enasn's Page

雑多な趣味ページ

ひゃくえん

  
NATOベルト
 腕時計というとダイバー系な物が好きなのもあって大概 ウレタンベルト物を購入してたのですが、 劣化と共に切れてしまったりってのも多い。 強度が自慢のGショックなんかもボロッボロと加水分解してしまいますし。 

 という事で少々思考を変えてここ最近はステンレスベルトをチョイスしたりするようにもなった。 その場合は自分の手首サイズにベルト調整とかをしないと駄目なんだけど、 物自体は少しでも安く調達する為に主にネットでの購入だから、 このベルト調整はどっかお店に持ち込まないといけない。 貧乏性ってのも勿論あるんだけど、 良い言い方しますとあれこれ好奇心から、 まぁいちいち持ち込まなくても調整だとかも出来れば良いかなと自分で取り組んでおります。 昨今は調整工具なんかもネットで手に入れられますからね。 そういうのも仇となったか何故か調整用のバネピンがバーーーーッチリと噛み込んで取り外しが出来なくなった。 なもんで、 どうにも素人工具では太刀打ち出来なくなり、 結局街の時計屋さんHELPを頼んだのだが、 やはりこの噛み込みを解除出来なかった。  あきらめた・・・

 なのでこの噛み込んでしまったステンレスベルトの時計には NATOベルト・ストラップというのを使うようにもなった。 ナイロンの編み込みベルトになるのかな?(正確にはNATO風ベルト) 最近は手頃な値段で色とりどりの物があったり、 特にこの寒い時期時計嵌めるときにあのヒヤッとするのを回避出来たりと結構なもん。 しかし穴サイズに関しては丁度良い所で止めようとすると手首にキツめに止めないとピッタリとならなかったり・・・ この辺りはウレタンと同様汎用品なので仕方ない部分もある。





100円NATO
 でもって何の気無しにダイソーであれこれ物色してましたら時計売り場にこのNATOベルトがぶら下がっていた。 ほほぅ 今時はNATOベルト(風ね) が100円で購入出来ますかっ! ってんで在庫していた三種類全部カゴに入れたりました (笑)

 家に帰って早速付け替えて、 上の銀だか、 薄いグレーだかの物も実は 1,000円しない物なのですが、 ダイソー物は流石にそれよりも厚さや手触り等々少々のチープ感も漂います。 が、 駄目だこりゃ!? ってレベルでも無い。 ちょっと着せ替えよろしく付け替えを楽しんで腕に巻いてみましょうかね。 えぇ長袖ですからベルト着替えても見えはしないんですけどもね。
















テーマ:コレクション - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/12/18(日) 15:49:34|
  2. お買い物・ゲット品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016/3 PhotoAlbum

プロフィール

enasn

Author:enasn

雑多な日記、 購入品の無責任レビューなページです。

カウンター

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

アーカイブ

 

booklog

Link

ブログ内検索


全記事表示リンク

全ての記事を表示する