enasn's Page

雑多な趣味ページ

本日は山梨まで

  
IMG_0157.png

先日の長野2日間はフリーサイトという事もあってなのか案外運動と言うか、子供に付き合ってただけのつもりが思わぬ筋肉痛。

余りの辛さに辞めとこうかどうしようか迷ったんですが、 頑張って身体動かした方が回復は早いと思うので、 予定どおりに山梨県まで、またまたキャンプとしました。 結構人出はあったんですが皆帰りの日だったのか、見通しで人は見えなくなったようだ。 本日は静かにそしてまったり、ゆっくり出来そうだ。
  
  
  
  
  

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/08/25(火) 14:23:02|
  2. 山梨・道志の森
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏キャンプ:090821_1

  
長野 キャンプ場

2009年度の夏休みは月末に取得する事にした。 今夏前半は余りに天気が悪かったりと天候を読めない日が続いたからだ。 まぁ後半まで天候不順だったらゲームセットってな感じなんですけどね。(大半がアウトドア予定なので)

読みは当たったというか、 何とか夏らしい天候に戻ってくれたようで一安心。さて何処へ行きましょうという段になって長野のキャンプ場にとなった。 というのも7月の連休時に珍しく電話予約までしたが、前日子供が頭痛、発熱となって仕方なくキャンセルした所へリベンジとした。 連休時は高速料金が安かったから遠出でもええか! だったが、個人的夏休みは特に高速料金は関係無いのは完全に忘れてましたえど・・・ (帰りは日曜で辛うじて休日料金)
  
  
  

菅平高原オートキャンプ場

出発時はそれ程天気が良くなかったが、長野近辺ではガスが出ているも次第に天気は良くなり、 こちらはキャンプ場近くのレタス畑。 初めて目にする光景に車を止めての撮影。 キャンプ場でも「どうぞ」と 当たり前のように? レタスを渡されたし、 他にも画のような広大なレタス畑が何面もあった。 この辺りの特産品? 聞くのを忘れてしまった。
  
  
  
  

菅平高原オートキャンプ場

こちらもレタス畑からの撮影。 この場では既に車で結構登ってきている。 更に上の山には何やら筋が・・・ 多分(汗) スキーのコースなのかな? キャンプ場近くにも沢山の施設なんかも揃っていて主に学生さん用なのかな? キャンプ地、合宿地と化しているようだ。 冬季はスキーの合宿地になるのかな? 一年中色んなスポーツのメッカとなっているようだ。
  
  
  
  
菅平高原オートキャンプ場

こちらは既にキャンプ場フリーサイトに幕営した場からの風景。 今回利用したキャンプ場は


菅平高原オートキャンプ場
長野県上田市菅平高原1223-2767
TEL 0268-74-2408

です。 前回、ギリギリでのキャンセルにもお子様の事ですから大事を取ってくださいと、快くキャンセルを引き受けてくれ、優しさに触れた所でしたが、 今回初めて訪れてお会いした感じも電話と変わりなく、親切な対応して頂きました。
  
  
  
  

菅平高原オートキャンプ場
画像:リンク

・上左 管理塔 これはキャンプ場からの撮影となります。 通常キャンプ場に整備されているような遊び道具、レンタル品等のメンテも行きとどいているかんじでした。
・上右 トイレ 同じドアが二つ並んでいるので男女別がわからず初めての人は悩みますかね?
・下右 トイレ内部。 ドア向かって左側が男便所でした。 (水洗)
・下左 トイレ建物裏側に沢山の洗い場があり、 それとは別に水を溜めています。 張り紙には「冷やし処」とあり、 野菜や飲み物を冷やせます。 奥側には洗濯機等、ランドリーがあります。
  
  
  
  

菅平高原オートキャンプ場

フリーサイト端に小川があり、 水遊びが出来ます。 魚掴み取りなんかでも使用するのかな? 冷やし処と同じ?冷たい水が流れているので1分と水に触れるのは無理ですが、 子供は関係無い? ずっと遊んでいました。
  
  
  
  

菅平高原オートキャンプ場

釣り堀もあり、 イワナ・ニジマスが泳いでいます。
  
  
  
  

菅平高原オートキャンプ場

キャンプ場にも立派なお風呂があるようだが、 周辺にも色々と温泉があるようなのでそちらを利用する事にした。
最初一番近場とHP場に記載されている「渋沢温泉」を目指したのですが、何と移転との事。 日付が8月31日となっているので昨年の話?なのか・・・しかし特に移転先等についての記載も無い、 という事で再度車を走らせ真田温泉という所へ行く事にした。


真田温泉健康ランド/ふれあいさなだ館
〒386-2201 長野県上田市真田町長7369-1
TEL:0268-72-2500 
FAX:0268-72-4000 
一  般:500円
小中学生:250円

駐車場には結構な台数の車が、しかも遠方からの人も多いよう・・・大きな建物に高いのでは?? と思ったが500円とリーズナブル。 高かったら止めようと向かった割には拍子抜け、嬉しい誤算だったが・・・ 温泉も特にこれと言ってって感じでした。
  
  
  
  

菅平高原オートキャンプ場

今回のサイト
家族でのキャンプでは初めての2泊。 ゆっくり出来た部分とそれでも時間が足りないなぁ~と感じる部分もあった。
平日を絡めてのキャンプなんでもう少し人少ないかなぁ~と思っていた以上にテントはあった。 やはり夏休みという事か。

まぁ5月以来のキャンプという事、なかなか景色に良いサイトに2日間、暑すぎず、寒すぎず良い感じに過ごせたかなぁ~と。


という事で画像も沢山になってしまったので長野キャンプはPartIIへ
  
  
  
  
  

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/08/29(土) 16:01:10|
  2. 長野・菅平高原AC場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏キャンプ:090821_2

    
PART I の続き

いえ、これと言って特にイベントがある訳ではありませんが、 2日分をなかなか纏められずにPartIIです(苦笑)  
  
  
長野 菅平高原オートキャンプ場

前回にも記した フリーサイトにある釣り堀となっている池。 竿一本1000円強 その1,000円には2匹分までの料金が含まれているそう。 2日目は生憎の曇り空という事で、何をやるでもなく、水に入れるでも無いので「釣りをしたい!」攻撃に合い、 竿一本だけね という事で竿を借りる事にした。
  
  
  
  

長野 菅平高原オートキャンプ場

釣れるかな? なんて思ってたらほぼ入れ食い状態。 瞬く間は言い過ぎだけど、10分程度で2匹を釣り上げた。 結局一人一匹づつという事で計3匹を釣ったのはいいが、 針から魚を外す係りはやらされる始末で一人手が生臭くなってしまった。

釣り上げた魚はキャンプ場の方で塩焼きにしてくれる 写真撮る前に皆食してしまいましたけど・・・(苦笑)
  
  
  
  

長野 菅平高原オートキャンプ場
画像:リンク

・上左 小川側にある東屋
・下左 東屋内にはガス施設があり、デイキャンプの方が気軽に使用出来るようになっていた(少人数用かな)
・上右 オートキャンプサイトには大人数用BBQ施設があった。 キャンプ場周りにスポーツ合宿施設が多数あるので2日目もそんな感じの生徒多数? なBBQが行われていた。
・下右 キャンプ場駐車場から見えるラグビー場、 周辺にはラグビーやテニス施設が多かったような気がする。
  
  
  
  

長野 菅平高原オートキャンプ場

2日目は終始こんな感じの曇り空・・・ な為かどうかわかりませんが皆下向いてます(汗)
  
  
  
  
長野 菅平高原オートキャンプ場

2日目はキャンプ場からは約1時間程度掛る温泉まで行く事にした。

地蔵温泉 十福の湯
〒386-2203 上田市真田町傍陽9097-70
.TEL0268-75-3855
平日 600円

結構な山道を走るとほんとに森の中にいきなり施設が出て来ます。 大きく新し目の施設ですが、 大人600円と料金もそこそこ。 しかし結構繁昌しているようで、土曜日と言えど相当な車が駐車場にある。 しかしその割にお風呂施設は大きいからかゆったりと出来、お湯も良かったですよ。 この夏休みは色々と計5回の温泉に入った訳ですが、施設、お湯共に ここが一番良かったです。
  
  
  
  
長野 菅平高原オートキャンプ場

上記お風呂は又行きたい! って程良かったんですが、片道約1時間なんで早めには行ったんですけど、 結構時間を食ってしまった。


で、ですね
2日目は土曜日となるので、前日より更に人が増える訳です。 大半がオートサイトなんですが、 画像左側に写っている煌々とランタン照らしてる家族が癌でですね、 犬は引っ切り無しに吠えるし、 犬と同じかそれ以下? な躾出来てないガキが何時までも叫び、走りまわるわ、トイレドアを開けっ放しにするわ、 この家族だけが何時まで経っても煌々とランタン灯してるわと・・・ まぁ~ そんな奴も居るだろうと、ある意味想定済み? DQNのお手本のような家族ではあったが、夜中まで騒ぐ、煩いって事は無かったので少々イラッとするぐらいで済みましたかね。

8時には眠いってなる家の子もそれまでは結構煩い。 しかし今回は一切注意はしませんでした。 というのも奥側に写ってるオレンジのタープ、 夫婦?か、カップル二人なんですけど、 幾らフリーサイト言うても 「何でそこなの?」 って所にテント張りやがったので子供放し飼いにしてやりました。

いや到着、設営は昼間なんですけど、細かい事とやかく言わん嫁ハンが「何で其処???」 と言わしめる場所に幕営しやがったんですわ。 勿論個人的にも 「頭ネジ抜けてる?」 と思います。

そらね、 そらフリーサイトなんで何処に張ろうと文句は言えないですけど、 わ~ざわざそんな所に来んでも他に全然張る場所あるし、 仮にね、仮に色々鑑みて、 それでも其処、そんな人の真横に張るって言うんやったら挨拶するっていうか、「よろしいですか?」 って一言断わりますよ自分やったら。

もうね、気持悪いっていうかなんつーか。

「こーんな広さがあって、 この近さに!」 っていう嫌味な画像とか色々と撮ってたったんですけど、アホらしなって止めた。 ネジ抜けてる相手にそんな事してもなぁ~ というか日が経ってるからムカ付度が冷めただけかな。
  
  
  

長野 菅平高原オートキャンプ場

嫁ハン子供は早目にテント内に入ったので、ウイスキーをチビリとやりながら、夜長をバルブ撮影なんかで過ごしておりました。 ケーブルスイッチとか持ってないので時間掛けた割に多くの画がブレてんですけどね(苦笑) 次回用に何かスイッチ購入しとこうと思っとります・・・ が一泊やと夜中にそんな事してる余裕が無いんですよねぇ~
  
  
  
  

長野 菅平高原オートキャンプ場

3日目は濃霧状態で朝を迎えました。 この画像ではもう相当晴れてはいるんですけど、辺り一面が真っ白でなかなか神秘的でしたよ。
  
  
  
  

長野 菅平高原オートキャンプ場

やはりこの朝が一番冷え込んで11度でした。

とまぁ、この後にもキャンプレポが続くので、 駆け足な記事となり全てをレポしきれてないですが、 強引? に纏めるとPART I でも記しているとおり、 平日を絡めてのキャンプなんでそんなに人居ないのでは? と思っていたが、予想外に家族、グループが居たかな。
(ナンバーでは神奈川辺りの人が多いようだった)

フリーサイトは若干値段設定も安価となってはいるだけど、 荷物積み下ろしはサイト近くまで車を持って行って良いし、一部傾斜がキツい部分はあるけど、それ程苦になる程の事も無いので景色、環境を取ると断然フリーサイトではある。 オートサイトも自由に場所を選ばせてくれるようだけど、 結局何か知らんけど真横に来るような奴が居るっていうリスクはどちらも変わらない感じだし(オートサイトも変にテントが固まっていた)

結構テントは張ってあるけど人はおらずってサイトが多かった。 家はキャンプの為のキャンプなんでこの二日間その意味ではゆっくり出来たのは良かったんですけどね。

まぁこれと言って「また行きたい!」って程の個性があるで無しだけど、管理人さんも人当たりが良く整備も行き届いていて、 ほんわか、ほのぼのって感じのキャンプ場かなぁ~と思います。
  
  
  
  
  

長野 菅平高原オートキャンプ場

結構皆さん早めの撤収されてたんですが、 家は何時もの如くまったりな片づけに昼飯を食してからの退出となりました。 で、その足で帰りとは反対側にある温泉に寄ってから帰る事にしました。

戸倉上山田温泉 万葉超音波温泉
〒389-0806
長野県千曲市磯部新戸倉1125
TEL:026-275-2228
大人 300円


温泉マニア? な方たちの温泉評でも結構良い評価、安価でもあるので是非行ってみたい、帰りとは逆方向であるにも関わらず足を伸ばしてという所に期待度が伺えるってもんですが・・・
  
  
  
  

長野 菅平高原オートキャンプ場

日帰り温泉というか、 まぁ普通に番台のある銭湯ですわな、非常に設備のしょぼい。 まぁ安いし、 一見の客なのでそんな事どうでも良いし、確かにお湯も良いんですけど、 余りに熱い・・・

素人お断り? まぁ我慢すれば一番温度が低い所では子供も入ってるし、「はぁ~ 良いお湯や~ 」 と満喫していると・・・

常連? いや知らんけど入ってくる 3人に1人はそのままザブンと湯船に。 いや皆大人というか、オッサンですよ。 で、股をボリボリ掻き出すし・・・

熱いお湯やし、女性陣(嫁ハン、娘) とは1時間の約束で入ったのでゆっくりするつもりやったけど、 それ見てたら気持ち悪くなって直ぐに出た。 いやほんと掛け湯ぐらいしようよ・・・

いや勿論万葉温泉さんのせいでは無いけど、 そんな常識的な事はもっと色んな人や子供も来るであろう大型温泉とかの方が皆キッチリと出来てまっせ。
  
  
  
  



テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/08/30(日) 16:39:13|
  2. 長野・菅平高原AC場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

夏キャンプ:090825

  
この夏休み 2度目のキャンプレポートとなります。

昔から夏休みはお盆はおろか、 出来るだけピークを過ぎた辺りに取得するようにしていた。 9月なんかに取得するのもザラ。 まぁしかし子供も学校等へ行き出すとその辺りの融通はなかなか付けられないのでここ数年はちょっとズラす程度での取得だった。

今年も勿論8月末にしたのはそういう意味もあるけど、 前半はどちらかというと天候がサッパリ読めない感じでもあったのでこれ幸いな部分もあったけど、 同じように考える人も多かったのか思っていた以上に道が混んでいたり、 PAやキャンプ場が混んでるなぁ~と感じる事が多々あった。

高速なんかは平日に利用するもんやから残念ながら多くは休日割引を適用出来なかった。 しかも出発や道中に余裕を持ったお陰で通勤時間帯に当たったりってのもあり、 その意味でも渋滞にハマったり。
   
  
  
  
道志の森
で、この画になるだけど、 今や高速料金は一般で払った方がごぼう抜きできますな図。 休日割引とかありゃ値段も違うし・・・ とか思えるけど、 平日やと関係無いでしょ? なんでそこまでスイスイ進まれなあかんねんって感じ。 どう考えても一般に入る車が少ないのに2レーンも使ってETC側が劇混み・・・ もうね、 アホかと。。

こう、時間帯や混み具合なんかによって臨機応変に窓口増減できんの?? いや全てETC、 一般用には混在レーン一個ってので良いと思うんだけど??
  
  
  

道志の森
そんなこんながありながら、 みちの駅「どうし」に到着。 はぁ~・しんどかった。 先日の長野に比べると走行距離は約半分程度なんだけど、今回後半20kmぐらいはずーーーーっと くねくねの細山道。 いや心配になる程の道でも無いんだけど、 流石に長い距離は運転手にもキツかった。
久しぶりに運転しててぐったりって感じ。
  
  
  

道志の森
そしてこちらが管理塔になります。

道志の森キャンプ場
〒402-0223 山梨県南都留郡道志村10701
0554-52-2440 (キャンプ場)

はい この夏休み、平日って事もあり普段だと敬遠したりする有名処をチョイスしました。 まぁこんな時期じゃ無いとってのもあるんだけど、 ここ道志の森はお盆なんかでも周りの環境は別にして張れないなんて事は無いぐらい、広いって事でも有名ですね。
まぁそんな事もあって全体的に甘い考え? でキャンプ場へ。 で、上記の道の駅からは2km程度での到着だったんだけど、 実はこんな事は初めてで、キャンプ場に入ってからが極端に荒い砂利道。 ノーマルでも若干低い車高の車に更にローダウン、 ノーマルだけどエアロも付いてる車なので、 半泣きになりながら歩を進めるってなスピードでキャンプ場内の道を上っていった。

今迄はキャンプ場アクセスに「マジか!?」と驚愕する道、坂道なんかがあったり、 エアロ底もガシガシと磨って半泣きな事も幾度となくあったんですけど、 キャンプ場に入るまで、 ここのように入ってから気が抜けないってのは初めてだ。

そんな事関係無い車はガンガン突き進んでくるし・・・ orz
    
  
  
  
道志の森
こちらは管理棟にあった場内図。 実はキャンプ場HPにもPDFで場内図が開示されてるんだけど・・・ 完全アバウト。 少しは勉強? というか予習はしていったんだけど、 アバウトな地図に玉砕。そこまで人おらんやろ? との甘い考えと上記のとおり、余り車であちこち見に行こうって気にもならんし・・・ 心が折れかけた時にこれから設営すんだろと思っていたオデッセイの人が前から徒歩で・・・

別に聞いてないんだけど、「これから出ますよ、 どうもすいません!」と。

えーーーーーっ!?

そこめっちゃえぇ場所やんと。 ざっくりとオデッセイで堰き止められてるので「そらそこ取るわなぁ~」と眼中にも無かったんだけど、どうやら徒歩で管理棟に行ってたみたいでこれから退出しますと。

もうちょっと道が良かったり、 あるいは元気やったらさっさと別場所に探しに行ってたんだけど、 心が折れていたばかりに、どうしたもんかと佇んでいたら、 凄い良い場所が転がり込んできた。 う~ん 世のなか捨てたもんじゃ無いなぁ~ と急に元気になり、「じゃ~ あそこで!!」と場所を確保。

場内を流れる川の横なんで、煩いのも掻き消されるし・・・ と思っていた、先の方に居た学生軍団? も実はお帰りだったらしく、 思っても無い展開、 神経質なオヤジには願ったり叶ったりの状況となった。
  
 
  
  
道志の森

設営後にお昼ごはんを食し、 しばし場内を散歩。

日差しは無い事は無いが、幕営場は木々に阻まれほぼ日の光は入ってこない。 場所は良いけど、 撤収(幕帯の乾燥とか) は少々大変かな?と

そんなマイナスイオンがバシバシ状態なので流れる小川はスイカなんかを冷やすのにうってつけってぐらいな冷水。 子供も何かしら入りたがるが、 手を入れてるのが精いっぱいって感じ(笑)
  
  
  
  
道志の森

こちらは橋の上から。 水縁歩いてるのは他所の子。
  
  
  

  
道志の森
場内に川は何本か流れてるんですけど、 この様な架け橋があちこちにあり、 散歩には便利。 幕営場も贅沢言わなけりゃ色んな所にテントを張れるので、 自分たちが確保した入り組んでいて車も通らず、川のせせらぎに身を委ねられる場所から、利便性一辺倒? な道の横での野宿? ってな場所までありとあらゆる所がある感じ。(普通に広場ってな感じの所もある)
  
  
  
  

道志の森
このような簡易的なトイレはあちこちに点在する。 が、普通に使う気にはならん感じ(苦笑) 撮影は止めときました。
  
  
  
  

道志の森
管理棟にあるトイレには驚くよ!? というのでカメラ片手に行ってみた。 するとこの有様。 何このツンデレ・・・ 大側なんて自動で蓋が開きますから(苦笑) まぁここ最近新たに施工されたんでしょうけど道中の簡易トイレとの格差が開きすぎです。 余りキャンプで大側は利用しないんですけど、 安心して? 遠い道のりを歩きましたよ。 この設備であってもトイレットペーパー無しはデフォルトみたいで、 女子便側は紙が無く、 言っても貰えなかったそう ・・・ (男側は普通にセットされてた) やっぱツンデレ??
道志を目指す人はやっぱり紙は携帯した方がよさそうです。
  
  
  
  

道志の森
本日温泉はこちらへ。

紅椿の湯
山梨県南都留郡道志村小椿 3888番地
電話(0554)20-4500

立派な建物、 大きな休憩場、 こんな山の中でも他方から沢山人が来ているみたいです。 宿泊施設もあり、 一人5千円だそうで・・・ 安いよねぇ。
  
  
  
  
道志の森
帰りとかじゃ無く、キャンプ中で温泉に行く場合って余りゆっくりと入るって事は無い。 そもそも子供は温泉だからと有難がらないしね。 なのでこの紅椿の湯の3時間1,000円という設定は個人的にチト迷惑。 しかしここには家族風呂があり、 家族4人分の料金と同じ3,000円、1時間という縛りはあるが、上記している通り、そんなに長くも入らないのでこりゃ良いという事で家族風呂を使わせて貰った。
  
  
  
  

道志の森
特に意味の無いショットなんですけど・・・

今回はこのような林間でのキャンプとなりました。 静かに、そして真の暗闇の中でまったりとしていると・・・ 結構な響きのある打ち上げ花火・・・ ドーン ドーンと空気が震えるって言うんですか? しかも何発も何発も。 林間に入っているのでどの辺りで、 どの程度花火をやっているのか皆目見えませんけど、 この響き方だと結構な大きさな物だと思う・・・ 本日2回目 アホか・・・  
  
  
さて、今回の道志の森ですが、 結構な期待を胸に出向いたんですけども・・・ 一回行ったらいいやって感じ。 どんだけ高い要求してんねや? と言われるかもだけど、 周辺地図等を見てもらったらわかるけど、 山中湖から道志の森キャンプ場までは約20kmの山道をえっちらほっちらと走るのですが、 優に30以上のキャンプ場を後にし、向かう先ですからそら期待もしますわな。
何で有名なのか? 何処が皆を惹きつけているのか??

値段設定で一人700円ってのはまぁ良いけど、 駐車代? 1,000円?それ必要? って感じ。 徒歩やバイクなんかとは差を付けたいってのならその人達は500円とかにすれば??

家は4人で計3,800円ですよ。 まぁ今時のオートキャンプ場からすれば適正というか、値段だけ見れば安いと言えば安いんだけど、例えばゴミは持ち帰ってくれと。 自然を大切に・・・ ってのは聞こえが良くて、 単に面倒なだけなのでは? というのが見てとれてしまうんですよ。

で、結局どうなるかと言うと、皆其々のサイトで燃やす訳ですよ。 直火OK、 ゴミは残すな・・・ となると皆考える事は同じようで、あっちのサイト、こっちのサイト皆 焚き火跡が、炉が残ってるんですけど、 あらゆるゴミの燃やされた跡が・・・

全て灰にしてるんやったら何とも思わんけど、 プラスチックに残飯に・・・色んなサイトがあると上記では書いてますが、 ブラインドになる個所も多数ある訳で、 散歩しながら見てると燃やすだけで無く、 埋めてとか石で隠してあったりとか・・・結構無茶してる人が多いように思う。

それやねんやったら、もう千円上乗せでも構わないので、ゴミの分別を指示、 処理はキャンプ場でキチンとするとかの方がよほど良いのではないか? と思いますけどねぇ・・・ えぇどうでしょ?

上記ではトイレもキャンプ場には不釣り合いなぐらいに綺麗なわけです。 まぁそれは大変助かるんですが、 他のトイレ、特に簡易トイレ系は男でも使用するのが無理無理って感じ。 単に金掛けた所は綺麗で、その他はホッタラカシ?? と。

大自然、そのままなキャンプ場! といも言えるし単にノーメンテともとれるし ・・・
何かめっちゃキャンプ場を叩いている風ですが(笑) 別に何をされたって訳では無く陥れる意図がある訳でも無い、 ただ道中何十というキャンプ場を後にしてまで来る程の良い所なのかな?? というのが凄い疑問だと言いますか  ま、他のキャンプ場を全く知らずに言及してますんで、他はもっと料金高いとか、サービス悪いとかあるかもで、単に調べてなくての話ってのもあるんですけどね・・・

まぁ少なくとも再度道志近辺へのキャンプって時は他の所にしてみようとなりますねぇ~。

※ キャンプ場と関係無いですけど沢山のキャンプ場があるのでそれ用というのか、 道中あちこちで薪を販売している所があるんですわ。大体250円 キャンプ場内だと何処でもが500円程度しますので、絶対お得です。 道志近辺を目指す人は是非。
  
  
  
  
  

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/09/03(木) 07:03:35|
  2. 山梨・道志の森
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

デイキャンプ:090828

 
こちらからの帰宅後、 翌日にデイキャンプに行ってきました。
  
印旛沼
実は伊豆から帰宅、 1日中日があって次の(平日での) キャンプ・・・ と考えてたんですが、 帰宅後直ぐ用意して、翌日にキャンプしないと駄目ってな日程だったんです。 どう勘違いしてたのか???
嫁ハンも「ホントに行くの??」 と聞いてきたのでスケジュールぎっちりなのが発覚。 そこそこ疲れてるし、 そんな必死こいてキャンプせんとあかんってな義理? も無いので勿論キャンセル。 まぁキャンプって行ってもお手軽オートキャンプ的な、 用具のメンテを主とした物を考えてたんですけどね。

しかし前々日のキャンプでは乾かしたと言っても完全じゃ無いだろうし、 しっかりと乾燥させたい、 メンテ等しておきたいってのは考えてたので、 その意味でもテントとかのメンテだけでもしておきたい! という事でお弁当持って用具メンテ、 デイキャンプにでも行っときますかと! となりました。
  
  
  
  
印旛沼サンセットヒルズ
訪れたのはこちら


印旛沼サンセットヒルズ

千葉県佐倉市飯野町27番地
■予約申込先、問い合わせ
飯野台観光振興施設 TEL: 043-484-1011

良くデイキャンプで利用する家の近くの公園も一面芝生なんでそこで? と考えたんですが、 駐車場とは少々離れてるし、 テント、タープ等を乾燥目的で張ったり並べたりしたかったので、流石にどうかなぁ~という事でキャンプ場に行く事にした。 このサンセットヒルズは比較的家からは遠くは無く(下道で行ったら結構渋滞しよりましたけど) 以前より一度行きたいなぁ~とブックマークだった事もあり、 何度か電話等もした事はあるんですが折り合いが悪く今回初めて訪れたのでした。 (冬季はデイのみ、 2組以上になると泊まりOKとなるので冬季に確認電話を何度かした事がある)
  
  
  
  
フィッシング画像リンク


では 簡単に

左上: トイレです。 キャンプ場外にあります。 普通に手入れされているので簡素に?綺麗です。(水洗)
左下:水場 入口近くにズラッとあります。 (ここだけ) 通常水道、 飲用と分かれてました。
右上: 薪の山積み! 以前は無料だったんですけどねぇ~
右下: 全てでは無いですが、 ウッドチップが捲かれています。


国立歴史民族博物館
各サイト自体はそんなに広く無いです。 昨今のオートキャンプは皆大きなテントに大きなスクリーンですんで、 一杯になっちゃうかなぁ? 一応一杯に広げて車は駐車場へって事も出来るそうです。 今回のデイでは他に利用している方は居ませんでしたが、 繁忙期は沢山人が来るんでしょうか? そうなるとちょっと辛そう・・・。

40ぐらいのサイトがあるんだけど、 せめて2個1ぐらいの広さならなぁ? と思います。 ここでテント張ったとして大入り満員な場合はちょっと息苦しいだろうなぁ~と思う。 まぁサイトの広さは旧規格とでも言うのか、そんな感じですかねぇ。
  
  
  

川村美術館
後 ここの管理人さんはすっごく良い人で、 以前からの問い合わせ時や今回の利用時での対応も良い感じでした。 単に良い人ってだけでなく、 キャンプ場を愛してるとでも言うのか(ちょっと大げさ?) お話してると端々にそんな感じを見て取れましたねぇ。

ただ悪い噂? というのかネガティブ情報というのか、 管理人さんは夜中帰宅してしまうので管理人不在となるそうで 夜中にBBQや花火なんかをしに来る、まぁ無法者とでも言うのか、そういう場面があるってのを他のブログやHPで良く目にする。 利用してる時にそんなのが来て騒がれたら・・・ 一人ならまだしも、 特に子供なんか連れてたらってのもあるので、そんな事を考えるとねぇ・・・(あくまで噂で実体験ではありません)
  
  
  

武家屋敷
タープは張ったけど、 もうテント張るのとかも面倒くさくなって、 芝生の上に広げて乾燥させときました。 当日は日差しも強かったので問題なし。 という事で食事後は色々散策したり虫取りに奔走したり・・・ だけどセミやとんぼを捕まえてやるとワーキャーと言うだけで逃げ腰(笑) お前らほんとに捕まえたいのかと・・・
  
  
  
HILLS
今回利用させて貰ったサイトはこのような風景で絶景ではあるんだけど、 とりあえず一番良いところ・・・だから他のサイトは景色はそんな良くないかな(苦笑) まぁ今回もデイという事でサンセットが見れる程長居しませんでしたけど、 売りの夕日はこのサイトが一番良いとは思う。

だけど、下が砂なんだよねぇ~(苦笑) テント等のメンテ目的で行ってるのでチョイスする場所では無かったと反省。 日差しも強かったし・・・(狙って奥に行けば木陰も沢山ある)
  
   
  
  
SUNSET
住宅街を一本入るといきなり田舎風景、 その先にキャンプ場という感じでなかなかユニークな所ではあるかな。 管理人さんは良い人だし、 キャンプ場の管理も行き届いている。 ただ上記した噂があったり、 売りの景色を堪能出来る場所は少なかったり、 ちょっと各サイトが手狭かなぁと感じるってのもある・・・ そうそう以前は薪を使いたい放題(無料) だったんでこりゃ良い! と思ってたんだけど、 無駄消費する人が多かったんでしょう(そんなDQN記事も見た事がある) 有料になってしまったのは非常に残念だ。 そんなサービスしてる所ってなかなか無いのでね。

キャンプ場前の道路にバス停があって、 本数は少ないらしいんだけど上手く合致するんだったら電車キャンプなんかに使えるかなぁ? なんて思ったりもしてます。 そんな遠くも無いと思うので駅から歩くってのでもいいしね。 ただそうなると一人だと4,000円ってが少々ネックかなぁ~ (今回のデイは2,000円)

何てな事を考えながらキャンプ場を後にしました。
  
  
  
[デイキャンプ:090828]の続きを読む

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/09/09(水) 00:35:32|
  2. 千葉・印旛沼SH/AC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

キャンプの後ネタ

  
今夏のキャンプでのインターバル撮影ネタ。

オートキャンプなんで機材その他を持って行く苦労って特に無い。ばちっ良い景色だったのでセットして撮った物を繋げただけなので大した映像でも無いですけどね。
 
 
 


こちらは一日目 に撮影した物。 天気もそんなに良く無いので明暗の差が激しくコンデジのオートでは少々辛い状況でしょうか。 まぁ平凡な微速度撮影物って感じですね。
 
 
 
 



こちらは二日目 帰る日の朝ですかね。 子供に蹴られた後目が冴えて眠れなかったので早めに起き出したら雲に変な筋が・・・ これも撮っとこうとなってあわててセッティング。 朝早いうちから日が照る辺りの午前中、こちらも曇り空も多いが、 個人的には非常に気に入った映像にはなった。

まぁカメラセットして置いてあるのを繋げただけだったが、 そんな映像も飽きてきたというか何やろ?起承転結が無いっつーか、 歌で言うサビが無いねんなぁ。上記の気に入った映像が撮れたのでちょっと冗長なインターバル撮影は止めてもうちょっとネタを考えて撮るようにするとか、 あるいは今後は編集とか凝る? あぁ音の問題とかもあるなぁ~ とかちょっと考える事が出てきたかな。

映像用ソフトも含め少々ステップアップする?って考えもあるんだけど、あれこれ言いだすとお金も時間もかかるし・・・ この辺りのポン付けの映像撮って楽しんでる辺りが楽ちんって見方もあるし・・・

微速度撮影しかり、ビデオ編集しかり、すげぇ~燃えるもんでも無いんだよねぇ~ インターバルは面白いかな? 程度で始めたし、子供のビデオは単に実家に送ってあげる為だけのもんやし・・・ なので「やるぞ!」とかは余り無いんです(苦笑) それに子供のビデオとかもいっぱい編集せなあかんの残ってるし・・・ 何やろモチベーションはどう上げれば良いのかな? 観てもらいたい? あっと言わせたい? いや特にそんなクリエイティブ魂って無いんですよねぇ~(苦笑)
  
YouTubeの凄い映像とか見ても、勿論凄いなぁ~ とか思うんですけど、これ作るの大変やろなぁ~ってな感想にもなってしまうし・・・
 
 
  
え~ 本日のブログは愚痴ブログ??
 
 
 
 
 

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/09/17(木) 12:26:40|
  2. キャンプ 雑記etc
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

軽登山に行ってみた

  
 せっかくトレッキングシューズも購入した事だし早速使ってみよう! と軽登山に行く事にした、天気も良いようだし。

まぁ実際はキャンプとかに行きたいんだけど、子供も大きくなってくるとやれ運動会だ、参観だ、 はたまた結婚式だ何だとイベントが続き自由に休日を使う事が出来ない。(土日天気悪なんてのも多いし) という事で来週、再来週と既に土曜日は押えられてるのでココしかない! って感じでお出掛けしてきました。
  
  
  
 
軽登山
という事でほぼ始発で出発なので暗いうちからの行動。 まぁ始発で出発サクッと散策、飯食って紅葉写して昼過ぎにでも帰ってこようってな予定です。 予定地は千葉・鋸山、ケーブルカー等の施設もあり、そこそこの観光地なんだけど軽トレッキングコースもあり、 まぁ初心者でも問題無い所かなとチョイス。
  
  
  

軽登山

こちらは出発点がある JR.浜金谷駅 小一時間? と考えていたが出発駅からは2時間半。 電車が結構疲れたw 山を目指すんだけど、 駅からは海が見えます、そんな所。
  
  
  

軽登山
駅から出発、 民家を抜け、ここから散策路だよ~の看板を抜け結構な斜頚を歩いて一汗かくわけですが、 ずっと舗装路。 「ふぅ~ しんど」 となった所でこの看板・・・

あっここからがスタートなのね(苦笑)
  
  
  

軽登山
山道スタート時は多くはこのような感じの石畳? つーのか、まぁ足場は確保されている感じ。 多分駄目なんでしょうけどがんばってしまう性質で、えっちらほっちらとマイペースで登るんで少し進んだ所で椅子があり、喉も渇いたので小休憩・・・ 汗が異常な程に出ます。 ゆっくり登ろうとカメラを肩に掛け登ってる訳ですが、 カメラ構える余裕無いし、 下手に休憩入れると動けなくなる? と又がんばる訳ですし、 途中でも汗ボタボタで吐きそうになるし・・・ あぁ歩いてるよりも遅いスピードなんだけどこれ全力疾走続けてるのと一緒なんだなぁ~と。 確かに運動場で全力100mを何本も走ってたら吐きそうにはなるなとw

とりあえず休憩場があると座り、水分を取るようにしてるんですが、休みすぎると動けなくなる? ってな危惧もありまたがんばって進みます。 まぁあれですは最近ウォーキングとか頑張って歩いてますけど、 全く役にたってません。 いやそんなウォーキングとか無かったら死んでる? ってなもんで(笑)
  
  
  

軽登山
階段を登って登って登って・・・やっとこの石切場跡という鋸山の観光名所? 的な所へ到着。 もうヘトヘトで、体中から湯気がもくもくですw どんだけ汗かいてんねんやろ。
  
  
  

軽登山
道標が示す通りに観光地側へはそこから下る、 左に行くと展望台となっている。 殆ど死に掛けてるのに観光地側なんか行ってられるかいなとさっさと展望台側へそして休憩してさっさと帰ろうと・・・ しかしまそちら側でも階段階段階段。 正味の話、 死に掛けの顔してただろうし、人と会いたく無いなぁ~と。 いや声掛けられても答える気が無いというか、 無理ですからw
さらに進むと道、階段が細くなっているので看板に「ここからはすばやく通り抜けてください」やと


ぜったいムリーーーーー(笑)
  
  
  

軽登山
まぁそこそこ上の方まで来てるのか木々が開けた所ではこのような清涼剤となり得る景色が見れます。
  
  
  

軽登山
出発駅 JR.浜金谷駅近辺・・・ 多分。
  
  
  

軽登山

という事で「東京湾を望む展望台に到着」そんなに高い山ってな認識は無いんですけど、このぐらいの景色が望めるんだったら個人的には満足ですわw ハイ。
  
  
  

軽登山
この後は登ったり下ったりなので何とか足も動きます。 という事で頂上へ。 329m 完全に舐めてました。 まぁ直線距離でなく右に左にと歩く、登るのでここに来るまでには何kmと歩いてるんですけどね。 つーことでここでも着替えたいのでとりあえず休憩に留め先を急ぎます。 それにしてもお食事予定地が全然出てきません。w
  
  
  

軽登山
そこそこの上下を過ぎるとなだらかな下りとなります。 まぁ反対からだと登りなんですけどね。 そちらでもそこそこの景色が垣間見えます。
  
  
  

軽登山
もう少し木々は赤いかと思ってたんですけど、 ほんとに一部だけ。 千葉の君津方面は温暖地域と言われるのでその影響なのかな? これだと11月末ぐらいに来て丁度紅葉って感じかなぁ??
  
  
  

軽登山
イノシシ注意看板を結構目にしました。 そのとおり? 登山道真ん中に人間物大のうんちが! いや木の実とかが入ってるので人間のじゃ無いとは思うのですが、 それとも他にあんな大きなうんちする奴いるのかな? やっぱりイノシシ物なのかなぁ? と
大きい奴なんかな? 充分にヘタってるので一撃でやられるやろなぁ・・・
  
  
  

軽登山
という事で結局道が開けてしまったのでそこにあったベンチでお昼にする事に、着替えて湯沸かしてラーメン作っておにぎりを食しました。 靴を脱いでやっとのゆっくり休憩です。 そこはどうやら林道登山口の上り口になっているようでした。 手持ちのトレッキング地図と比べると・・・ どうやらルートを間違えているようでした。 そういや有名な?というか、鋸山の観光地に出てないなぁ~、 ケーブルの山頂駅に着かないなぁ~とは思っていたんですが・・・w

歩いてる途中、1,2度ってな話でなく、これどっち行けば? となる場面が何度もあったんです。 ルートも他にも沢方面ってな看板も見たし。 低山だと舐めてたら道も迷いますってな話なんだろうか? どうやら地図を見比べてみると石切場跡を下っていく事により観光地他、目当ての大仏だとかお寺だとかがあるみたい。 ルート間違えてるし、しかも遠回り・・・ ま、低山で良かったって話なんでしょうかw
  
  
  

軽登山
食事場から後は下るだけ。 道も車道となっています・・・ しかしこの荒れよう。 ここら辺りはまだましな方で大きな石も、道が裂けてる感じな所も・・・ 自分の車ではムリっつうか、絶対来たくないって感じ。 4WDとかだと問題無いんでしょうか・・・

結局ルートを間違え観光地側には行かなかったんですけど、その為なのか登り、下り共に人に会う事はありませんでした。(途中木を担いだプロ? なおじいさんには会ったけど)  低山過ぎて相手にされてない? のか単に人気が無いだけなのか?

まぁ正味の話、 途中足が動かない、 上がらないってな場面もあったりとめちゃめちゃ大変でしたけど、 ジジババではあってももっと高い山、何千メートルってな山を登ってる訳なんで、そんな事を考えると凄いなぁ~ と関心しますけど、 自分はこの程度の所で充分です。 ハイ。 特に鍛えて高山へ! ってな事も考えてません。 ゆくゆくは山でテント張ろうぐらいです、 ですので別にアタック拠点にテント張って泊まって帰ってくるでも構いません(苦笑)

という事でサクッといける低山という事でホームマウンテンとして、まぁもうちょっと紅葉の綺麗そうな時期にでもきましょうかね。 いやでも2時間半掛かるんだったら もうちょっとあちこち手広く行けるのかな? まぁでも人一杯の山なんて行きたく無いしなぁ・・・
  
  
  

保田駅
こちらは到着駅となる JR.保田駅 無人? じゃない? んだろうけど、カーテンがひかれ駅員さんの姿は無し。つー事で汗かいてるので駅舎内で着替え他させて貰いました。 こういう本数が少ない沿線って面白いもんで数十分電車待ってても人の流れなんて無いのに、 電車到着5分ぐらい前になるとあちこちから人が沸いてくるかの如く人が集まってくるんですよねw 電車の到着時刻と、自宅から駅までの所要時間計算が完璧なんでしょうな。
  
  
  
軽登山
JR.保田駅から。 このギザギザ感が鋸山名前の由来だとか!? 一人でおっかなびっくりの軽登山。 ペース配分等反省すべき点は多々なんでしょうけど、 ほんと階段で足が上がらないってのには参りました。
良くTVなんかの体力自慢、対決なんかで最初軽快に腕立てとか始めるけど、 後半はすっぽりと腕立てが止まり、 腕立て体制を維持するのも必死ってな人居るじゃないですか 「どんくさい」「根性無いなぁ」なんて観てますけど、ほんと気持ちわかりました(笑) いや足動かない、上がらないようになっても誰も助けてくれる訳では無いので、 家に帰るには自分の足で歩くしかない・・・ いやまぁそんな死ぬか生きるか?のシビアな山でも無いんですけどね。

まぁ次回はもうちょい紅葉を見計らって? このJR.保田駅側から散策しようかな?と。
  
  
  
歩行記録
この図だとおおよそですけど 2kmから山道スタート、 4kmで食事休憩。 実質2km圏内で登ったり、下ったりもがいてた訳ですな。 いや今でこと「たった2kmかい!」 と笑ってられますが、 当時は完全グロッキーでした。  
  
  
  
鋸山 パノラマハイキング  
  
  
  
  
  



  
  
  
  
  
  

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/11/08(日) 08:53:58|
  2. キャンプ 雑記etc
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャンプをば

 
 ひーさしぶりにキャンプをば。 日、月でキャンプ(月曜は有給) に来てるんですけど、 思った以上に人が居た。 ん~ チト失敗気味。 そんなに広くない所で、 まぁバカ騒ぎするって程では無いけど地味にウザい(お前ら周り考えてないやろ? 的なグループなんで)

 久しぶりなキャンプなのでリハビリって感じではあるけど、 い、いやこんな思いするんだったら別にキャンプ自体せんでもとは思う。

 まー 神経質男の垂れごとですけども。
  
  
  
  

    
   
  
  
  


  
  
  
  
  

テーマ:キャンプ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/08/28(日) 20:28:03|
  2. 千葉・オレンジ村AC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャンプだホイ

 

 景色は良いんだけどなぁ、 周りに左右される身(神経質体質) としてはいまいちのキャンプでした。

( 帰ってきて画像を観たら・・・ orz 白っぽい所、 緑と空の間がオーシャンビュー、 海が見えとるんですよ。 露出完全失敗(iPhoneカメラ) ん~ 飛び過ぎやっちゅうねん。)


 本日は君津の温泉にでも寄って帰る予定です。
  
  
  
  

  
  
  
  
  

   
  
  
  
  

テーマ:キャンプ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/08/29(月) 12:40:21|
  2. 千葉・オレンジ村AC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャンプ : 20110828

 
 久しぶり、 ひっさしぶりのキャンプに行ってきました。 今夏の夏休み一週間のうちにも何処かへ久しぶりにキャンプ!? とは考えてたのですが、 まー あまりにピーカンでしたので流石にへこたれる可能性大。 自分だと何とでも対処出来ても子供がだと大変ですのでそこは素直に海に 行っときました。

 という事で8月末ならそこそこ気温的にも、 夏休みの混雑具合的にも良い感じになってるのでは? と考え有給消化も含めキャンプに行く事に。 しかしながらいきなり気温低下が始まり曇りの雨のとなかなか天候が読めない風に・・・ 結局は少々天気悪くても行っちゃえ的にリハビリ? の意味も含め一泊の予定でキャンプに出発! となりました。
  
  
  

enaPre参上
 つぅー事で久しぶりの enaPreショットから! 既にキャンプ場到着の図。 道中は夏休みと言えど夏が終わりってな時期ですのでそれ程混むでも無く・・・ しかし表示されている渋滞は嫌って一般道をひた走り、 途中で高速に乗ると行った行程を踏んだのでストレス無くキャンプ場に着いきました。 今後の高速というか、 京葉道路利用の布石になる使用方法を開拓って感じかな(千葉ICとか 穴川が何時も混むのでそれ回避)
  
  
  
  

オレンジ村 オートキャンプ場
 

オレンジ村オートキャンプ場
〒295千葉県南房総市千倉町久保1494
TEL・ 0470-44-0780
FAX・ 0470-44-1523
野宮農園

キャンプ場は「オレンジ村・オートキャンプ場」という所。 ここは今回が初めてで房総方面にあるキャンプ場、 家からはおよそ約100kmってな感じかな。 今回利用はしなかったんですが、 キャンプ場から車で5分程度で海水浴が可能との事。 又秋頃から冬季にかけては名前のとおり、 みかん狩り等で結構な賑わいらしいです。

 農園や酪農関連を営む傍らのキャンプ場経営との事で、 電話等での問い合わせでも、 イン・アウト等は「適当に入って適当に帰ってください」 的な大らかな受け答え、 まー アバウトな感じではある。
  
  
  
  

サイトからの景色
 そもそもキャンプ場が高台に位置していて、 そこから更に段々畑的に(奥にも結構ある) 拡がっているので、 なかなか景色は良いぞ! チト遠いですけどもオーシャンビューなキャンプ場であり、 今回はその一番良い所に陣取った。(全てが見晴らし良いのでは無く、 奥側は木々によって景色は山間のみになる感じ)

 野外での活動なんでやっぱり景色も大事だなぁ~ としみじみ。 (こちらで失敗している画像 と同じ角度です)
  
  
  
  

オーシャンビュー
 望遠で海を撮影するとこんな感じ。 今回カメラはあっさりと 18mm-200mm な便利ズーム一本のみでの割り切った(?) セットで挑んだ。 便利は便利なんだけど、 単焦点レンズに慣れた目には少々画像が甘い感じですかな。

 まぁー偉そうな事言い出しまして(苦笑) でもやっぱりあれこれ撮った画像閲覧してると眠いというのか、 単焦点のようにパキッ とした画は少ないです。
  
  
  
  

受付・休憩所
 こちらはキャンプ場受付・・・ 休憩所となっていますが。 山小屋、 ログハウス的と言いますか、 機能としては所謂休憩所というネーミングの通り、 しかも水場だけで無く冷蔵庫等も配置され、 自由に使用して良いとの事。

 奥の建物は温水シャワーとなりこちらも無料。 今回予想外に暑くなってしまったので夜に使用させて頂きました。 そのまた奥も水洗トイレでして、 これまた綺麗・・・ というのは言い過ぎ? ですけど、 ほらこういったキャンプ場のトイレって虫だらけだったりとか大きいのするのにも躊躇するような所もあるじゃ無いですか、 その点でここは女性であっても無理無く使用出来るレベルでした。
  
  
  
  

下からの風景
 休憩所からテントサイトを見上げるの図。 少し影ですが、 オレンジ色のテントが enasn家が使用したサイトです。 ここが一番低いテントサイトとなります。 後 上に二段程あります。 (段々畑状にというのかな? 計三面あります) それとコテージが3つ, 4つ程点在しました。
  
  
  
  

今回のサイト
 特に意味は無いですけど 今回のenasn キャンプサイト。 「今日は空いてるから、何処でも大丈夫ですよっ」ってな話でしたので、 多分規格的には贅沢にサイト2面程度使ってしまってはいるかな? ま、ま 車動かせば良いだけだけど。
  
  
  
  

テント内
 テント内画像。 多分子供が撮ったのかな? 自分ではこういう視点で撮らないので。 キャンプはチト間が空いてしまった、 自転車物はあれこれ買い揃えてる最中ですが、 キャンプ物で今回新規使用は床マットというのか、 テントマットと言うのかのみ。 そういや最近はアウトドア用品には余り目が行かなくなったなぁ(苦笑)

 テントはグランドシート(ブルーシート)→ テントの床→ ピクニックマット→ 新規導入テントインナーマット→ 空気マット→ 寝袋って感じ。 以前ガタガタ地面 で非常に寝苦しかった思いがあり導入したのですが、 どうしても避けらない場所に出っ張った木の根っこがあり、 そこそこ厚手(コールマン) のインナーマットでしたがそれには効き目はいまいちでした。
  
  
  
  

午前中は空き空き
 enasn家が使用したサイト、 上にもう二段サイトがあります。 右側に小さく写っている黄色いテントが三段目 昼過ぎまでこんな感じでまったりゆっくり出来たんですけど昼過ぎにちょこちょこと人が来よりまして、 この奥側に一家族、 二段目にも来よりました。

 何ちゅうんですか? そら神経質男ではあるんですけど隣や近くに来てくれるなとは言いませんけど(思いはするけど) 隣に位置するならそれなりの作法というのか、ルール言うのか、 マナー言うのかあるじゃ無いですか、 家も下の子はまだ一年生なんで夜は声のヴォリューム下げるって事がまだ不得手です。 上の子(四年生)はちゃんとやります。 無論小さい頃から指摘、 指導してるから。 下の子はそらしゃーない思います・・・ 勿論「シー」とか「声小さく!」は言いますよ、 少なくとも俺は言うし、 嫁ハンも注意してます。 二年生、 三年生ぐらいにでもなりゃ出来るんちゃいますか? えぇそんなもんキャンプじゃ無くても当たり前や思います、 マナーというのか、 躾の範疇ですわな。

 で、 隣の家族も四人子供はそこそこ中学生、 高校生ぐらい? 昼も夜もまーったくヴォリューム絞りません。 特におばはんが一番五月蠅い。 夜になるとアルコールが入るからか? 夜故に辺りが静かになるからか一段と五月蠅い。 もうね

「※ね!」

 思いますよ、 えぇ思うだけで言わないし実力行使はしませんけどね そら。 なんか逆説的ですけど、 注意されている自分所の子が可哀そうに思いますな。 いや注意してんの自分ですけど・・ ほんで何やしらんけどずーーーーーっと車アイドリングしよるんですわ、 何や? 何かエンジンかける必要あんのか? クーラーかけて涼んでるんか?? はぁ?

 まー結局その後はお出掛けみたいでしたけど、 30分ぐらいはエンジンかけっぱなし。 あんたの所はそれが普通、 出発前の儀式? なのか知らんけど、 屋外でしかも横でそんな事されると「くるくるパー家族?」と思ってしまうでしょ・・・ まー臭いとか、 排気ガスがこっちにくるって事は無かったのでゴチャゴチャ文句言うのもヤなので結局ゴミ捨て等こっち動いて避けましたけど・・・

 でね、 そこそこ上記だけで最悪の部類なんですけどね自分的には、 隣の家族はまぁ言うてもそれ程気にならんというか、 ムカつきはしませんでした。 なんでか? 言いますと 家の上段側になる二段目にもバカ家族が来たから。

 これがねぇ 声が大きいとか取り立てて非常識だとか無いんですけど、 取りあえず車のドアをバタンッ バタンッ やりよるんですよ。

 普通ね バタンッ キャンプ場着いたら バタンッ 車の中から荷物出して、 テント立てて バタンッ タープたてて机と椅子 バタンッ 出して バタンッ ふーっ 休憩! とか言って バタンッ まったりとして、 だいたいその行程が1時間ぐらい? いやキャンパー毎で時間 バタンッ 違うでしょうけど バタンッ その後はまー 車触る事って バタンッ 余り無いじゃないですか、 あっ忘れ物 バタンッ とか あれ何処やった? あぁ車 バタンッ の中や バタンッ とかそんな話じゃ無いですか? それをその二段目に陣取った バタンッ 奴らは バタンッ 何せドアをバタンッバタンッ やりよるんですわ、 もう嫌がらせ?? バタンッ ってな具合に。 そんなもんこちらのサイトの斜面登った直ぐ上に車があるんですよ? 少し考えたら煩いとか バタンッ 迷惑とか考えられへんのかな? バタンッ ほんと5,6mと離れて無いん バタンッ ですよ??

「ほんま※んでくれ!!」

 思ってましたよ、いや願ってましたよ正直。 バタンッバタンッ やられる度に。

 どうでしょ? バタンッ バタンッ 臨場感感じて貰おうかと文中に混ぜ込んでみましたけど? えぇ全く大げさじゃ無くそんな頻度でやられるんですよ、 テント立ててる間かな? テント立て終わったら終わるかな? 準備OKとなったら終わるかな?

 ちゃうんです 頻度なんか減りません・・・ 終始やってるんです。 ドアの開け閉めタイミングなんてランダム 何時やられるかなんかわからんし、 一晩で胃潰瘍にでもなりそうな雰囲気ですよほんまに。 いやほんまに死ぬまでも無いけど(苦笑) 何をそんなドア開閉する必要があるの? ってとくと理由聞いてみたいですわ。 つーかもう車の中のもん全部出してしまえっ!
  

 ほんでね 車エンジンかけて走りだしよるんですわ 時間関係無しに。 「これマヨネーズが合うんちゃう?」「おぉ! ほな無いから買ってくるわ」「あー しょうゆが切れたわ」「おぅ ちょっと行ってくるわ」「アイス食べたく無い? 」「うんコンビニ行ってくるわ」 そんな話、理由があったのか? は定かではありませんが、 頻度的にはそんな感じ。 そもそも夕刻に近い時間にインですもん、 そのお出掛け? も暗くなってから2度 3度と・・・ そんなキャンプ場で車出入りする奴って初めてみましたわ。 つーかねぇ 何がキャンプの必要あんの? あんたら 宿取れば? って感じ。
  
  
  
 どうです?

 えぇ? そらあんたが気にし過ぎ? いやー 解ってるんですよ自分で・・・ 神経質やって・・・ でもねぇ その距離でその頻度でやられたら気にしないでおくとか、 思考から消し去るとか出来ない達なんですよ・・・ えぇある意味では無神経にあこがれるし、 無神経程強いもんは無いなぁ~と思いますねぇ こんな時は。

 簡単な話 自分がキャンプ行かなきゃ良いって話なんですよねぇ でもねぇこれ自分が悪いのかなぁ? それぞれがマナーとか常識とか持ち合わせてたらそんな話はそもそも無いんですけどねぇ、 まー そういう奴らに限ってマナーや常識って 「人其々ですからねぇ」 的な事ぬかしやがるからねぇ

 ちゃうねん お前ら常識のベーシックが出来てへんねん。 基礎が出来てて初めてその上で 「人其々ですからねぇ」 ってなるんじゃ ボケっ!!  
  
  
あぁちょっと興奮してしまいました。  
  
  
  

恐怖の激坂
 高台にあって急斜面を登らないといけません。 これねぇ怖いんです。 そこそこ荷物乗せた車がコテッとコケて転げ落ちそうで・・・ そんな車高が高い車でも無いですけど、 運転してる身ではそんな感覚に陥る時ありまして・・・

 まぁー そんな事になったらそれこそ事件事故ですし、 そうそうあるわけ無いんですけど、 それ以上に enaPreにはサイドスポイラーが付いとりまして(ノーマルです) 急斜面を登りきって左へ旋回! みたいな言わば最悪なシチュエーションがキャンプ場には往々にしてありまして、 このオレンジ村もそんな個所があるんですわ。

 これゆっくりというか ジワっとアクセル踏んで対応出来る個所ならそう悩まんでも良いんですけど、 ジワっと行くと前タイヤが空回りするような坂があって(このキャンプ場では無いですけど) FF車で後ヘビーに重いから前浮いてる?? 的な汗が一気に噴き出しそうになる場面もあったりで、 結局グッとアクセル踏んで勢い付けて登らないとー と、 今回もそんな個所があってグッと出るから車体も沈むし登り切ったら急旋回な個所やわで

ガガガガガガガガガガーーーー
っとサイドスポイラー擦るんですわ


orz

 えぇサイドだけじゃ無くこれまでのキャンプでもそうですが、 底はそこそこ(not シャレ) 擦ってます。 ハイ。

 はいそんな斜面を紹介? がてらの画像なんですけど感じとって貰えますかねぇ? えぇ勿論そんな車のってキャンプ行くもんが悪いですし、 買い換える時は車高その他考えますし、 ローダウンにはしませんし・・・ 贅沢言えるなら 4WDにしますし(苦笑)
  
  
 という事で今回のキャンプは自分的には完全に失敗。 夏休みや言うても最終日曜から月曜にかけてなのでそれなりに人少ないのでは? な読みはあったんですが、 見事に外れ、 且つバカ家族近くという事でしたし・・・

 いや読みはそんなに外して無いんですよ 帰りなんてまーーー 車走ってませんでしたから。 キャンプ場チョイスを間違えたかな? と。 場所的には景色は良かったですし、 値段も安いですし、 整備はそれなりに行き届いてますし。

 海とかが近くてキャンプメインってな感じでは無く宿代わりって感じの人が多いのかなぁ?、 所謂キャンパー という人、 それなりの常識を持ち合わせて"無い" 人が多いのかも? 感があったし、 お手頃価格分利用する人も多岐にわたるだけかもですけどね。

 という事でなかなかおしい所ではあるんですけども、 別日や別季節であっても自分にとっては地雷原が少々多く感じるので再度利用したいってのは余り無いかなぁ~ えぇオーナーさんは気さくな人で夜には落花生持ってきてくれたり、 恒例らしいですけどミルクの差し入れがあったり・・・と嫌いでは無いんですけどねぇ。

 あっ いや牛乳は普段そんなに飲まないんですけど、 搾り立てで飲みやすい美味しいと評判、 折角なので頂いたんですけど、 ホットミルクなんですわ(汗) ほんとに搾りたてだから殺菌等必要な処置なのかも? ですけど 朝から30度に届きそう? な天気良い所にホットミルク入れられても飲めませんわ・・・ 申し訳無いですけど。(なので寒い季節ならめちゃ嬉しいですけど)

  
  
 という感じのキャンプのリポートでした。 最悪なキャンプ = キャンプ場がっ てな話ではありませんので誤解なきよう。 しかし久しぶりのリハビリ的キャンプでありましたが少々トラウマ感が残ってしまったので払拭するまでにはまた間が空いてしまいそうな・・・(苦笑)
 
  
  
  
  
  
  
  

  
  
  
  
  

テーマ:キャンプ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/09/03(土) 08:14:07|
  2. 千葉・オレンジ村AC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ

2017/12 PhotoAlbum

プロフィール

enasn

Author:enasn

雑多な日記、 購入品の無責任レビューなページです。

カウンター

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

アーカイブ

 

booklog

Link

ブログ内検索


全記事表示リンク

全ての記事を表示する