enasn's Page

雑多な趣味ページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2013夏休み1

 もうお盆も過ぎちゃったのですが、 家は毎度の事ながらずらして夏休み取得しますので先週の話(8/7) になるのですが、 夏休み旅行の話をば。 まぁ家の旅行備忘記みたいなものなのですが。。。

 さて夏休み何処行こう??となると夏はやっぱり泳ぎ!! となる。 当然海とか行きたい所ですが、 昨今何が浮いてる、 流れ着いてるやもしれんのでねぇ。 距離的な物や潮の流れ他、 あれこれ鑑み 千葉の海なら問題無し! とは言われる、 そうは思いますけど机上論では? という思いもある、 机上論で言うなら福島第一も 絶対起こりえない という状態が今ですからねぇ、 100%安全、 問題無しとは誰も言い切れないし、 例え問題無し! という人も結局責任取ってくれるで無しですしねぇ....。 必要以上に神経質になる必要も無いのでしょうが、 もやもやを抱えながら遊びに行くってのも何ですので・・・ という事でそれじゃ~ プールかなと。

 という事で夏休み少々遠出可能でプール、 シュノーケル他何でも有り結構フリーダムなプール 磯プール をオーダーした。 静岡ですし、 周り温泉宿等ありますし、 ってなもんです。






20130801_1.jpg

 伊豆海洋公園ダイビングセンター 磯プール
静岡県伊東市富戸841-1 
TEL.0557-51-1128(代)


 海に一番近いプール! ってなコピーがあるプールです。 この画像も子供用プールに入っている状態で撮影しています(先に見える岩場がダイビングコースになっているようです) 多分このプールは三度目になるのかな? 千葉のプールのようにイモ洗い的な物はありません。 (夏休みといえど平日しか行った事ありませんが) プール当日も大そうな人出感はありませんでした。








20130801_2.jpg
 この画像泳いでいるの家の家族だけです(笑) いやそこまで空いているって事も無いのですが、 子供プールの方で宝探しだとか、 鮎つかみ取りだとかの催しがあるので子供らは一斉にそちらに行きますから「別にどうでもいいや」と家の子らはいうので空いたプールを満喫です(いや催しの運用がダメダメだというのを子供らが既に認識してしまっているのかもしれません w)







20130801_3.jpg
 ダイビング関連の練習や資格取得の為の施設ですが、 夏季のみ一般用プールが営業されるといった感じ。 まぁこんな感じでプールテントや後よしず屋根の休憩施設があります。 家は経験者ですので 早めに入ればテーブル(大きなパラソル付) があるのを把握しておりますし、 勿論確保しております(笑)







20130801_4.jpg
 よちよち歩きから小学生ぐらいまでを対象としたプールとこちらの50mプールがあります。 50mは半分が一般に解放されていますが、 小学生低学年では足付かない深さですけども、 飛び込み以外は何やってても結構フリーで監視員にあれこれ指図される感が全くありません。 全てのプールが海水ですので浮力があり、 少々の事が無い限り溺れたりしないってのもあるかもしれませんけどもね。







20130801_5.jpg
 50mの半分はダイビングを始める方の第一教習みたいな感じで使用されていて更に深くなっているのかな。 シュノーケルを使いたい、 子供に使わせたいって思っても普通のプールではまず無理、 海なんかでも使わせて貰えない(千葉だけ?) しかしながらここは何でもOK, いや足ひれ使用もOKってなかなか無いのでは? なので今回も旅行前日に下の子用シュノーケルセットを用意してプールへとお出掛けしました。

 磯プールはね、 そんなフリーダムな自由度とダイビング施設ですので身体を暖める為のお風呂というか、 プールがあったり(一般の人は使用しませんけど) 温水シャワーなんかも沢山ありシャワーを浴びるのに列を成す的な面倒もありません。 まー ここはこれからも夏に利用する施設筆頭ですな(enasn家) 本年も利用した結構お得な クーポン もあるでよ。







20130801_6.jpg
 磯プールを満喫後、 当日のお宿。

中央区立伊豆高原荘
静岡県伊東市八幡野1283番地36
電話 0557-53-1163



 何処からどういう経緯で探してくるの? 発見したの? と思いますが(嫁ハン) 以前は伊豆に会社保険組合が所持する施設があって利用した際に磯プールも発見!! ってな流れだったのだが、 今年はオーダーの磯プール経由で発見したお宿に宿泊となった (えぇ会社施設は本年初め頃売却されてしまったのだった・・・)










20130801_7.jpg
 施設周りの風景。







20130801_8.jpg
 施設内からの風景。 区の施設? ではあるが、 子供用におかしつかみ取りや、 綿あめ機が自由に使用出来たり(夏休みだけかな?) と建物等は立派だがサービスが伴っていないので幻滅・・・ ってな事は無い。 従業員の方は皆挨拶、 子供対応等下手なお宿よりよっぽど長けていると感じた。







20130801_9.jpg
 建物は立派、 区の施設なので予算に余裕が? バブル期等に建設された? いや成り立ちまで知りませんけど。







20130801_10.jpg
 裏庭には鯉が泳ぐ池があったり、 鯉用のエサ等も無料で用意されていてやっぱり子供目線のサービスが地味に充実している。







20130801_11.jpg
 建物内。 そういや部屋の画像が無いなぁ。 廊下に出るとこのようにパッと明るく建物内は清潔感溢れています。 会社保険組合の施設も同じような所、 建物でしたが虫やクモだとかが沢山壁や網戸に張り付いていたりだとかもあったので、 ここの方が清掃他行き届いてるのかな? そういう虫やクモを発見すると 「うゎゎ~」 と大騒ぎするヘタレの家の子にも安心? なお宿かも(笑)







20130801_12.jpg
 夕食の献立。 画像外に一人鍋(固形燃料で暖めるの) があったりはしますが、 正直ボリュームに欠ける部分もあるかな。 海に近い割に刺身とかも少々?? まぁお食事は可もなく、 不可も無くな感じかな。 値段相応ってところ。







20130801_13.jpg
 こちら子供献立。 何故にかっぱえびせんか、 は知りまえんけど・・・ 宿着から夕食時間を計算しておかし等セーブしたのもあり子供らもペロリと平らげていた。 子供らも上は偏食、 下はアレルギー持ちという事で外食、 お宿食というとあれだめ、 これダメってな感じでしたが、 やっと? 普通にだされた物を食す、 になってきてやれやれですわ(朝食はバイキング形式)

 といった感じで夏休み旅行1日目終了。
  
  
 飛びぬけて何があるって程のお宿ではありませんが、 素泊まり+αな値段設定ですからねぇ良宿と思います。 夏季という事もあり結構満杯に近いぐらいにお泊り客はいましたが、 到着時、 夕食後、 朝とお風呂(温泉) に行きましたが人とは会わないし(いや朝は人が入ってきたかな) 部屋の作りもしっかりしているので隣、上下が煩い! なんてな事も無く、 早起き、運転、 日中プールという行程の疲れをゆったりと癒せました!? かな。 一泊した身としては少々の値段アップがあってもお食事を充実させてほしいって所かな。 見た目の値段が上がると対象外にされたりしてしまうのかなぁ? まぁ磯プールと合わせて来年また行っても良いですけどね、 個人的には。


 2日目



















スポンサーサイト

テーマ:家族旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2013/08/17(土) 11:30:00|
  2. ブログ・日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2013夏休み2

 
 夏休み旅行 2日目、 伊豆高原荘 をチェックアウト後向かったのは 体験工房 という所。 宿置きパンフレットにアクセサリーが作れますよ?! 的な物があり、 目ざとく見つけた下の子は勿論 行きたい!! との事。 要予約との事だったが、 お宿近くにあるとの事で移動途中に寄ってみる事に。







 サンキャッチャー体験工房 ぷちそれいゆ
■ぷちそれいゆ伊豆高原教室
■〒413-0232 静岡県伊東市八幡野1204-4ほけきょ庵内ぷちそれいゆ
■9:00~18:00
■080-9491-0557


 下の子(♀) が目ざとく見つけた施設ですのでアクセサリーを作る所だけかと思ったら ほけきょ庵 という陶芸体験施設に併設されている所のよう。 実はメインがこの陶芸の方らしく、 既に3~4家族が陶芸を初めていたが、 アクセサリー側にお客さんはおらず、 予約無しでも今から体験可能との事でサクッとやる事に。 勿論下の子は乗り気だが上(♂) はやる気なさげ(見学だけど) 「陶芸とかやれば?」と聞くも余りやりたくないと...。

 という事でアクセサリー工房を家の家族で占領(苦笑)







 太陽光が当たってキラキラとなっているのが作成するアクセサリーの見本。 元来下の子はこの手の女の子らしいおもちゃのアクセサリー等をイジってるのが好きみたいで家にも沢山あるのだが、 まぁそれらキラキラ弄りの本番といった所か??







 このアクセサリー体験工房の建屋も手作り感満載。 子供はアクセサリーに必死だけど、 待っている身としては、 あれと、これとその部品とをホームセンターで買って来れば小屋建てられるなぁ~等を若干違う所の観察などを・・・ いや建てる土地は無いんですけども。







 必死こいて作るの図。 自分が作りゃ ものの15分程度で完了するかな? な工程もあーでも無い、 この順番じゃないとやってるもんだから結構な時間が。 まぁ体験工房ですので本人にがんばってもらいまして、 難しそうな所だけで手伝ったり、 助言したりな感じで1時間オーバーぐらいの所要時間かな? まぁ待ってる方は少々大変なんすけども、 夏休みの思い出一コマでありゃ良いのかな。







 結構人気があるらしく陶芸側作業台はそこそこ埋まってますし、 予約した者ですが! と後から人も来る。 朝一で行ったので上手く入れたようだが、 予約は必要な所のようだった。 繁忙期でしょうしね。

 アクセサリー作成完了後11時程度でしたのでお昼には少々早いのでそのまま次の宿に向かう事に。 チェックインが早くからでき、 施設内にプールや何やあるらしいので。







 本日のお宿

熱海リフレッシュセンター
〒413-0002 静岡県熱海市伊豆山喜志392-1
TEL 0557(80)4154



 まぁ~結構な山の上というかのか坂の上というのか・・・ 車で行ってますので大変では無いですが、 余りの坂に違う意味で大変。 最近は辺境の地へのキャンプって行ってませんので久し振りに運転しててドキドキもんでした。 まぁ車が坂道で転がり落ちるってな事は無いにしてもそれらを想像出来る坂道だとドキドキもんにもなります。 その実最初に到着した! と思った駐車場がビジター用と発覚、 正規駐車場へ行く際に車底をイヤっちゅう程擦りましたから....... orz

 結局昼飯食さず、 購入せず到着してしまったのだが、 聞くとレストランは予約制、 周りに店舗も無し・・・ という事で結局再度坂を下りる事に(汗) 歩いて行く距離でも無いですしね。 まぁそんなこんなで何度か上り下りで感覚的には慣れましたけど、 ほんとビックリ坂でした。

 結局コンビニ等は皆無ですので店舗でインスタントラーメンとパンを購入、 お湯だけ頂き何とかお昼ご飯としました。







 ここは建物内に太陽光を取り入れた立派な室内プールがあります。 宿泊者は勿論利用可能、 ビジター利用も可能のようです(宿泊客は夜間ナイター時の利用も可能とか) 場所柄ビジターの人が利用するのかな? とも少々思えますが、 ご近所さんなら利用しない手は無いですな。 施設名もリフレッシュセンターとなっていますのでね、 プールのほかに屋内にジム、 運動施設、 野外でもテニスコートやパットゴルフコースだったかな? があるようだ。







 屋内プールですが、 右側にプール左側のは温度設定の違うお風呂、 真ん中ジャグジー画像外に滝湯や立派なサウナ、 ミストサウナ有。 夏休み中利用ですのでね、 お子様プール目当てが殆どですのでサウナとか暖める意味あるのかな?(もったいない) と思うのですが、 勿論誰も入ってませんので一人 サウナ、 ミストサウナのハシゴを何度もしてました(笑)

 画像突き当りの2Fにもラウンジ? だかスナックだったかの看板があり「えっ? お酒飲む所?」 と聞いたら休憩所になっていてドリンク(無料) が飲めるとか、 ラウンジ、 スナックって本来そういう休憩所的な意味合いなのかな?







 室内プール外側にもプールがあれば良いんですが、 そうでは無く露天風呂となっていて泳ぎの疲れを癒せます。 そういや寝湯もあったハズ。 プールの脱衣所と併設でお風呂(温泉) もありますのでプール後にお風呂に入るという事も可能でなかなか便利。

 なんかどういう意味合いで、 どういう辺りをターゲットとした施設なのかちょっと意味不明な点も無いではないのですが、 沢山の種類のお風呂があるのはいろいろな浸かり方、 入り方のコースがあり、 健康促進、 血行促進等を狙ってもの、 そういう意味では繁忙期以外はじいちゃん、 ばぁちゃんがメイン利用、 又 ターゲットとなる所なのかな?? 家は夏休みの旅行という意味での宿泊でしたが、 居心地は良かったです。 身体を動かすというのがメインなのでスタッフ等も若い感じでしたが対応も皆良かったですしね。







 こちら晩御飯。 献立メニュー等置いてある割に余りこだわり等も感じられず食事はそれなり感が。 伊豆辺りの宿泊施設で食事が良い! と思った所って正直無いなぁ。(ここは熱海ですけど) もうちっとええ所に泊まって文句言えって?? いや正直値段張る所は食事が部屋出しになったりで今度は余りに食事タイミングを狂わされて・・・ ってな思い出しか無いしなぁ~ 大人なら飲みで誤魔化せても子供が居たらそうも言ってられないし・・・

 いやここの宿泊施設は値段なりっちゃ値段なりですので大きな声で文句言いませんし、 同じコストでおいしい物食わせろと言ってませんよ、 通常金額で食事がこれなら、 少々アップでも、 もうちとおいしい物食べたいなぁ~と。 特に嫁ハンやお母さん方は年に何回あるか? な食事用意や配膳等しなくてよくて骨休み出来る時じゃ無いですか、 この手の食事だと少々可哀想かなと。







 天ぷらは晩御飯メニューですが、 刺身はオプション。 当日はわたくしのお誕生日という事でオプション頂きました(苦笑)







 こちらお子様メニュー







 ついでに和食朝ごはんメニュー。 和食、 洋食を指定出来るのですが、 家は全員和食でした。 オレンジジュースやサラダはバイキング。


 上記もしてますが、 施設名がリフレッシュセンターですのでね、 何とも無しにリフレッシュ出来ているのか? まぁ居心地は良かったです。 はい。 しかしながら前日のお宿もそうでしたがいまいちお食事がおいしく無いんですよねぇ。 トリップしてるのである意味非日常な訳で口に入れる物皆おいしい、 おかわりガンガンってのが旅先でも常でしたが、 今回は2件とも施設、 スタッフは良かったが食事がどうもね? って感じでした。

 このリフレッシュセンターでもチェックアウト後午前中プールで遊んで食事して帰ろうと考えお昼を予約したのですが、 値段も含めてどれも体裁は整ってはいるんですが、 肝心の内容が解凍チンッ! ってな感じで、 え? 予約の意味あるの?と・・・ 。 あぁ予約なかったら厨房の人はさっさと休憩に入れるってだけ?? って感じ。

 施設や何かはほんと充実してるんですよ、 お風呂系施設やサウナなんかもきっちり火が入ってコストかけていて良い施設だと思うのですが、 如何せんお食事がねぇ。 そこら辺りにもう少し力を入れると値段も跳ね上がってしまうのでしょうかねぇ? えぇ何度も言及で申し訳無いのですが。。。 こんな煩い家族はそう無いのかなぁ? いや家は嫁ハンも同じ意見ですよ、 来年又来ても良いと思う、 しかし食事がねぇ・・・ と。

 あぁ皆特に何とも思ってない、 こんな物だと思ってるからネットであれこれ調べても前日の 伊豆高原荘 にしても、 今回の熱海リフレッシュセンターにしても、 余り宿泊記等が見つからなかったのかなぁ? という結論であれば少々合点がいきますけど、 って感じ。 う~ん あれこれ言うべき宿泊施設じゃ無いって事?? いや施設その他は良い・・・  また堂々巡りや・・・









 適当に撮った適当パノラマ。 部屋からは多分全室オーシャンビューです(夜景はいまいちでしたがw) デザイン面でなのか、 耐震補強でなのか大きな梁が窓外にあるので壮観な眺めって程ではありませんが。 付随して? 窓も開きません。 よってベランダもありませんので水着等の干場が全く無いのは少々困ります(でも脱衣所に水着専用脱水機がありましたよー) 困ります次いでに言うと冷蔵庫もありません(共有スペース製氷機はあり利用可) ドリンク用に保冷鞄は所持していましたので氷を袋に入れて何とかなりましたが、 小さな冷蔵庫ぐらいあってもとは思います。 夜用の行燈他 殆どが電球ですのでね、 LEDとは言わないまでも蛍光灯型に変えるだけで冷蔵庫コスト等直ぐに元取れますよ・・・

 大きなお世話ですか......(笑)

 まぁあれですね、 トータル考えると夏休みの家族旅行で羽を伸ばしに来る 旅館とは違う っちゅう事ですかね、 あくまで運動施設ですし、 センターですしって事かな。 いや食事がもうちっと良かったら来年も又来ますけどもねぇ・・・・ (まだ言うてるし)










テーマ:静岡◆ - ジャンル:旅行

  1. 2013/08/18(日) 11:38:54|
  2. ブログ・日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ガーミンミン

 
 思えば久しぶりに自転車買い物をした。 あれだけ散財が続いた自転車関連だがほぼほぼ一式用具、 用品が揃ったというのもあるし、 使用している物の上位版等は欲しいと思ってもそれなりの値段しますんで、 自転車含め上の物を見ると切りがないと、はなから考えてませんのでねぇ。 ただ自転車始めた頃からは使用期間も経ってますので用具、 用品の買い替え等も考えてはいる。 まぁ今回はその第一弾といった所。

 サイクルコンピュータ等はそうそう買い換える必要はありませんし、 お値段張るってのもある。 まー 最高峰といっても過言では無いガーミンはいやでも目に入るが日本版、 代理店経由品ってのは値段も最高峰な部類でもあるので指をくわえるって感じではありましたが、 英語版で、 輸入品で、 とするとグッと値段は落ちるので手の届く範疇とも言える。

 しかし冷静に? 考えるとGPSや地図、 心拍センサーから必要? 機能全部盛は有益な部分もあるが、 今ならiPhone で何とかなる部分、 重なる部分もあるし、 ほんとうに必要かなぁ? とも思う。 な~んてあれこれと考察してましたら、 あれよあれよで円安になり「安いなぁ~」のレンジからは少々離れてしまった(日本語改造出来る台湾版がずーっと品薄な面もあった) で、 どうするか? を再度冷静に考えたが、 何でサイコンに目が行ったか? と言うと、 現使用キャットアイの物ををセンサー部分を何度かの電池交換の際コジッてしまって長い使用に耐えないかも?? となったのが始まりだったのを思い出した。






CAT EYE CC-RD400DW
 こんな感じ。 これは既に室内用自転車 に取り付けられて余生を謳歌してるの図です。

 という事でね、 サクッと購入してしまいました。






GARMIN EDGE 500
 GARMIN EDGE 500

 ずっと考察したり、 見てましたのはね、 800というカラー画面で地図が載ってナビもしてくれるってな上位版を考えてたんですが、 購入時期には既に 810だったか新機種も発売されていたのですが、 旧機種といえど値段なんて落ちやしませんし、 ファームのヴァージョンによっては日本語改造が出来ないだとかの情報も出てきましたんで、 純粋? なサイコンを買おう、 サイコンなら英語版で使用でも特に不便も無いだろうと。 いやこの EDGE500も単純なサイコンと言いましても心拍数が取れたり、 道案内的な簡易ナビ機能があったりと至れり尽くせりです(モノクロですけども、 バックライトがあったりもします)







Garmin Edge 500
 箱から出しますとこんな感じで一式入っております。 心拍センサーは勿論、 自転車取り付けアダプタも2個入ってますので2台の自転車で使えまわせたりもします。 マニュアル等は多国に対応できるよう色々と入っていますが、 英国輸入の英語版Edge ですので日本語マニュアルはありません。







ガーミン エッジ
 キャットアイの既存サイコンと並べますと全部盛りサイコンですので大人と子供といったぐらいの差がある感じ。







がーみん えっじ
 重さに関しても約 40g程度の差があります。







マウントアダプタ
 Edge500 用に取り付けにマウントアダプタなる物も購入した。 借り取付でハンドルにとりつけたり、 ステムに取り付けたりしてみましたが、 どうにも収まりが悪いのでハンドル前に取り付け出来るアダプタを購入。 取り付け状態等の写真は今ありませんので今後走ったときにでも撮っときます。







マウント状態
 2013/9/14 追記・画

 画像撮るの忘れてましたが、 本日風景画撮りついでにパチリと。 アダプターによりハンドルバー上側にマウントされ目線移動が少なく非常に見やすいです。 サイコンレイアウトは色々とお試し中でこんなに細かく 七項目も表示出来たり、 大きく三項目だけとかも可能、 3ページまでレイアウトは保存出来るのですが、 いちいち切り替えたりも面倒かな? と。 お試し中とはいえ実質何処に何の値が表示されているか覚えてしまえば必要な所に目が行きますので最近はこの七項目表示のページばっかりですけども。







CRC 荷物
 上記のEDGE500はアマゾン・・・ ちゅうと言い過ぎですが、 トロい楽天の店なんかよりも早く到着したのですが、 同時に注文した物は3週程遅れて到着。 EDGEは DHL 本品はRoyal Mail での発送、 何故に発送業者に違いがあるのか? しりませんけども、 一緒に送ってくれればねぇ。 関税が変わってきたりあれこれ便宜を図ってくれてるの? かもしれません。 よ~するにその辺りは良くわかっておりません。







DIADORA SPEEDRACER2 MAGNUM ROAD SHOES 2013
 遅れて届いたのはロード用の靴でした。

Diadora Speedracer 2 Magnum Road Shoes 2013
(Anthracite/Black)


 画像上では少々派手気味ではありますが、 実際は・・・ 余り変わらず少々派手さはありますかね。 ロード用の物って元来ジャージにしろ、 自転車にしろ、 シューズも派手なんですよ、 めちゃ高いんですけど黄色とかね。 もう羨望の眼差しですよ黄色い靴履いてる人とか。 靴底がカーボン? とかでめちゃめちゃ軽い、 4万、5万しますからねぇ平気で。 この靴はそんな最高峰の部類に入る物では無いのですが、 そこそこ良い値段(日本での発売が無いらしいので2万~2.5万円ぐらいのレンジかな)








ディアドラ ロードシューズ
 この靴は踵が付いていて平地で非常に歩き易いです。 SPD-SLって道を歩く事は考え無いでしょうし、 でもコンビニとかぐらいは行くじゃないですか、 カツカツ煩いし、 そーっと歩いててもツルッとなってコケそうになるし、 親切で付けてるんでしょうけど小さなスロープなんかは怖いですし(笑)







Speed Racer 2 Anthracite/Black
 靴や服って通販に合わないと思ってますし、 特に靴は店舗で履いてみないと同じサイズであっても「ほんと?」ってなるぐらい違和感あるのがあるし、 メーカー違えばサイズだけで無く横幅が違ったりね。 なので今回の靴購入に関しても既存使用の物と同じメーカーの物であれば想定外となるのは少ないであろうとDIADORAの物とした(黒の方はお店で購入した初めての自転車用靴)







Road Shoes
 今回購入の靴は既存の物より上位版でありますんで否応なしに軽いと思ってましたが持った感触ではそうでもないなぁ? と。 なのでこちらも計ってみましたら何の事は無い感触どおり、 若干重かったりと(苦笑) 踵とかもついてたりしますからね(どちらにも黄クリート付けている状態の右足)

 という事で自転車散在久しぶり編おしまい。 関税等合わせて約4万円、 サイコン 3万円、 靴 1万円での計算でリプレース終了。 今度はメットを交換したいかなぁ。 他何かあったかなぁ??




















テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/08/25(日) 22:47:25|
  2. enasn自転車館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016/2 PhotoAlbum

プロフィール

enasn

Author:enasn

雑多な日記、 購入品の無責任レビューなページです。

カウンター

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

アーカイブ

 

booklog

Link

ブログ内検索


全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。