enasn's Page

雑多な趣味ページ

パッキングキャンプ始め!



本日天候が良い方にスライドしたのでバックパッキングキャンプに来てます。

教えてもらったキャンプ場なので場所をさらすつもりは無いのですが、他に誰もいないし、安いし、駅からもほどほどなのでパッキングキャンプテストには持ってこいです。 しかしとにかく暑い。 暑さにはちょっと参りました。 正直、海水浴のが良かったかも(^_^;)
  
  
  
  
  

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/07/05(土) 17:46:54|
  2. 千葉・秘密キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

キャンプリポート:080705

  
少し遅くなりましたが、懸案であったバックパックキャンピング、小型テントもサクッと購入した事だし行きますか! という事でこの 7/5・6で行って参りました。 この土日は以前より天候が悪い方の予報ではあったのですが、直近になり好天にスライド。 こりゃ良い! って事で喜んで出掛けたのですが、正直暑すぎました。 (汗) まぁそんな暑い中のドタバタをリポートしています。
  
  
  
キャンプリポート


電車で行くけど行くか? と聞くと 「行く!」 というので勿論自分の分は背負わせて子供と一緒に出掛けました。 小学校一年生の身体にはザックの方が大きいです(苦笑) いや中身はそこそこ考えてシュラフやマット辺りなのでそれ程重量は無いつもりです。 個人的にはもう何十回とキャンプには行ってますが、電車でキャンプに行くっていうのは初めて。 どう転ぶかわからないし、今迄だと何かあったら荷物を置いておいても車に乗っけて、病院に行く、撤退すると出来ても電車ではそうも出来ないって部分もあるので一人で行った方が楽ではあったが、前週ぐらいからの準備にもちゃんと手伝いをしていたので「大変かもよ」 というのは重々伝えて連れて行った。
  
「わかった!」 と返事は良いのだがそこは小学校一年生、特急に乗ったら「おしっこしたい」 と・・・ 空席の目立つ空調の効いた車両に乗ったそばからそんな事をいいやがる。 で、トイレに行き時間を確認すると20分後 orz 普通で行ってもいいんだけど、対して所要時間が変わらないようなので特急を待つ。  
 
  

キャンプリポート


で、京成線からJRに乗り換え目指すはキャンプ場の駅! となった所で東京・千葉方面で無い電車が出発のベル。大荷物を抱えて皆走り出すので、多分東京方面と反対だから大丈夫だろう? と同じく飛び乗った。 何とか乗れてそこで路線プリントアウトと睨めっこ。
  

ま、間違えてる?!?


  
子供の「おしっこ!」よりも酷い!! 電車適当乗りで間違いが発覚・・・ やれやれと誰に文句を言えるで無く次の駅で降りようと・・・ 電車が止まりません。 各駅停車なのに隣駅への距離が半端じゃない。 やっとの事で隣駅に到着、反対方面に行き、折り返し電車を待っていると駅長さん 「間違えたか??」 と・・・ 間違えた旨を伝えると、色々調べてくれて、次の列車は30分後、 15分で先ほどの駅に付き、目的駅電車は18分後に出るね との事。

ガックシ

東京なんかで電車乗り継ぎって時刻表見る事ってほんと稀だと思う。 次の電車が直ぐに来るからね。

こんな事態にはDSが欲しくなるし、 何か読む雑誌でも欲しくなるし・・・ 勿論DSなんか持ってきてないし、 何かを買うにも駅外へ出たとしても販売機のジュース買うのが関の山。 何か駅というか、 他に電車を待っている人達もお年寄りから若いのまでまったりモード。 ほんと時間というのかタイム感が全く合わない。 これ何週間とかの旅行ならそのうち田舎時間にも慣れるんだろうけど、キャンプがまだ始まってもいないのでこれではちょっとイライラと言いますか・・・ 都会生活に毒されているなぁというか、そんな感じです。
  
  
  
キャンプリポート


という事で時間潰しにカメラを引っ張り出して駅といい、駅舎といい、色々とパシャパシャ撮っときました。 と、ほどほどに時間を潰しているとやっと折り返し電車が来た。 田舎駅長に挨拶し元来た駅へ折り返し、 キャンプ場のある駅へGo。

しかしまたその最寄駅にはスイカ読み取り機が無いような駅で現金で払わされたり(当然降りる人皆並ぶから時間が掛かる。) やっと着いた!って言ってもなかなか駅を出られない。 何だかなぁ~と自分が乗る電車を間違えたのは忘却の彼方へ追いやり、遅いなぁ~とイラだつのであった。
  
  
  
キャンプリポート


そしてこちらがやっとの思いで到着したキャンプ場。 キャンプ場への途中買い物等を済ませた訳だが、そこの店でも、やはりタイム感が全く違う。 レジに並んでるのにレジの人と常連さんが世間話、順番になったらなったでこれまた遅い・・・ 基本的に今迄は道具、食事物一式を揃えて現地までGO! キャンプ場に着いた瞬間に設営、ビールってのが流れなので動くこともない(現地の人とのふれあいなんて物もない) なのでこのバックキャンプ旅はある意味新鮮であるけど、 家を出た瞬間から気持ちを切り替えておかないとイラッとくる場面も沢山遭遇する。 まだまだ精進出来てない証拠なだけですが・・・

でもって今回のキャンプ場、場所はある方から 「そこは余り人がいませんよ」 と紹介された。 確かに検索をかけてもキャンプレポ的な物は一切引っかからず、 穴場?って感じ。 千葉県内スポーツ施設内の一角にキャンプ場が併設されてるという感じの所です。 荷物も車は駐車場まで、後はリヤカーという仕様なので利用する人も元々少なく、 受付の方と話しても 盆とGWぐらいじゃないと、他の人と重なるという事は余り無いのでは? との事だった。 という事でこのページでも積極的に名前を開示せず、ひみつのキャンプ場としておきます。 ここで開示しちゃったら教えて頂いた方にも失礼だし。

という事で何やら何時ものごとく横道話が多くなってしまいました。

上画 左から MAGIC MOUNTAIN 「BERGREISE35」 荷物ギッチリです。
真中はカートというか、コロコロ?です。 なかなか優れものでトランスフォーマーよろしく椅子になります。 釣り道具屋さんで購入した覚えが。 ソフトクーラーの中にデジカメを入れて引いてきました。 白いレジ袋は現地調達の食事、飲み物関連、
右側の赤ザックが子供の分。 結構な容量入りますがシュラフやマットと重量が無い物をチョイスして入れてます。
  
  
  
  
   [キャンプリポート:080705]の続きを読む

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/07/09(水) 21:57:53|
  2. 千葉・秘密キャンプ場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2016/2 PhotoAlbum

プロフィール

enasn

Author:enasn

雑多な日記、 購入品の無責任レビューなページです。

カウンター

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

アーカイブ

 

booklog

Link

ブログ内検索


全記事表示リンク

全ての記事を表示する