴らしてました。 パワーがあってスカッとキレがある! なにか新しい炭酸飲料の宣伝コピーみたいですが。 マランツ側もねソースがより新しい物とかエレクトリック楽器がより多いような昨今のソースに対する表現力は おぉっ とはなりますから即、 失敗したとなる程の落胆では無いのですが。

 どちらもソースをそのまま出力するダイレクトモードでの言及です。 マランツアンプも少々のイコライジングの幅は持ってはいるので設置や接続含め今後色々と追い込んで行く事も可能ではあるのですが、 今回は故障買い替えですから他に選択肢は無いですが、 これが単なる買い替えだけであれば ・ ・ ・ ・ ・  正直な所 SONYアンプに戻している かなぁ ・ ・ ・  うん、 そう思う。




 その便利さが成績としてどちらに傾いたかはわからないですが、 世代が新しいアンプという点では付加機能も若干はあります(かな?) リモコンですが。 まーーーー 積極的に欲しいとは思いません。 動作幅も今時なんじゃこりゃ? という程思った以上に大きく(小さく) 動いてしまうお転婆リモコンというのもありますが。 とは言いましても少なくともミュート出来たり咄嗟な場面では遠隔制御可能というのは便利な面もあるにはあります。

 それから厳密に実測はしてないしもう出来ないのですが、 消費電力は多分桁違いに差があると思います。 SONYアンプの天板は火傷しそうな程チンチンになります。 年に数度つけっぱで一晩そのままとか会社に行ってしまって ・ ・ ・ な場面ではほんわか部屋が暖かいです(苦笑) その点マランツアンプの天板は熱くなったりせず、 そういった面では非常にスマート感漂います。 実測は現状無理ではあるのですが、 確実にマランツの方が 環境にも優しい と言えるのではないか、 と思います(笑)

 あと直接な話ではありませんけど、 車も買い換えまして マツダコネクト内には Bluetooth機能がデフォルトで付いている、 というので以前の車に積んでいた Bluetooth受信機余生をこのマランツアンプ設置と同じく繋ぐ事によってカジュアルに音楽を聴くことも可能となった点もリモコンと合わせ便利にはなった ・ ・ ・ かな。 惜しむらくはこの Bluetoothレシーバーは若干高価な事もあって光出力が出来るのですが、 アンプ側では受けれないというね ・ ・ ・ まぁそれらは CDプレーヤー含めてではあるのですが。




 という事で急遽アンプ買い替えを余儀なくされ、 機種選定、 考察からオークションでとなり落札、 そして設置に至る話をひじょーーに長いダラダラインプレッションとなってしまいましたが、 当分はこのマランツアンプと付き合っていかなくては、 な状況ですのでね、 あれこれ聞いたり、 そして追い込んで設定等行い個性を伸ばして行こうと思っとります。





モニター・オーディオ
 ステレオシステムな話の割りに 最終的に出力となるスピーカーの言及が一切ありませんでしたが使用しているのは モニターオーディオという所のブロンズ というシリーズ。 多分一番下のシリーズであり、 ブロンズで 5.1を組むにしてもメインでは無くてサラウンド用とかに回されてしまうような感じの物です(ブックシェルフ型) そんな末っ子であってもペアで 5万円程度はしたような。 いや個人的には非常に気にいってますのでね、 特段どうのは無いですが、 シルバーやゴールド(ってあったかな?) な上位機種は一体どんな音が鳴んねん!! とは思います。 下手に知ってしまっても予算をそこに突っ込めません、 一家離散の元ですし(笑) んまー スピーカに関わらずオーディオは上を見ますとキリがありませんからねぇ、 このレベルで色々遊んでるのが吉でしょうか。

















テーマ:オーディオ - ジャンル:音楽

  1. 2016/06/13(月) 01:15:59|
  2. お買い物・ゲット品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016/2 PhotoAlbum

プロフィール

enasn

Author:enasn

雑多な日記、 購入品の無責任レビューなページです。

カウンター

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

アーカイブ

 

booklog

Link

ブログ内検索


全記事表示リンク

全ての記事を表示する