enasn's Page

雑多な趣味ページ

通勤チャリ・ワイヤレス化


 紐解きますと 2015年末に購入したので約3年強利用しております enasn DAHON なのでありますが、 このチャリに対してだけでもサイコンの紛失とか動作不良とか何度かの変更を行っているのですがこんな事になったのは初めての事であり、 呆れるやら ムカつく やらで・・・




 仕事帰り最寄り駅から自転車置き場に付きまして、 鍵外したり鞄をカゴに入れたり手袋をしていざ自転車を動かそうとしましたら・・・ 違和感が。 ハンドル周りを良くよく見ますとハンドルがあらぬ方向に。 ん? と良く見るとハンドルが一周回されている。 小径車ですから無理すりゃ回転は出来るけども、 その無理をされてる訳です。 当然ブレーキやギヤのワイヤーがありますが、 折り畳み機構の為長めという事もあり力ずくであれば回転出来なくは無いんです、 ハイ。 まー 完全にやられてる訳ですな。 自転車置き場のあえて奥側に止めてますんで例えば一帯を倒されてたり、 倒した自転車を山積みにしてたりと所謂悪戯されてる事も何度かあるんです。 で今回は周りの自転車に何をされてるって事は無いのでピンポイントで? いや当然個人攻撃をされてる可能性もあるんですけども、 ま~ ムカつきます わな。 かと言って隣の自転車に何か仕返しても隣の奴が犯人だってなわけでもありませんので留飲は下がったとしても何の解決にもなりゃしませんし・・・ やっぱり ムカつく わけです。 例え監視カメラ設置されてたとしても夜はほぼ真っ暗ですし余程狙っての映像でなきゃ犯人特定にもなりませんし・・・

 完全な泣き寝入りですな

 一応翌朝自転車整理してる管理人には伝えはしましたが「面倒な事を伝えられてもねぇ~」 なスタンス、 というか対応 (何人か居るし持ち回りの管理人なので) 報告には余り意味は無いなぁ~と。

 個人的恨みや何かでやられてるのか? たまたまなのかまでわかりませんのでここで引いてはダメだと同じような所に自転車は置いてるのですが、 取りあえずはその後自転車に何かやられている感じは 今の所 は無いようだ。

 そして発見当日は当然夜なので気付かなかったのだが正しくサイコンの数値が出てなかった。 これも翌朝明るい所で確認して見るとサイコンのコードを切られてるようだ。 切られてるというか引きちぎられてる感じ。 折り畳み等も含め長いコード類に対応するように這わせてましたが、 サイコンのコード切られてる事によって実損が生じてたみたいで、 翌朝もやっぱり気分が悪い ・ ・ ・






 とまぁ 2月の頭ぐらいの話。 2週間程度サイコン無しで通勤してましたがやはりハンドル周りが寂しいなぁ~という事、 走行速度が無いと落ち着かない? 等々たかが通勤チャリではありますが、 再度サイコンを購入する事にした。 現状利用していたのは CATEYE VELO9 という物で補修部品? としてセンサー~ サイコンブラケット の商品も取り寄せ可能なんですが、 また切られないとも限りませんしあれこれ探していると VELO WIRELESS という物が3千円程度で存在していた。 以前 3千円程度で中華物のケイデンス(足回転数) まで測定出来るサイコンを利用した事があったのですが、 3か月程度でうんともすんとも言わなくなり結局ワイアードに落ち着くといった遍歴がありましたので安いからと言って中華物はどうかなぁ~ と思ってたのですが(今時は2千円程度になってました) CATEYE でなら少しは信用性があるかも?!、 という事で VELO WIRELESS + を購入した。






 中身一覧。 本体とセンサーと取り付け部品一式。 このモデルは VELO WIRELESS + という物でして、 プラスの部分は電池切れお知らせモードと バックライトが付いたモデルとの事、 ノーマルとそれ程値段が変わらないのと通勤チャリ、 帰りは確実に夜となる為プラス版をチョイスした。






 左がVELO9 右が VELO WIRELESS + (表示されてる数値はシール) 若干デザインが違い、 本体厚さも違いがありますが、 ブラケット差し込み部分に関しては見た目同じに見えますので今回ハンドルブラケットは WIRELESS のを使用するのではなく ライン切られた VELO9 の物をそのまま利用と考えます。






 取り付けについてブラケットはそのままなのでサクッとセンサーを取り付け、 試し走り。 10分程度で完了してしまった。 まだまだ寒いですのでね(笑)




 という事で運用となるのですが、 なんだか動作がおかしい。 今までの VELO9 他サイコンでの数値で通勤では行って来いで 約2.5km、 時間にして約10分前後の道のりなのですが、1時間15分、 1時間16分・・・ WIRELESSだから何かに反応してる? のかあり得ない数値、 走行距離はさほどおかしな値ではない電車のモーターとかに反応? 確かに会社に到着した時点で確認してみると、40分、 50分となっている。 で、そのままデスク上に置いておくとわずかながらに時間が経過している・・・ 会社デスクのスマホだ何だを配置しているプライベート枠? 辺りに置いておいたので例えばこれパケット等のやりとりに反応してる? 確かに通勤鞄の中にはモバイルWifiルータが通勤時使用で毎度電源が入っている状態だし。

 う~ん

 無線式コンピュータは外部ノイズの影響で速度が出なかったり、異常値を表示する場合があります。
※以下のような場合、外部ノイズが計測に影響します。
・無線式センサー、携帯電話、スマートフォン、Wi-FiやBluetooth機器など他の電子機器との併用時
           
・踏切、線路、高圧電線、電話基地局、高速道路、ホットスポット近くの走行時
・自動ドアや防犯用ゲートの通過時
・大型トラック、バス、電車などの大型の乗り物が近くを通過したとき
・電動自転車への装着時
・テレビやパソコンなどの家電製品が近くにあるとき


 問い合わせようかとCateye ホームページをあれこれ閲覧してますと、 これまんまと記載されている状況のようなんで、問い合わせても不良ではない、 な回答になるんでしょうけど、 という事は自転車にて運用している場面以外利用不可って事だわなー まぁ自転車運用の時に利用するものなんだけど。 今迄ワイヤレス物は上述した中華物も含めて同じように鞄の中に入れて通勤ってな事を行ってきたけど、 こんなおかしな事になった事は無いんだけど、 受信感度が良すぎる? う~ん扱い難いなぁ。

 という事であれこれと試して 自転車で通勤、 自転車置き場で鞄では無くズボンポケットに入れる、 そのうち スリープモードになる。 帰りに自転車へ設置、 スリープモードを解除する、 でほぼ上述の 2.5km, 10分程度の数値と純粋に自転車通勤時のみ数値となるようにはなった。

 ま、 でもやっぱり扱い難いなぁ~

















スポンサーサイト



テーマ:自転車 - ジャンル:スポーツ

  1. 2019/03/06(水) 08:00:24|
  2. 自転車館 DAHON
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダホン SUV D6 調整他 2

  
 という事で前回ダホンにキャリア取り付けの為の部材揃えの紹介は完了しましたので今回は取り付けを ・ ・ ・ と言いましても前回記事の残り部分だけ(時間の関係で) ですので特に作業詳細がある訳ではありませんです。 取りあえずDAHON SUV D6 調整前編は こちら です。



20160101_11.jpg
 前回記事で用意した部材に対し黒スプレーで着色を行いました。 ダホン SUV D6 のフレーム以外の部品はマットブラックですのでそれに揃える為です。 





20160101_12.jpg
 という事で行き成り取り付け完了画像 (笑) 

 自転車後部にカゴを取り付ける為キャリアをフラット設置出来るよう拘っただけですから商品に付属しているステーだけでもギリギリ? 取り付け可能かなぁ? とも思うのですが(勿論キャリヤは斜めになります) 余っていたキャリアを取り付けただけ、 とはいえ、設置高が高くなったのでサイドバックを取り付けるのも可能になったかも。 ダホン純正だとタイヤの直ぐ上ですから実質無理だと思いますのでね、 いや特に現状自転車旅に出る予定はないのですが(でもゆくゆくは考えようかなぁ)





20160101_13.jpg
 自作ライトステーはこのようにフレームに取り付けました。 ロード等に付けているハブライトホルダー等を取り付けるのが簡単なのですが穴径が合わないですので購入したステーをハブホルダー替わりに取り付けようと思ってたのですが上記の丁度良い部分にネジがありましたのでフレームへ直接ステーを取り付ける事としました。





20160114_1.jpg
 という事で取り付け部分ドアップ。 カゴを取り付けた画像が現在ありませんので今回はここで終了です。 ハンドルや前側にカゴを取り付けるとクイックになるダホンのハンドリング(小径の為) を変な形でスポイルしたくなかったし、 後ろにカゴを取り付ける方が大きなカゴも容易いかなぁ? というのもありましたし、 あえてママチャリ化的見た目にする事で盗難やイタズラ予防にもなるかなぁという算段があったからなんですが、 まぁその辺りは達成してますかな。

 若干個性的自転車になった感もあるのですが ・ ・ ・  

 自転車後ろカゴも調べますと色んな形、 材質がありましたが全てキャリアにネジ止めで取り付けるだけ、 と思っていましたがベースをキャリアに取り付ける事によりカゴ側を付けはずし可能な物も発見したので現在採用使用中です。 まぁまた今度画像撮って更新するようにします。









-------------------------------------------------------------


 幕張の海へポタリング中に籠付バージョン撮影してきました!

dahon SUV D6






ダホン SUV D6





 ちょっくら海バックで! と気張っての撮影でしたが、 ちょっと見難いですね ・ ・ ・






20160201_14.jpg
 上記してますとおり、 このようなポタリング時にはサコっとカゴを外せるのですが、 ポタリングと言えどカゴあったらあったで便利ですし、 余り外したりはしないです ・ ・ ・ でもメンテ等で自室 2階へ自転車持って上がる時はわざわざ折り畳みはしないけど、 カゴはサクっと外しますかね、 流石に。 

 ってな追記でした。














テーマ:小径自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/02/01(月) 09:00:00|
  2. 自転車館 DAHON
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダホン SUV D6 調整他

 
 購入後の ファーストインプレッションは こちら に記したとおりでその後の印象もそう変わり無い。 という事で出来るだけ快適車となるようイジリに、 そして調整も始めようと思います。 勿論通勤車の範疇というのは大前提なのですが、 早めに退社出来た夜等に関してもサクッと一汗かく程度に走りにいければなぁ というのも念頭にも入れます。



20160101_6.jpg
 取りあえず走りについては少々渋い感じ。 これは前輪等を浮かせて手で回してみると案の定直ぐに止まってしまう。 ブレーキシューが当たってる?? ぐらいに・・・

 これはグリスが少なかったり? と一旦タイヤを外してみたのですが案外キッチリ散布されていた。 キッチリ ・・・ いやガッチリされていたのは玉押し側でして、 ベアリングボールを潰したいの? ぐらいに締め付けられていた。

 という事で一旦ハブを洗浄、 新たにグリス添加して玉押し調整を行い今ではスルスルスルーと良い感じで回っております。 が、 走行時等はチト前輪がガタついてますので締めが弱いようで、 再度調整が必要みたい(タイヤ外れないよねぇ?? w)





20160101_7.jpg
 いきなり部材画像ですが、 折り畳み自転車ではあるのですが通勤使用という事でカゴを取り付けようと考えています。 20インチサイズの小径タイヤですのですハンドルは少々クイック、 その関係でセオリー? としては前側、 ハンドル側に付けるカゴをキャリアを取り付け後部にカゴを設置する事にした。

 というのも アルミロード を購入した時に後ろに荷物を積もう! と考えた事があり、 700c用キャリアを決行前に購入済みでしたが、 結局一度も使う事無い物が在庫としてあり、 これを使おうと。

 で、 画像の話ですが、 上側の銀色のが商品に添付されてるステー、 700cサイズ用ですから当然20インチフレームには適合せず何か流用出来る物がないかなぁ? と、 あちこちのホームセンターへ出向いてやっとこ発見したのが下の白い棒、 壁等へ取り付ける棚用のステンレスバー でした。





20160101_8.jpg
 でもって自転車に合わせて1時間程度かけてカットしました。 勘の良い人ならおわかりでしょうけど、 同一方向じゃ無くて非対称にカットしないと駄目だったんですけでもね(汗) まぁ背合わせ等で取り付け予定。





20160101_9.jpg
 ホームセンター周りの際にはステンレスステーとゴム部材も購入し、 LEDライト用途として画像の部品を制作した。





20160101_10.jpg
 こちらは出来るだけサビ等が浮かないようにステンレスネジ等拘り揃えた ・ ・ ・ ってこんな画像まで要らんか。

 ちょっと長くなったので今回ここまで。 後半は昼ご飯食べてから作成します(笑)
















テーマ:小径自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/01/31(日) 11:22:37|
  2. 自転車館 DAHON
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017/12 PhotoAlbum

プロフィール

enasn

Author:enasn

雑多な日記、 購入品の無責任レビューなページです。

カウンター

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

アーカイブ

 

booklog

Link

ブログ内検索


全記事表示リンク

全ての記事を表示する