enasn's Page

雑多な趣味ページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キャンプリポート :080719

  
080720


良い季節の3連休なので、こりゃ何処かいっとかなきゃ! とまたまたキャンプに行って参りました。 今回は山梨県にある 「一の瀬高原キャンプ場」 ここは去年 高速下り口となる勝沼IC付近ワイナリーを構えるホテルに研修旅行に行った際、ホテルの人にワイン情報、 地元情報、 なんかを教えて貰っていた時に、こんなキャンプ場もありますよと紹介され行ってみたいキャンプ場としてブックマークしていた所だ。 只紹介された時も今時のオートキャンプ場とは違いますよ・・・ と言われていたので二度目のキャンプとなる嫁ハン、 下の子にはどうかな?? との危惧は少々あったが、 夏休みに河口湖方面に宿を取っているので、 計画として山梨キャンプ場→ 河口湖方面温泉宿 と計画をした。 が、上記のとおり、 いきなり厳しいキャンプ場だと嫁、子供は辛いかも?? という事で、夏休みに入ったこの三連休で下見がてら予行演習?で行ってみる事にした。 (一度行っとくと計算出来るかな?と )

事前情報?はこのぐらいとして、 まぁ完全に舐めてました。 何をって三連休を。 最近高速に乗ってのお出かけは主に千葉内陸側に行くようにしてました。 他地域は基本的に東京を経由しないとダメな地域に住んでるのでどうあがいても混む。 千葉内陸側にばかりお出かけだったのでその事を忘れかけてました(汗) そして今までだと朝暗いうちから出発したりしてたのが、 子供もいるとそう無茶な時間に出発出来ないという事で今回は6時起き、7時発となりました。 ま、3時間、少々渋滞で4時間程度?な計算・・・

高速・・・全く動きません

そうか学校等夏休み始め、他の人にも良い季節の3連休、余りにも安易な読みだった。
もう渋滞に次ぐ渋滞。 トイレ休憩しようにも側道大渋滞。 約6時間ぐらい走り続けましたよ。(走り続けたというより半分は缶詰状態) 山梨着し、 山道に入り、 やっとの事で気持ちよくドライブしてると、今度は浮かれた走り屋がセンター割ってくるバカがいるし・・・ 疲れる。

山道くねくねで終わりかと思ったら、今度は退避場所が点々なブラインドコーナー連続な一車線道に。 ここでもスンスンと走っていると、下の子が車に酔ったようで・・・ ドバッと景気よく(滝汗)
早くそのセコ道を抜けたいんだけど、スピード出すと怒られるし・・・(汗) やっとの、やっとの思いで現地到着。 今回のキャンプは事前情報として厳しいぞ! というのは頭に入れていたけど、大渋滞は別としてキャンプ場までのアプローチも大変な道のりだった。 結局9~10時には到着したいとおもってたけど、 午後1時頃の到着と相成りました。
  
やっとの事で現地到着なんですが、 楽ちんサイトは既にテントだとか張られてるし・・・ が、下の方に降りていくといいんでない?? って所がぽっかりと空いている。 ここにするべ~ と。 しかし、車とは距離があり、 整備などされてない所を一輪車というのか? 荷物台車に。 この台車自体の自重も結構なものなので、 下りは良いが、登りはつらい・・・ へたりそうになりながらもこの後の食事、 ビールと行きたいが為、お父ちゃんはがんばりました。  
  
  
  

080720


こちらは今回のサイト。 まだタープのみですが。 この少し垣間見える荷物を下ろしてきました。 勿論何時もに比べれば荷物のシェイプもしてきましたが、 オートキャンプクオリティの為辛かったです。 天気は鑑みてキャンプにきてますが、 山の中、とりあえず撤収時にだけ降らないようにと念じておりました(笑)

日向では汗だくだくだけど、この木陰では25度程度、 夜には21度程度なので過ごし易いと言えば過ごし易いけど、 もうちょいスッキリ感が欲しかったかな。 到着時はマイナスイオンが降り注いでるでぇ~とか言ってましたが、 結構ジメジメ感、湿度感がありました。
  
  
  
  
  
  

080720


とりあえずビールで乾杯、腹ごしらえ後は場内散歩へ。 場内と言っても明確な区切り等は無い、ほんとに登山道、 沢登り道の途中って感じ。 今迄キャンプ場じゃ無い所にもテント張って寝た経験はあるけど、ここまでの所は初めてです(汗)

あっちこっちと写真撮影はしましたが、 ま、余り代り映えしないかな? 同じような写真が並ぶのはお許しを。
小川の水は冷たくて手をずっと浸けてられないぐらい、 小川の横にテントを張るには更に下まで荷物を運ぶ必要があるので今回は断念しましたが、 下まで来れるならばクーラーいらずですね。
  
  
  

080720


こちらはHP上で 「さわぐるみ」 「はなれ小島」 となっているゾーン側です。 こっちの方に来たかったのですが、 絶対無理です。(笑) 凄く良い場所だと思うのですが、テント張る人もいませんでした。
  
  
  
080720


こちらはキャンプ場では再下段となる辺りで、 どちらかというと湿地帯って感じです。 お昼過ぎなのに半袖ではちょっい寒いかな? と感じる、 自テント場より更に涼しい感じです。 「第一キャンプ場」となっているゾーンです。
  
  
  

080720


こちらも「第一キャンプ場」 です。
  
  
  
080720


「しらかば」 となっているゾーンです。 後にソロテントが2張りぐらいありました。
  
  
  

080720


正面が管理棟、 管理人さんの住居なのかな? 左手に屋根、 壁がみえるのがトイレです。 汲み取り、いわゆるポットン便所なのですが、 凄い惨状です。 ハチに、ハエに、虫がうじゃうじゃ ブンブンと(笑) ワイルドです。 自分は環境が変わると余り大きい方は行かなくなるんですけど、 女性はそうも言ってられないし、確実におしり出して用を足さないと駄目となるので、その辺りは少し可哀想だったかな。 その辺りの耐性が無い人、特に女性には厳しいキャンプ場となりますね。
  
  
  
080720


子供は高低差余り気にせず、散歩散歩と動き回ってました。 勿論車の中ではどっぷり奥ふかーく眠ってる訳ですが・・・ ま、その方が車酔いもしなくて良いんですけどね。 帰りは飽きるまで下道で東京方面へ向かったのですが、 起きる気配はありませんでした。
  
  
  

080720


今回は三脚も持って行ってたので ランタン類全て点灯しての夜ショット! いくら点けても周りには全く迷惑かけず、 いや真っ暗過ぎで少しの灯りだけで十分な環境でした。
  
  
という事で総括としまして

キャンプには良い季節。 夏休みにキャンプ、そこらのオートキャンプ場だと普通に宴会キャンパーが猛威を振るうであろう事は予想出来るので、少々苦労しても環境の良い、静かな所へ行こう! という命題もあり、その点では自分にとっては

最高環境のキャンプ場だ

と、言えると思います。 ちょこちょこと人の顔は見ましたが見通し距離に誰か居るって事はありませんでした。 まぁそんな環境でテント張るので、荷物を持って行くのは超大変。 落ち着いてからも男はまだしも、 女の人にはポットン+大量の虫付きトイレ(勿論季節にはよりますが) と心しておかないと大変な事になります。 ま、人は余り居ないと言えるので女性でも雉打ち出来るような人だと余り問題無いとも言えますが(冷汗) あとはやはりキャンプ場までのアプローチも大変ではありました。 その辺りは家のローダウンした車でも辿り着けたので問題無いっちゃ問題無いですけどね。 えぇキャンプ場では2度エアロをガリガリとは言わせましたが・・・・(底で良かった: 汗)

という事で大変ではありましたけど、ある程度の心構えと、 「自然の中でテント張りたいんや!」 という意気込みが強くある方は行って損は無いと思います。 キャンプ場側もおおらかと言えば良いのか、朝は対応出来る時間なら何時でも、 帰りも何時でも良い(笑) と言ってくれるキャンプ場もなかなかないし。 えぇ勿論自分は又行くと思います。 あ、しかし大人千円はええとして、 駐車場代として 500円取るのはどうかなぁ?? とはちょっと思います。 ほら車は駐車場に置いとくのが前提なんやから、 それなら高くなっても大人1,500円とかの方が納得出来るといいますか・・・ バイクはどうなの?? 料金取られるのかな?その辺り知りません。

バイクといえばライダーキャンパーさん何名かいましたけど、 荷物をパッキングしてきてるだろうからバイクキャンパーが対象としては一番良いキャンプ場じゃないでしょうかねぇ~。 交通機関があれば自分もパッキングキャンプに持って来いと思いますけど・・・

という事で個人的にはお気に入りとなったキャンプ場ですが、今回は夏休み旅行前の前泊の下見として再訪という意味ではちょっと・・・ といった感じかな。 虫の居る夏に嫁ハン、子供を連れて再度っていうのはちょっと厳しいかもなので。 虫も居なくなるもう少し涼しい季節にでも再訪しようとは思います。 自分にとっては良環境のキャンプ場だと思えますので。
  
  
  
  
  
[キャンプリポート :080719]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/07/22(火) 20:38:11|
  2. 山梨・一の瀬高原
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

2016/2 PhotoAlbum

プロフィール

enasn

Author:enasn

雑多な日記、 購入品の無責任レビューなページです。

カウンター

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

アーカイブ

 

booklog

Link

ブログ内検索


全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。