enasn's Page

雑多な趣味ページ

VORTEX

  
VORTEX

こちらでもネタとして紹介したSSD。 昨今はVertexというものが激早という事で注目を集めているそう。 激早といってもSATAなので上記ノートPCには付かないんだけど、 こんだけ早けりゃ容量も大きい物があるだけにデスクトップに使用しても良いかな。 まぁまだまだ手が出る値段でも無いけど(250GB: 6~8万円)

で、Vertex?? と久しぶりに見たというか、懐かしいというか・・・ PCニュース系の記事でVertex! と目にしたもんだからVista用ドライバが出た? あるいはA3Dが復活??? なんて思ってしまった。 よくよく考えてみると私が言ってるのは AUREAL VORTEXの事だったのです・・・

もう巷には流通してないし、 流れの早いPCパーツ、知らないって人の方が殆どでしょうねぇ。
  
  
  

AUREAL
なんでこんな画像があるかと言いますと、 嫁ハンPCってのは以前に自分が使っていた自作PCをそのままスライドしてリビングで使っているんだけど、 最初は音なんかいらん! って話だったんだけど、 子供とかのサイトを一緒に見てると音出しが必須なページなんかもあったりして最近音が欲しい! とか言い出したんですよ。 他にもCDを焼きたい? 的な事を言い出して・・・ 勿論スタンスとしては自分で勉強しろ! って感じなんですけど、音は物理的な物が無いと出ないのでそこまではやってやろうと在庫サウンドカードを引っ張りだしたら VORTEXが出てきたと。

前置き長くなりましたが、 まぁ小さいとは思うけれど一世を風靡したサウンドカードで疑似サラウンドっていうんですか? 2chで音が後ろまで回るという・・・ えぇ昨今はNintendoDSみたいな小さなスピーカでも作り方によっては結構サラウンドしているゲームなんかもあり、凄いなぁ~とは思うけど、このVORTEXのA3Dサウンド(って言うんですか?) 初めて聞いた当時は驚きました。 えぇこのサウンドカード音楽っていうよりゲームなんかで力を発揮し、 音が後ろに回るもんなので夜中に少し怖い系ゲームやってた時の臨場感といったら・・・ 何度も振り向きました(苦笑)

勿論ただのCD再生なんかでもサウンドブラスターなんかより全然音が良かったですけどね。

そのうちNT系OSになり、XPになり AUREALが傾き始め・・・ そうドライバー供給が確かWindows2000で終わったのだったかな? 当時はやはりこのA3Dサウンドを好きな人も多く、 XPでのドライバーインストール、設定方法なんかWEB上で探せば何とか情報はあったんだけど、 昨今は無いですねぇ・・・。 ほんと会社が傾き始め、潰れた?? ってな時は流出版ドライバがある! とか(笑)

結局古いサウンドカード引っ張り出してきて、嫁ハンPCのXPで認識出来たらXPが持ってる標準ドライバで音を出す事は可能だけど、 残念ながらそこまで、サラウンドはしません。 まぁ昨今はメーカ製PCを使用してるし、 個々のパーツに拘るって事も無くなってきている状況なので懐かしいなぁ~と同時昨今のトレンドはどうなってんのかなぁ~と USBサウンドとか??
 
  
AUREAL INC. Vertex SQ2500
  
  
  

テーマ:PCパーツ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2009/03/12(木) 07:30:16|
  2. ブログ・日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SSDゲットだぜぇ!

  
NetBookっちゅうんですか? 安価に購入出来るノートPC。 安くて軽くて・・・ でも画面の解像度が・・・ とかディスク容量が・・・ OS HOMEしか無いんでしょ・・・ とか色々と言いだす、注文しだすと安くはなくなる。 ま、ある程度の割り切り、 それこそNet用、メール用なんかがPCの主用途って人には抜群にマッチしますわなぁ~ そして、そのNetBookにも一部使われてたりもしたりするSSDたるもの、 SolidStateDiskつーやつですわな、それが今回のお題。

このSSDざっくりと簡単に言うとHDDの変わりですって説明でOK? ほんとに掻い摘むとHDDつーのは電源が入ると鉄の円盤がグルグル回っとるんですな。 SSDはHDDと(形を合わせるために) 同じ形状ではあるけど、 中には動作する物が無い・・・ ん~ USBメモリとかあるじゃ無いですか? あれの容量デカい版って認識でまぁそんなに遠からずだと思う。 で、何が? って話ですけど、 回転したりする物がないので、 衝撃なんかにはHDDなんかより耐久性はあるだろうし、 電力も少しで済むし(ノートPCだと電池に優しい)、 動作音は無いし、 熱も持たない・・・ そして読み込み、書き込み速度が早い!!! どうですか? 良いことづくめでしょ? ノートPCには持ってこいの品だし、 デスクトップであっても読み書きスピードの面でメリット大! 欲しくなるでしょ?(笑)

が、上手く出来たもんで、HDDはドンドン容量がデカくなるけど、どんどん値段が落ちるので今なら安価でテラバイトな物まで買える時代になりました。 お寺でバイトちゃいまっせ? TBですぜ。 このSSDの方はHDDに比べると容量は少ないし、何より値段が高い・・・ 物やメーカーによってもスピードのバラつきがあって激早な物はそれこそNetBook代金でも足りないっちゅーのでまぁそのうちに、値段がこなれてきたらねと思っていた。

で、話戻るんですけどノートPCって家ではSRX-7という何年も前に購入した物を使用してます。


vaio SRX-7

SONY VAIO PCG-SRX7F/P
PentiumIII 850Mhz
128+256MB memory
30GB HDD
WindowsXP Professionals
2002年7月購入
ソニースタイルでの購入。 英語キーボード交換サービスを利用しています。


当時はバリバリと仕事もしていて、 出先でPCが必要って事で奮発して購入したんだけど、セキュリティや何やでその内個人PCの持ち込みなんてご法度、 勿論今の仕事場でも持ち込みは禁止、 軽いサブノートもそんなに実力を発揮しないまま、今ではリビングで使用がメイン業務。 ネット見たり、 調べ物したり、 偶にはブログ更新したり・・・

どうですか? 使用方法としてはもろNetBook使用法とカブるでしょ? 何世代も前の機種なので何やったらNetBookの方がサクッと動いて良いのでは? と考えるようになったのだ。 しかしいくら安価とはいえ約5万円もそうそう捻出出来ないし、 100円購入つーても特に外で必要、通信が必要って場面はそんなに無いので別にイーモバが必要って事も無い。 いやそもそもそんなに重い仕事してる訳じゃないなら別に今の環境で十分やがな、何を金使う必要あるんやとしごく正当な考えに至ったのであった(苦笑)

で、ある日PC関連ニュースで2.5インチのIDE-SSDが発売とのニュースがあった。 そうSSDには沢山のメリットはあるが、値段の話以上にSATA仕様というのがあった。 家にSATA使用ってのは自分のデスクトップPCのみ、 容量的にも値段的にもデスクトップにわざわざSSDを入れようとは思わないし、 ノートPCは何年も前のタイプなのでIDE接続だ、という事でこのIDE-SSDの発売というニュースによりぐっと身近になり、 更に値段推移の方も手の届く範囲に落ちてきたのだ。

という事でこの年末にはどうにか手に届きそうだという事で、 ボーナスこずかいをSSDに当てる事にした。 約1万円。 安売り店だと32GBタイプだと8千円程度でも購入出来る。 
スピード面では安価なタイプのSSDはどうか? と思うけど、上記したノートPC、読み書きは激遅、 本体裏はめちゃめちゃ熱い、 そしてカリカリ、クンクンと

めちゃめちゃ五月蠅い・・・

駄目っぷりを見て頂くと・・・

HDDベンチ

SSDが熱くならないのは高いの安いのは関係ない、シーク音に関しても問題は無いだろう。 という事で交換する事によって読み書きが遅くなる事は無いにしても、上記2点が改善されれば恩の字だ。

まぁスピードに関しても、遅くなる事は無いと思う。 他にもMLCタイプはプチフリーズ問題も指摘されてたりするし、余り多くを望まない事しておけば遅かったりした場合も諦めがつくだろう。 ただ同じSRX-7での交換事例、成功事例をググったのだけれど、 発見する事が出来なかった。 古いタイプなので現役を退いてるのか、 お金を掛ける程では無いとされているのか・・・ まぁ寂しい話ですが。

そして、同じく安いSSDを探していると、 IDE-SSDを激安販売している所を発見! 容量は現状と同じ32GB・・・だけども64GB版にも手が届く範囲だ。 同じ交換するならやはり容量が大きい方が良いし、例え家の環境で失敗したとしても今ならオークションで売り抜け出来る可能性が高いので、より大容量の方が良いだろうと予算オーバーだけれど、 ここは一発 64GBを 14,000円でポチっといっときました。

  
  
  
購入したのはこちら
Transcend
IDE 64GB
MLC
\14,000
  
  
  
  
こちらは中身まぁ紹介する程の物はなくて、 本体と説明書、保障書とあっさりしたもの。
  
  
  
  
他に用意したのはノートPC本体、 CD-ROMドライブ、リカバリディスク
まぁパーティション関連を操作出来るソフトがあれば環境移動も可能だとは思うが、 それにしても6年以上の使用で溜まったレジストリゴミ等もあるだろうし、ここは問題切り分けも少なくする為にもとクリーンインストールする事にした。 ま、最悪はHDDの物理的交換なので元に戻せる、 バックアップしてなかった・・・ な物もサルベージ可能だし。
  
  
  
  
手術個所はノートPC裏
  
  
  
  
赤矢印二つを外す事により、 HDDが露出。 簡単すぎ・・・
  
  
  
  
ちゃんとVoidシールもあります。 今迄HDDはノータッチだった事を物語ります。
  
  
  
  
こちらが長年使われてきた物
TOSHIBA MK3018GAS HDD2169 30GB

諸悪の根源、 五月蠅い、遅いの。 まぁこのSRX-7に関しては購入検討時に既に 弱ヒンジ、 HDDうるさい報告は目にしていた。 HDDに関しては保障が切れたら(ソニースタイルは3年保障) 交換しようとは思っていたが結局長年使用してしまった。 (因みに弱ヒンジは保障切れ前に修理にだし、その後はおじぎする事無く使用しています
  
  
  
  
マウンタ着せ替え後のSSD やはりSRX-7は軽量を謳うノートPCだからかマウンタも簡素な物のみだ。 まぁそのおかげで交換も容易なのだけど。
  
  
  
  
SSDセット後の姿。 違和感なく?嵌っております。 物理的に不具合が出る事等は無かった。 この辺りは他のノート等は気を付けないと駄目な場面があるかも。
  
  
  
  
普通はまずBIOSで確認して・・・ ってな話だが取り付け後電源を入れたらそのまま進んでしまった。 OSが無い! とのメッセージなので、勿論HDD(この場合はSSD) の中にOSが無いっちゅーとる事やから、 認識はしているようだ。
  
  
  
  
リカバリディスク内のパーティションユーティリティ画面 ちゃんと64GBで認識もしている。 という事でそのままリカバリーも進めて行きます。
でですね、気持ち悪いぐらい静かに進んでいきます。 このリカバリ時点ではPCMCIAのCD-ROMドライブが繋がっている訳ですが、 キュルキュルというCDの動作音以外音がしません。

正直気持ち悪いです。


そしてスピードに関しても早いのか思った以上に早く終了しました。 vaio SRX-7のリカバリには リカバリCD3枚、 アプリケーション1枚の計4枚分あるのですが、 ストレス無く終了。 こんなにあっさりと終了してしまってええのんかいな? とまで思いましたね、ほんと。



余りにあっさりの終了に拍子ぬけ状態でSSDの取り付けを完了させます。 (簡易的に付けていただけなので) そして


電源オーーン

が・・・・

上記画像の Operating System not found が・・・

え~と(苦笑) ここで来たか?(笑) 原因を探る為、先程ガッチリ閉めた裏ぶたを再度開けます・・・ いやちゃんとHDD繋がってるで?? BIOSを起動するも、普通IDE機器の所はメーカー名等表示するんだけど、それはnoneとなっている・・・ えっ? PCが認識してない? でも一応転送レート等の数値は入ってる(表示されている) んだけどなぁ~・・・ う~ん で、さっきからリカバリ動作の場面ではちゃんとSSDを認識してたし・・・


はっ!!
  
  
  
実は在庫で 2.5inchのHDDを持ってるんです。 80GBのを・・・ 何時か交換しようとは思っていたけど、結局実行には移されなかった。 まぁ貰いものだし・・・ で、 今回本体から外したHDD共両方 ジャンパが無い状態だったんですね。 しかしTranscendの物はMasterにジャンパがありHDDには付けてないので「いらんのちゃうの?」 とはずしてたんですよ。 で、そのまま本体側認識、 リカバリOSでも認識されたのでその辺りの事を忘れてたんですけど

もしや!

とMasterに取り付け、再度電源ONとすると・・・ 何事も無くXP立ち上がりました!

デバイスマネージャ


その後は・・・えぇ 早い早い。 勿論あなたのお名前は? 的な所から始まる訳ですが、 動作がキビキビしてます。 6年間使用したPCとクリーンインストール後のPCの動作なのでそれだけで体感出来る違いはあると思いますが、 それにしても早い。


そして 無音


怖いです。 アクセスLED見ないと動作してんのかわからんです。 ここまでの作業は自室で行い、通常起動が出来るようになったので無線LAN、WEPキーを投入し接続を確認後これから長くなるサービスパック等、OS更新作業をリビングで行う事にしたんですが、この時点で夜1時過ぎ、 寝静まっている時間なので全く動作音がする事無く次々と進んで行きます。


0スピンドルノート万歳!!


そしてノートは何時もリビングソファーの肘置きとでも言うんですか? そこに置いてソファーに座りながらの使用なんですが、 この肘置き何時もめちゃめちゃ熱くなります。 ま、今は冬ではあるので暖を取れる? のも良いのですが、 夏だと半端無いし、足上に置こう物なら火傷必至・・・ というのは言い過ぎだけど、 小さい筺体のくせにめちゃめちゃ熱くなります。 そして交換後は・・・ まぁ今はせっせとサービスパック他パッチ当て作業中ガンガンと稼働している状態ですのでCPU熱排出等もあり音までの改善はありませんが、 兎に角常識的な熱さ、 いや温かさといった感じです。

そして懸案のスピードに関しては



SSDベンチ
まぁこれを見ていただければですね。 (この数値はクリーンインストール直後) 例えばリビングでは無線LAN 11MBでの通信なのでそこがボトルネックで・・・ と考えてたんですが、 読み込み、書き込みがが早くなり基本動作が早いので、 PCの動作だけでなく、この無線での通信、IEでの表示、ダウンロードまで・・・ そのもの無線スピードも速くなったように感じる。

という事で基本的にはSSDへの交換

大成功

ですね。
まぁアプリケーションインスト等6年分の環境を戻すまでにはまだまだ時間掛かりそうではあるけど、 その作業も早くなった分楽しんで作業しております。 「オォッ早い! 」 とか言いながら・・・(苦笑)
  
  
  
  
  
  







   




  
  
  
  
  
  

テーマ:ノートPC - ジャンル:コンピュータ

  1. 2008/12/28(日) 23:46:19|
  2. ブログ・日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2016/2 PhotoAlbum

プロフィール

enasn

Author:enasn

雑多な日記、 購入品の無責任レビューなページです。

カウンター

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

アーカイブ

 

booklog

Link

ブログ内検索


全記事表示リンク

全ての記事を表示する