enasn's Page

雑多な趣味ページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ウインカー・フォグ交換

    
 ちょーー 久しぶりの車ネタ。 アクセラの顔、 ライト関連のイジりを一挙に行おうと画策した(正確には個別だと面倒だから) 単に一つ外すと交換処の数珠つなぎ、 ってだけなのですけどね。 まずフォグのライトの色を黄色にしようと。 以前旅行で山の中に入った際 1m先も見通せない霧に遭遇して車買い替えの際は黄色フォグにしよう! と強く思ったのだが購入したアクセラの 15STには最初からフォグが取り付けられていた関係で黄色に拘り物を変更するのは勿体無い、 さすればライトだけ黄色に交換しようと。 で、 フォグランプを外すならその上に位置するウインカー球もステルスタイプでスッキリさせよう! な魂胆。 バックライト等所々LEDがデフォルトで採用され始めてはいるが、 アクセラはウインカーやバックランプ等まだまだ電球が多い。 ウインカーオレンジを駆逐しようと。

 当初は値段はるものの点灯時明るさやステルス具合に定評があったPHILIPS製を購入予定としていたが、 まごまごしているうちに軒並み在庫がなってしまった。 どうやら電球物は在庫限りで生産しなくなったよう。 何処かから在庫が出てきたりするかも? と待ち体制に入ったおかげでこの辺りのイジリが止まってしまった感があった。 しかしこの夏休みにはイジリ完結しようとあちこちのサイトをまわってみるも在庫を持っている所は無いようだった。 今時は皆LED球に注力するようで白熱球は在庫を減らすようですね。 一気にLEDウインカーとするのも良いんだけど、 ウインカーの場合低消費電力故にハイフラ点灯となり、 リレー等を取り付け対策をしないといけなく配線を切った張ったするのはチト怖い。 言うても割り込みだ何だとあれこれ取り付けてもいるんだけど・・・


 
ステルス T-20

 という事でこちら取りあえず白熱球で対策、 それらが切れる頃にLEDに変更する、 として今回はこの2製品を用意した。 まめ電">まめ電 という所のオリジナル品? と PIAA">PIAA の物。 まめ電製は値段もお安く、 真銀バルブなので見た目的には完璧だが、 プレマシーで使用">前車プレマシーで使用 した真銀バルブ、 車検でアウト! となった事は無いが日中に良く乗る嫁ハンの意見として右折待ちをしているとパッシングされる事が何度かあったというのを念頭に点灯テストで暗く感じるなら安全製も考慮してPIAA の物も同時に購入した次第。 どちらにせよ アクセラの場合は前後同じウインカー球(プレマシーは違った) なので前後どちらでも使用可能、 なので不良在庫とはならない。





T20 ステルス球
 取りあえずパッケージから製品を取り出してみたの図。 まめ電製が一回り程度小ぶりだ。 対してPIAA製はオレンジ部分も結構残っている。 この時点では特に優劣は無い。







ステルス球 テスト点灯
 部屋を暗くしての点灯テスト。 まー 言うても電球単体で光らせているのでここで優劣の判断が付く程の差は無い(若干まめ電製の方が光量は少ないかな? 程度) という事で結論として信頼性やパッケージに車検対応を謳っているPIAA製を前部に、 前部ウインカーカバーは透明では無くスリットが入って直接バルブが見えない状態の為オレンジ部分が若干垣間見える PIAA製品には合っているかなと。 まめ電製は後部ウインカーで採用。 後部ウインカーは拡散用? にラインが入っているものの基本はクリアな為バルブが見えてしまうので真銀バルブ取り付けにはうってつけ。 前後では圧倒的に後ろ側の方が交換は簡単なので信頼性含めまめ電製を後ろとした(値段やパッケージ、 製品歴等々トータルに、 そして個人的な考えで優劣を付けただけで、 現状まめ電製品の信頼性が、 と言えるほど根拠は持ち合わせてはおりません)





フォグガーニッシュ外し
 フォグカバーを外した図。 フォグ自体は3本のビスで止まっているだけです。 一連の作業ですのでこの後フォグバルブも交換しますが、 最奥に位置するウインカーバルブから交換します。 現状ノーマルですからオレンジ色がハッキリ見て取れます。







フォグ外し
 これは既にウインカーバルブを引っ張り出してるの図。 フォグ穴から腕を突っ込んでウインカーを捻るだけでこの状態。 以前のプレマシー">プレマシー でのウインカーバルブ交換作業に比べ楽チンではある





イエロー H11
 フォグバルブもLED等へは行かず、 ハロゲンとした。 この辺りは値段と信頼性ですかね。 イエローバルブは色々種類がありますが、 安価で長持ち、 黄色具合も良好と評価の高い IPF">IPF 製の物を選択した。





交換完了
 という事でサクッと交換完了しましたので点灯テスト。 LEDと違って極性等ないのでその点では楽チン。 今回楽チン発言が多いなぁ~ まぁLEDだと一手一手で確認しないと、 な部分がまだまだあるって事でもあるかな? ウインカーの光具合も画像と遜色無いので今回は問題になる事も無いかなぁと思う。





フォグガーニッシュ
 フォグガーニッシュについては自室のクーラー効いた部屋にて落ち着いての取り付け。 製品添付に加え自分でもバンバンに両面テープを取り付けましたので位置ずれとかやってしまうと剥がせなくなるのでね、 ここは慎重に。





アクセラ交換完了
 という事で全て取り付けに交換に作業完了! まぁ銀色の車に所どころメッキライン等がありますから変えた感、 取り付けた感が余りありませんけど、  フォグガーニッシュが付いたおかげで個人的には車幅のワイド感がアップ、 同時に重心が若干下に見えるようになったと思う。 

 まぁ~ 言うてもそんな誰も気付かんか (笑)





アクセラ リアウインカー球
 後部ウインカーに関しては真銀バルブの為効果絶大。 まぁこうやって前後画像がある場合に限るんですけども。

 という事で一連の数珠つなぎ交換は完了。 言いましてもエアロだホイールだと大きな物でもありませんので少ないお小遣いで細かな部分のイジリですから完全自己満部分ではあるのですが、 これで弄ろうと考えていた部分はほぼ完了(記事にしてない部分も多数あるんだけど・・・) 今後は細々とブラッシュアップ、 又は交換、取り付け部分の記事化ですかね、 アクセラに関しては。






フォグランプ 変更後
 昼間画像だけでしたので夜画像の追加。

 画像ではそれ程でもないですが、 肉眼ではそこそこの黄色で光っております。





フォグランプ 黄色化
 地面も含めますと黄色具合もわかりやすいかな?

 運転席からは差ほど効果の程は実感出来ません。 雪は・・・ まぁ降らんので強雨だとか濃霧だとかな場面で効果があれば交換した甲斐があるってな所です。


マツダ アクセラ BM 12
















スポンサーサイト

テーマ:ドレスアップ - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/08/21(日) 08:28:02|
  2. 車・Exterior
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バックランプなど

    
Axela バックランプ
 こちらアクセラがバック時に点灯する部分ですが、 左右色の違い認識出来ますでしょうか? なかなか微妙。

 そう、 そんな微妙な記事となります。

 アクセラ室内灯等はまだ電球が使用されています。 ・・・ そして暗い。 な訳ですから室内灯をサクッとLEDに交換しよう! とあちこちサイトを徘徊しておりました。 アクセラ専用品ってな物もあるのですが値段と相談するとそこはやはり汎用品となる・・・ な、 感じ。

 で、 やはりLEDを取り扱っているサイトですから他にも車で使用される T10、 T20規格のLED電球も多数 「爆光」 「激光」 等と宣伝文句が踊っております。 メイン? の室内灯の前にサクッと交換可能なバックライトを先に交換しましたっ! て話。





LED
 こちら到着しましたLED球、 点灯テスト中 T20 23W 2,480円

 上記した爆光、 激光も良いのですが当然ながら値段も爆価ですので程良い明るさと値段を鑑み、 アルミボディ(ヒートシンクを兼ねているそう) の物が耐久性も良さそうかな? と決定した。 因みにこの商品は 「驚異の明るさ」 が宣伝文句となっております。 色々考えるもんですな。





アクセラ バックライト
 こちらバックライト部分。 特に画像の必要性は感じませんが・・・





Axela 内貼り バックランプ部
 アクセラ・スポーツはリアドア(リアハッチ) を跳ね上げ球を交換します。 捻って外すってな手順ですがやはり一番最初は バキッ と心臓に悪い音大きな音をだしながら、 そして小さな影が飛んでいきます ・ ・ ・ 何か部品(部位) が飛んだ??? w





LED 交換
 サクッと交換。 まぁネタにする程の事でもありませんが、 少々お金掛かってますので w





バックランプ点灯
 取りあえず片方取り替えた所で点灯テスト、 LEDには極性がありますので電球(フィラメント球) と違って正しい方向に刺さないと点灯しません。 ですので上記のLED点灯テストは自宅内で行い 「物は大丈夫」 を確認してからでないといらぬ手間を取ったりします。

 等と偉そうに言ってますが、 さて車体上での点灯テストはどのように ・ ・ ・ 死ぬ気でサイドブレーキ引いたとしても車から離れるのも少々怖いし ・ ・ ・  という事で子供二号を運転席に座らせブレーキを踏んどけ!! で撮影したのがこの画像。

 そんな話をディーラーの人にしてましたら 「バックに入れてエンジン切れば球は光ってますよ?」 と ・・ ・ 。 そ~ なんすか・・ 知りませんでした。





T20 ソケット
 折角ねアルミボディLEDを導入したのにランプソケット部が黒で気にしなきゃ良いんですが、 気にしてしまう・・・ 他誰も気付かんとおもいますけどもね、 という事で別作業時間潰しの合間 こちら でも行った、 ソケット部分を100均シルバーマジックにて着色! を行いました。 画像ではムラムラですが、 勿論二度塗り 三度塗りで仕上げてます。





T20 LED
 おっと光の加減? で塗った感が全くない・・・ w





バックライト点灯
 バックライトテスト点灯方法を伝授頂きましたので無用に点灯画像掲載ですけども、 真っ暗な所で点灯させますと、 確かに 「驚異の明るさ」 です。 上位版 50W、 80Wクラスのはどうなってしまうんでしょうか?

 画像上では電球と色味は違いますが明るさ的には遜色無いですね・・・ 一応LED君の名誉の為にも実際は断然LEDの方が明るいです。





バックライト 交換完了
 でもって後日残りを交換後に撮影。 ほんと画像だけだと前後どちらかわかりませんなぁ・・・

 まぁバックランプが明るすぎても他車に迷惑になるって事は公道上では無いとは思いますが、 だからといって 50W, 80Wクラスまで必要か? とも思いますので値段的にもこの程度が良い塩梅と考えます。

 上記してますとおり画像ではなく実際は非常に明るいですのでバックカメラに映る様は非常に良好。 特に雨の日等は電球だと貞子が出てきそうな暗い映像しか表示されませんでしたのでその点でも明るい LEDに交換したのは良かったです。 ハイ。





マツダ アクセラ BM 9














テーマ:カスタム - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/01/13(水) 20:24:45|
  2. 車・Exterior
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リアバンパーステップガード

 
 今回は若干の大物、 リアバンパーステップガードという品(純正オプションは リアバンパーステッププレート名) 案外前車の enaPreでも荷物の積み下ろし他で傷が付き易いように感じたので納車前から対策を考えたというか、 カバーを買おうと思っていた。 純正は1万2千円程度しますので輸入物や社外品、 オークション等で色々と探していた中で 侍プロデュースという所が販売している本製品、 ステップガードというのが値段的にも、 幅広でリアバンパー上面の完全カバーと両方が気に入り購入となった。

バンパーカバー
 なかなかの大物。 6,500円(クーポン適用) で赤いのは両面テープと LED(T10) のおまけ付。





ステップガード
 納車翌日の話ですのでバンパーもピカピカ。 カバー取り付けで傷が付かなくなる代りにバンパーも見納め。 なんのこっちゃ。 画像で見えるとおり商品の両端にしか両面テープが取り付けられていないので、 隙間を極力無くす感じでおまけの両面テープを全て使いきり貼り付けときました。 





リアステップカバー
 入念な位置決めに入念な脱脂を行い後は勢いで貼り付け体重かけかけ押さえつけときました。





マツダ アクセラ
 はーい 一体化。





mazda axela
 完全 一体化。





マツダ アクセラ BM ステップガード
 上記したとおり純正ガードよりも幅広なのでバンパー上面はほぼガードまた下手にロゴだ何だが無くシンプルな縦ラインのみのあっさり感もグッド!! この縦ラインは位置決めには大助かり (苦笑) 純正の1万オーバーはちと高いかなと思えますが、 半額でこの一体感は良い感じです。 濃い色の車体ですと面積が大きい分少々煩くなり好みが分かれるかもですが。 

マツダ アクセラ BM

















テーマ:アクセラ - ジャンル:車・バイク

  1. 2015/11/07(土) 14:55:08|
  2. 車・Exterior
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

税制シール剥がし PART 2

   
Axcela

 前車 enaPre でも行ったので PartII リアビューの邪魔者排除、 イジリの第一歩、 リスク0、 費用 0

 内貼り剥がしとか、 薄いプラ板でシールの端を ガッ と押せば浮いてくるのでピーッ と剥がしていきます。 残った糊などは道具箱にある脱脂用シンナーをティッシュにとってゴシゴシと。 で、 はい 完了! シール剥がし材? いらんいらん。 ガッチリついてるシールにはドライヤーのが良いです。 ハイ。 

 この後雨も降って後処理も完璧 (笑)




















テーマ:アクセラ - ジャンル:車・バイク

  1. 2015/10/12(月) 07:55:29|
  2. 車・Exterior
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダンパー対策! ダンパーと言っても・・・編:過去記事

  

今回の対策、というかイジリは リヤゲートダンパーなのだ。足回り等は貧乏オーナーなので触れないのだ。 で、対策、イジリと言っても ハッキリ言ってリヤゲート開けないと見えないんです(笑) イヤそれがイイんです。ボディやウィンドウには余りステッカーとかを貼りたく無いが、こんな所なら目立たない・・・というか開けないと日の目を見ないので少々失敗しても OKだし さり気無い主張? としていいのでは? と目をつけたのだ。

何故ゲートダンパーかというと 結構使い古しのドレスアップ(?) で 昔々大阪時代の走り屋軍団(自分は違いますよ:笑) の車ではシビックやスターレット等のハッチバックタイプが多くリヤゲートを開けると皆 赤とか白とかボディ色に合わせた塗装を施し、さり気無いオシャレをした車が多くいて ノーマルな黒よりはこんな所にも色を塗ると面白く見た目も良くなるもんだなぁ~と思っていたのを思い出し自分でもやってみようと思ったのだ。

勿論塗装色は赤! 結構目立つし綺麗だし・・・ま、正直に言うとキャリパー塗装を赤で行こうと決めていたので 多分塗料が余るだろうと・・・(セコイ) で、いざ塗装?とか考えると外さないと絶対上手くいかないだろうし面倒だなぁ~ キャリパーも筆塗りだけど そこそこ失敗してるし(笑) 駐車場上にもタレてるし。養生は勿論行うとしてどっかで失敗したら 今度はボディとかに付きそうだから やっぱり塗装は尻込みした。

で、考えた結果カッティングシートを貼り付ける事により手軽にそして綺麗に施工出来るのでは?と考えてた。 色は・・・ 赤? ま、新規購入する訳だから別に赤じゃなくてもよいので 自分的に車イジリは、さり気無くってのがいいので カーボン・グレーなボディ色なんで カーボン調のカッティングシートってあるじゃないの! という事でカーボン調カッティングシートに決定した!(笑) いやリアルカーボンとかでも売ってるけど 高いし しかもダンパーに巻くってな事は無理でしょうから。


 

[ダンパー対策! ダンパーと言っても・・・編:過去記事]の続きを読む
  1. 2008/01/31(木) 22:26:32|
  2. 車・Exterior
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

足元のお化粧だ! キャリパー塗り塗り大作戦の巻:過去記事

  

ここの所 enaPreイジりが随分ご無沙汰であった。 仕事が忙しいから構ってられない。寒いからやってられない。等など、暖かくなっても長期に渡り体調崩したりと よっこらしょとなかなか重い腰が上がらなかった。 ま、いろいろとあったのだが時間も空いた事もありウズウズとなってきた時に さて何をやろう? という所で以前からやりたかった キャリパー塗装を行おうと思った。

ま、他にも色々と構想はあったのだが 塗装を行う = 塗料が必要という事もありホームセンターなんかに行った際には塗料コーナー等を物色するもなかなか物が無かった。このキャリパーは車部品の中でもそこそこ高温になる場所ではあるのでやはり カッチリ色をのせるには耐熱塗料が望ましいからだ。が、耐熱塗料というとやはり実用的な物、表に出る物では無いので 黒、茶、良くて銀ってな品揃えが多数であった。

足元のワンポイントとして塗装するにはやはり 赤とか せめて黄色?ってな目立つ色を考えていたのだ。(ま、ブレンボカラーといいますか・・・ プレマシー用があっても買えないけどね。) タイヤ外したり労力は結構掛かるので特にね(笑) 金色とかの塗料は・・・あったかなぁ~??という事でまぁ明るい感じの色というのを安く購入しようと考え、色々な店舗を回ったのだが全て駄目だった。

車:プレマシー

という事で ディーラーに用事で出掛けるついでに近くにある スーパーオートバックスにも寄り「ヒートペイント:レッド」を手に入れた。 ここはやはりカー用品というかドレスアップ関連の物が多数揃っているのでこのような耐熱塗料だけでも多数あり 赤は勿論 黄色、青色、金銀と何でもござれ状態。 ただ 値段が3千円強。 ホームセンター等にある耐熱塗料は千円強 って感じだったのでやはり高い。 が、無いものは仕方が無い。




[足元のお化粧だ! キャリパー塗り塗り大作戦の巻:過去記事]の続きを読む
  1. 2008/01/30(水) 22:42:11|
  2. 車・Exterior
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2インチアップだ! アルミホイールがやって来たの巻;過去記事

  

車:プレマシー
アルミが17inchになった。 再三というか口が酸っぱくなる程言ってが (笑) 基本enaPreは貧乏イジりがメインなのだがここでアルミホイルという大物が登場した。 それもこれも家族主義グループでお会いしたウエッちさんが安価で譲ってくれたからだ。 ウエッちさんはAutoEXEフル仕様を身に纏い、プレマシーを超越したプレマシーに乗っている。



車:プレマシー
こんなの

それでは飽き足らず更に進化し、かっちょよくて見るからに高そうなホイルを購入されたのだ。



車:プレマシー
こんな感じの。

という事で旧17inchを下取りに出すという訳だが 下取りの足しにもならない価格で譲ってくれるという太っ腹加減。 ウエッちさんには後光が差していたのであった。 ウエッちさんに幸あれ!



という事で早速 土曜の夜に大黒PAで待ち合わせ ご存知?土曜の夜という事で大黒PAは小僧ども(一部大人も) でえらい事になっている訳だがその喧騒を他所に闇夜で人目をはばかり闇取引が遂行されたのであった・・・


車:プレマシー





[2インチアップだ! アルミホイールがやって来たの巻;過去記事]の続きを読む
  1. 2008/01/29(火) 23:46:51|
  2. 車・Exterior
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

見た目スッキリ課!その9 車高もスッキリ編:過去記事

  

車:プレマシー

今回の対策でExteriorに入れるのはどうかな? と考えたが 交換第一理由にタイヤハウス内の空間対策が一番に来るので やっぱ見た目?という事でここに入れる事にした。 車高調・・・ とは流石に手が出ないがスプリングぐらいなら何とか!! という事でローダウンスプリングをいく事にした。

まず タイヤハウス内空間が広いのでそこの対策、ダウンする事により車も引き締まって観えるだろうと・・・
良い仕事しているプレマシーの足回りだが、コーナー毎でのロールももう少し、抑制したい。
特に高速なんかでスピード出してて ギャップというか 段差的な物にのった時のフワフワ感は無くしたい

なんてなのが主な理由。

バネだけで全部を抑制するというのはなんとも 貧乏くさい話だが・・・ ま、手始めにね。

 


[見た目スッキリ課!その9 車高もスッキリ編:過去記事]の続きを読む
  1. 2008/01/25(金) 15:32:54|
  2. 車・Exterior
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

見た目スッキリ課! その8 アンテナ部を考える!:過去記事

  

ひっさしぶりに復活したスッキリ課! しかし部品を変えるだけなので大して労力は掛かっていない。案件はテール天板にあるアンテナ。 以前 プレ雑記のネタにもしたが多くの車種での汎用品(だと思える) なので いまいちパッとしない。そんな事を考えなければパッとしてなくてもいいのだけど 考えてしまったから大変。 あ、あれも一緒、 それも一緒この車も一緒や~と思ってしまう始末 ・・・ 。 まぁそこまで大そうに考えてないけど・・・

逆に言うと どの車も一緒という事はカー用品店に置いてある取替え用アンテナもポン付け出来るだろう、他車種の物でも流用出来るであろう事は安易に考えられたので あれでも無い、これでも無いと 今度は流用目当てで他車のアンテナに目が行くのであった。(笑)

てな事を考え中に半年点検でマツダに訪れた際 車を見回すと・・・



車:プレマシー
あ、ありました~ Newロードスター 根元から先にかけ ほっそりとし 棒状へ、 そして頭にポッチが付いた これぞアンテナッ!ってな形状のアンテナが付いているのだ! これはいい! そう プレのアンテナは多くの汎用品 同形ぐらいはまだいいとして寸胴な棒が付いているだけというのが少々許せない。 このロードスターのようにスマートであれば変えようとまでは思わないのだ。

 
という事で早速外すとネジ式 展示車のプレマシーに持って行くと取り付けOK!(笑) という事で早速注文! となる所なのだが しばし問題が・・・





[見た目スッキリ課! その8 アンテナ部を考える!:過去記事]の続きを読む
  1. 2008/01/25(金) 13:38:29|
  2. 車・Exterior
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

見た目スッキリ課! その7 ハイマウントランプ塗装:過去記事

  

苦節三十年(嘘) スッキリ課最終項目?とりあえずスッキリ課の当初の計画で自分で対策、触れるであろう部分の最終項目となったハイマウントストップランプの赤にスモークを添付する。このハイマウント部分はリアルーフスポイラーの陰となりそれ程目立つ部分でも無い、よってスッキリ課対策作業としては最後になった。 ここはサイドマーカー対策同時期に対策を行おうと思っていたがサイドマーカー対策での少々失敗により結構後回しとなった。 やはり直接スプレーは怖いのである(笑)

スプレーでの対策が怖い故にここは窓用によくあるフィルムを張ったりすれば良いかなぁ~等と漠然と考えていた。 前車で施行した残りがまだ部屋にあるからだ。 まぁ構造解析を行っていなかったのでそのように考えていただけだが 第三回お茶会で 既に政さんが対策をおこなっており聞くとランプはサイドマーカー 同様 外れるよとの事。 家に帰り早速ドアを開け見てみると板を外しレンチを用いれば外れる事が確認出来た。




[見た目スッキリ課! その7 ハイマウントランプ塗装:過去記事]の続きを読む
  1. 2008/01/25(金) 12:57:31|
  2. 車・Exterior
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

見た目スッキリ課! その6 前部ウィンカーバルブを換えてみよう!:過去記事

  

車:プレマシー
徐々にスッキリ課の手によりスッキリさ加減を進化(か?) しているenaPre。そうなると前部ウィンカー球のアンバー色が少々気になる。まぁ自然の摂理である。(?) 他の車種のようにアンバー色カバー殻割りとかカバー部そのものをクリア等に交換等の手間やお金が掛かるような事は無くバルブ交換のみとなるのでその点では助かる。 (あっ! お金掛かるか)

そのうち前部ウィンカー球も換えたいなぁ~ 等とは思っていたが 後部ウィンカー球2つで スッキリ課予算は圧迫されていたので早急にという気は余りなかった。 そんなある日ジェームスでうろうろしていると見た事が無い ステルス球を売っていた。




[見た目スッキリ課! その6 前部ウィンカーバルブを換えてみよう!:過去記事]の続きを読む
  1. 2008/01/25(金) 12:35:19|
  2. 車・Exterior
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

見た目スッキリ課! その5 オーナメントはずし PART2 :過去記事

  

車:プレマシー
 
少々時間が取れたぞ! という事で時間が取れる時にやろうと思っていたのはオーナメント外し。地味に時間が掛かるからだ。 季節は涼しくなり車イジりに適して来たとはいえ、外で長時間作業をするのは身も心も凍えてしまう。真冬になってしまう前に終わらせたいと思っていたので天気が良く2,3時間時間が取れる時を待っていた。 作業日の天気は良く それでいて天気予報上明日は雨となっているので洗車はちょっと・・・と思ったのでオーナメント外しを行おう!という事になった。

主な取り外し方法は スッキリ課2「Premacyオーナメント外し」で過程を述べている。 ので取り外そうと思う方はそちらが詳しい。 今回は後から向かって左側にある「mazda」のオーナメントだ。

所で 「Premacy」も 「mazda」 もオーナメントという言い方で合ってるのかな? 昔はエンブレムとかも言ってたような気がしたし・・・ と少々疑問に思ったのでちょっと検索。

オーナメント [ornament]
(1) 飾り。装飾。
(2) 装身具。腕輪。首飾り。

エンブレム [emblem]
(1) 象徴。象徴的文様。寓意画。視覚的形象において直示的ではなく表現されている物や意味のこと。
(2) 紋章。記章。特に、ブレザーの胸につける校章など。ワッペン。

他に検索文字 (言い方) あるかな? まぁ上記を見ると社名でも車名でもオーナメントという言い方でいいのかな。 で、例えば真中に付いてる大きな「かもめマーク」 等はエンブレムという事になると・・・という事でここではそういう事にして話を進めていきますので 真意をご存知の方はご教授ください。


日本語の勉強が終わった所で早速作業にかかる。 「Premacy」オーナメントに比べて 外し作業が遅くなったのに実は訳があって今回の「mazda」側オーナメントにはピンが2本出ているという。 という事でボディ側にもピンに合わせて穴が空いているとの情報を得ていたからだ。「Premacy」オーナメント側で述べてるようにさっさとスッキリ化、洗車容易化を行いたいと思っていたのに穴が空いていてはちょっとカッコ悪いし、何処まで穴が空いているかも判らないので躊躇していた。

外さない案も含めて色々と考えてはいたのだが、例えば 花沢パーツ などで 欧州仕様(でいいのかな?) Premacy名 「mazda5」化を行っている方も多いのはやはり穴が空いてるからという事もあるのかな?しかしながら自分はオーナメントが邪魔だと思っているのでそのような 文字列が増える的な事はやりたくなかったので 「mazda5」案は却下。やっぱり少々大きな「mazda」オーナメントを取り外し、ディーラー その他オートバックス等で穴を塞げる程度のプレート系の物 (文字列不明、mazdaspeed辺り?) を貼ろうかと考えていた。

そんな事やあんな事(ムフッ) とかを考えながらの帰宅途中ご近所にファミリアセダンが止まっているのだがそれを見た時に 「これだ!」 という案が思いついた。穴を塞げる程度のプレート系を考えてたのは上記したとおりだが だいたいこれぐらいだろうなぁ?? と思っていたサイズとご近所ファミリアセダンの「mazda」オーナメントが ほぼ同サイズだった。 穴が空いているので オーナメント外しはあきらめてオーナメント"縮小化" を考えたのだ。 同じ字体なので 結局隙間に汚れ等が入り込んでしまいその辺りを綺麗にするには時間が掛かったりとやっぱり洗車の邪魔となるが 穴そのままも何なので 少しでもデカいmazda から小さい物に変更して気持ちスッキリ感を出そうという事だ。




[見た目スッキリ課! その5 オーナメントはずし PART2 :過去記事]の続きを読む
  1. 2008/01/23(水) 22:39:08|
  2. 車・Exterior
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

見た目スッキリ課! その4 サイドマーカーの対処をしよう!:過去記事

  

プレマシー:サイドマーカ
今時の車の仕様であれば サイドミラーウインカーがせめてオプションにでもあれば良かったのだがプレマシーのサイドマーカーはしっかりフェンダー。 そしてクリアというか白だ。近くで見たら存在感あるし 離れて見てもポツンと鎮座している。銀、又は白の車体だったら気にもしないがカーボングレーでは少々目障りだ。 よって対処する。 カーボングレーの場合ウォッシャー液出口を同色化等やらなくて済むのでいいのだがその辺りはトレードオフだ仕方ない。スッキリ課は黙っていない。

対処方法は非常に安直。 スモークスプレーでシューっと塗る事にする。




[見た目スッキリ課! その4 サイドマーカーの対処をしよう!:過去記事]の続きを読む
  1. 2008/01/21(月) 21:46:21|
  2. 車・Exterior
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

見た目スッキリ課! その3 バルブを換えてみよう!:過去記事

  
プレマシー:テールランプ今回のスッキリ課職務はテールウィンカーランプ。これはもう誰でも出来て1コーナー作る程の事も無いがその変わり少々の予算が必要。 少ないお小遣いを使ってバルブを購入したのでネタにしない訳にはいかない。という事で強制的にウィンカーランプ。

貧乏イジりページとしては単純に購入では少々面白くも無い。なんとか安く、又は簡単にクリアテールのアンバー隠し処理が出来ないか?と調べると 銀ペンで塗ったりとかそれ用のスプレーがありシューっと一吹きとか・・・。銀ペンは完成度が低いし スプレーは後々使えるとしても1本が結構な値段のようなのであきらめた。又、塗りで済ませて車検非対応ってなるのもいやだし 何より 周りの車に自分の意志を伝える道具であるから見え辛くしたくもなかった。(うむいい心がけだ)

クリアテール部分をスモーク処理というのも考えたが ちょっと品がなさげっぽいし 1,2回車検通した後にでもやろうかな (最初から余りやりたくないし 誰か人柱登場を期待しよう) という事で単純に ステルスパルブを購入する事にした。

ステルスバルブは高い! これってアンバー色を隠したいが為だけにあるような物で凄い本末転倒商品ですよね? まだまだ使えるバルブを取り外してステルスを付ける。 凄い贅沢行為。 お財布に優しくないなぁ・・・
(じゃやめとけよ・・) どう考えても嫁ハンには理解し難い行為の為 enasn家予算の認可は下りるはずもない。

という事で仕方が無いのでスッキリ課の月度予算を捻出する事にする。向かった先はジェームス(ジェームス好きだなぁ おぃ) 後側 12V21wガラス球は2種類しかなかった。値段は1個入り、2個組ぐらいな違いなんで1組分購入するとどちらも似たようなものなので バルブ自体の見え方? 色具合を比べる(微妙に違いがある) がどちらも微妙にアンバーが残り見え隠れする物だった。 これはバルブ自体を付ければ周りの反射板と相まって銀色に見えるのかな?あるいは車検対応品を謳うのにはこの程度で仕方無いのかな・・・


プレマシー:テールランプ
で結局こちらを購入した。(\2,898 :単\1,449)

取替え作業まで説明する程の事も無く (ほんとは画像等を撮っていない) リアドアを開ければテールランプ部のネジ隠しをマイナスドライバー辺りで取れば中のネジを外せばパコンとテールランプ部分が外れるので終了。いちおうランプの向きはあるが外した物と同じに指せばOK

という事でこんな具合になった。スッキリしたと言えばスッキリしたと言えるが 欲を言えばもう少し銀がかって欲しかった。懸念したアンバー残りはバルブをはめてみても変わり映えしなかった。 それよりもバルブの根元部分 (ソケット) の肌色が目立つように感じる。こりゃいまいち・・・ ここは銀ペンでも購入して塗る事とするか・・・・。

ん~ スッキリ度 70%ってところ・・・。


プレマシー:テールランプ





[見た目スッキリ課! その3 バルブを換えてみよう!:過去記事]の続きを読む
  1. 2008/01/20(日) 21:52:09|
  2. 車・Exterior
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

見た目スッキリ課! その2 オーナメントはずし:過去記事

  

プレマシー:オーナメント

今回のターゲットは Premacy! オーナメント外しだ。

基本的に車はスッキリした方が好きだ。 車色はカーボングレー・マイカなので今後も塗れる所はグレー、黒にでも塗って単色化を目指したい。それの作業担当が「スッキリ課」だ! 誤変換じゃない。(笑)

アルミやライト周りはシルバーなのでその辺りは仕方無いと割り切っているがオーナメントは外れるはずなのでそういうものはちゃっちゃと外す。そもそもオーナメントは洗車時に非常に邪魔だ。 最近こそ粉が出るようなワックスは使ってないが経年と共に洗剤や垢が溜まってくる。気になると綺麗にしたい性質なので そうなるとやれ綿棒だつまようじだと面倒くさくなる。前車の時も速攻で外していた。

しかしながら ボディに強力両面テープで取り付けられているハズなので ガラス上のシールとは違い、取り外しには少々気を付けなければならない。 プレマシーの場合は特に樹脂製のドアだしね。

という事で本来なら お湯を沸かしたり ドライヤーで暖めたりとか下準備をするのだが上記したドアが樹脂製なので何が起きるかわからないので今回はパスした。下手して塗装が剥がれたりとかになったら怖いのでシール剥がし剤なんかも使わない。 ま、比較的新しい車であるのでそんなに強固にくっついていないかも?という予想もあったからだけど。

という事で釣り糸なんかでオーナメント裏とボディ間を通して外し、地道に糊部分を除去しようと思ったが釣り糸が無い。 何件か別件でホームセンターに寄った際に釣り糸も探してはいたが 結局1店のみつり道具セットを扱っている所があったぐらいで糸単体を入手出来なかった。 大きめのスポーツ用品店にでも行けばおいてあるのかな?という事で今回は手持ちのテグスを使用した。

テグスも平たく言えば釣り糸なんだろうけど以前に購入したお店のコーナーが洋裁コーナーにおいてあったので多分 洋裁とかアクセサリー(ビーズとか)に使用する物だと思う。強めにテンション掛けると切れるし・・・(物が違う?) 良くわからないけど今回の作業に耐えられれば物は何でもいいので手持ちのテグスを使用しまっす!

オーナメントは一見ピッチリとボディに付いているようだが テグスが通る程度の隙間は空いている。そこへおもむろに糸を通しゴシゴシと後(あるいは前) へ進めていきます。両面の糊が厚く残ってしまうけどキズが付くよりはいいのでゴシゴシは出来るだけオーナメント側でやるように意識してゴシゴシいきます。やっぱりテグスが何度か切れたが思っていたよりは強度があり オーナメント外し業務は完了!

後は残った両面の糊の始末。これが結構性質が悪い。窓シールなんかだとゴシゴシいけるが下地がボディだけに余り手荒なまねは出来ない。 ここでは主に紙製ガムテープを使用した。粘着面をペタペタと残った糊に付けていく感じ。 最初は気を使ってボディとかに当たらないようにやっていたが時間が掛かるのでそんな事も気にしなくなった。

根気良く続ける事数時間。 なんとか「ついさっき外しました」とは見えない程度まで作業は完了した(まだ少々残ってる) がその頃には辺りは真っ暗。 もういいか?と思いつつ残った糊をティッシュか柔らかウエスで押せば取れるのでは? と思い実行したのが運のつき 最後の最後で傷というか線を付けてしまった。不覚。

という事で次回 時間が取れる時に残りをやるつもりだったが コンパウンド処理という仕事も付加してしまった。



プレマシー:オーナメント
こんな感じ。

  1. 2008/01/20(日) 21:02:41|
  2. 車・Exterior
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

見た目スッキリ課! その1 税制シール剥がし:過去記事

  
プレマシー:シール

プレマシーが納車され走りを楽しんだ後はイジり! がしかしマフラーだとか ホイールだとかお金が掛かる事は現状不可能。 何せ車を購入した事により 財布も通帳もすっからかんだからだ。 という事で全くと言っていい程お金の掛からないイジり第一弾として後窓に貼られているシール剥がし。

この後窓に貼られているシール、「平成17年排出ガス基準」と「平成22年度燃費基準」 結局燃費がいいですよ! 税金安くなりますよ! 的なほぼ車アピールな訳だがオーナーにとっては全く無意味。そんな事は知ってるし税金も引いてもらうから。 しかもグリーンやブルーである為 バックビューがガタガタだ。早速剥がし作業に入る事にする。

心配無用 シールを剥がしたからといって軽減税率が変わるという事は無い。安心してサクッと剥がそう。 対象となるシールは3つ。 グリーン税制の緑、低排出ガス(★)の青、ディーラ名シール。車庫証明シールは契約時に重々貼ってくれるなと言っておいた。 あんなもんは車検証と一緒に持ってればいいのだ。(怒られても責任持ちませんが) ディーラ名シールも貼るなと言っておいたのだが 貼ってやがる。 しかしそれはほぼ納車時に貼ったとみえて 0.5秒で剥がれた。

税制シール等はある程度貼ってから時間が経っていると見えてそう簡単では無い。しかしボディに貼ってある物でも無いので気楽に剥がせる。 軽いキズぐらいならガラスコンパウンドでOKだし シール剥がし液なんかも使用出来る。スクレイバー等は今やホームセンターとかに行かなくても 100円ショップに置いてあるし、シール用なんてものまである。まぁ普通はスクレイバーで取れるのは透明部分と良くて本体部分。 やはりenaPreも 糊跡が少々残ってしまったが 後は時間の問題。シール剥がし剤を付けたり、消しゴムでコスったり、指のはらでうねうねしたりなんかしてれば剥がし完了。 色シールが無くなっただけでスッキリとした。次はオーナメントがターゲットだな スッキリ課としては!!


  1. 2008/01/20(日) 20:49:26|
  2. 車・Exterior
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016/2 PhotoAlbum

プロフィール

enasn

Author:enasn

雑多な日記、 購入品の無責任レビューなページです。

カウンター

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

アーカイブ

 

booklog

Link

ブログ内検索


全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。