enasn's Page

雑多な趣味ページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

探偵物語

 
 清水の舞台からバンジージャンプしたったでぇ~



探偵物語 Blu-ray

 探偵物語 Blu‐ray BOX

 特典
 ・オリジナルトランプカード
 ・縮小復刻台本(第5話「夜汽車で来たあいつ」)
 ・24Pブックレット

 1979年9月-1980年4月日本テレビ系列放送
 本編1248分(27話)
 2層7枚組
 リニアPCM(モノラル)
 4:3 (1080p Hi-Def)


  「太陽にほえろ」 「探偵物語」 「Gメン75」 「池中玄太80キロ」 「熱中時代」 等々毎週のように欠かさず観てましたかね(ビデオも無かったし) 今はテレビドラマは全く観なくなりました・・・ 「金八先生」 辺りからもう観てませんって感じかなぁ~ という事でリアルタイム視聴のテッペンと言って過言ではないドラマ。(全くもって個人的見解です)

 「太陽にほえろ」で殉職、 松田優作その次のドラマだったように記憶しますが、 コミカルな探偵工藤ちゃんにはズッコケたもんです。 回を追うごとに笑いと涙、 シニカルでシリアス、 ときにはエッチ・・・ 個性的な仲間やブラックな刑事コンビ、 どの側面から切り取っても面白かった。 後の有名監督や俳優の排出、 そして優作主演の角川映画シリーズに脈々と引き継ぎ、 継がれているプロットと、 松田優作を語る上で避けては通れない作品だなとつくづく実感するタイトル。

  いやぁ~ これはもう手に入れるしかない、、、 何時買うの??

  今でしょ~  


 あ、 失礼しました。

 実際悩みに悩んで購入。 というのも 2001年には DVD-BOXも限定発売されたのですが当時は購入に至らず、 限定商法だろぉ~と思っていたからなのですが、 追加や再販等は出てこなく、 それ故値段は高騰、 後にバラ廉価版やレンタル版も発売されたんですが、 それらも高騰・・・ レンタル版はねぇ?? やはり手元に置きたい! 等と考えてしまう。 そんなこんなで時が経ちましたら、 ちらほらとBlu-ray化の噂が聞こえ始めた。 今回もやはり 「探偵物語 Blu-ray BOX 限定販売」 となっていますので安い金額では無いので少々二の足を踏むも、 売り切れ必至商品、 ここはやはり購入する。 に至りました。 う~ん・・ 全くもって東映に足元見られてるなぁ~

 えぇ、 このBOX \48,000- 程しやがります。  価値あるか? いやいや価値はあるんですけども、 時期的には同等と言える 「傷だらけの天使」 「俺たちの勲章」 だとかの Blu-ray BOX版は 2万円程度なんですよね、 はい。 有名、 人気ドラマだから、 松田優作だからで吹っ掛けてる、 としか言いようがない値段設定では? と思う。  うん。






TANTEI MONOGATARI
 でもって、 おまけがトランプカード・・・ ト、 トランプ??

 実際、背に腹は代えられん。 限定版で市場に余りで回らないというのは DVDで実証されとりますし、 30年前なフィルム撮りドラマ、 4K版だとかまでな期待も無い、 いや Blu-ray版で十分かな? というのもあり、 文句言いつつ購入。 Amazon辺りでは \36,000- 程度のをあえて \40,000- のヨドバシへ発注。 所持している 16,000-ポイントをザクッと投入する事にした。 なので財布からの持出し \24,000- で購入し、 財布被害を最小限に留めた。

 でだ、 トランプだとか、 おまけは置いといて(トランプ、 この画像を撮影後陽の目を見る事は無いだろうなぁ・・・) 映像的には \48,000- の価値あるものなのか? なんですが、 現状 ディスク1枚目途中ですが、 多分に良い思い出補正されているドラマですから、 街並みやセット、小道具と当時のクオリティが蘇りはしても映像が綺麗になるわけではない、 リアルタイムそして何度もの再放送、 VHS3倍録画映像、 それらを最後に目にしたのが数十年前な目からしますと充分なクオリティとは考えるのですが、 映像上での感動は無いです。 ハイ。 ピストル音とかもね、 モノラルですから「パンッ・パンッ」 なおもちゃチックですし(苦笑)

 昨今ソフトはBlu-ray、 BSや地上波までがHD放送ですのでね、 数年前のドラマであってもパキッとした画像ですから、 30年前なフィルム画質でしょ? DVDで十分、 とは思う。 実際問題として DVD版探偵物語は目にした事が無いので比べる物は無い、 どの程度修正されて、 どの程度向上しているのかは判断付かないんですけども、 しかし例えDVDであってもザラザラとかノイジーなとか、 「もうちょっとマシなオーサリング出来んか?」な映画ソフトは沢山所持してますのでね、 それらに比べますと違和感無く視聴出来たのもまた事実。 当時の街並みや車、 「そうそうこんなシーンあったなぁ」は酔っ払いオヤジには充分なトリップ感ですわ。

 うん、 思い出補正が存分に加味されてる(笑) まぁ 全27話、 むこう約一か月晩酌テレビは探偵物語に固定されそうだな。 第一話でも「グッと」くるものがありましたから(思い出補正+酔っ払いですので) これ最終回辺り涙涙なフィナーレ・・・ となってしまうかも w

















テーマ:ドラマ・映画 - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2015/03/29(日) 12:32:43|
  2. お買い物・ゲット品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ひっさびさ | ホーム | ゲーム用マウス>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://enasn.blog18.fc2.com/tb.php/1030-aac0f2d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2016/2 PhotoAlbum

プロフィール

enasn

Author:enasn

雑多な日記、 購入品の無責任レビューなページです。

カウンター

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

アーカイブ

 

booklog

Link

ブログ内検索


全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。