enasn's Page

雑多な趣味ページ

GWなのに

 
 このゴールデンウイークはね、 やる事たんまり、 それでいて朝も早よから自転車乗ってますので夜はバタンキュ~ っと。 で又朝は4時半には目が覚めるってな好循環? な生活リズムサイクルとなっている。 ってんで本日も目覚まし時間前には起床・・・ とここまでは良かったのだが外に出てみると風が強く肌寒い感じ。 相当な強風に風も向かい風・・・ (;´д`)トホホな出発となった。



鯉のぼり
 このGWお馴染みの画ですが、 実はこれ一昨日の朝の分。 今日みたいな風の日はいちいち止まってシャッター押してられませんって。 

 実はこのGWの休み前辺りから喉が痛く鼻水もズーズー っと。 所謂風邪の諸症状ではあるのですが、 薬を飲んだりダマしだましで休みに突入、 そんな感じで自転車乗ってますのでまー 大量の鼻水が出るんです。 出るというか、 鼻ズーズー 言わせながらですから当然呼吸も苦しい。 定期的に止まっては鼻をかむ、 で乗り切ってきましたがこれがね使ったティッシュが重くなるぐらいに鼻が出るんですわ、 汚ったない話ですけど。 で、 本日も已むに已まれず停車して鼻をかもうとするんですが、 折からの強風でティッシュが言う事を聞かず鼻もろくにかめない状態に。 ティッシュを力でねじ伏せ鼻をかむもんですから仕舞には鼻の下がめちゃめちゃ痛い、 ってな状況になりましてね、 仕方なしに手鼻かんでやろうと。 いや以前も挑戦したのですが見事玉砕。 えらい目にあったのですが、 鼻にティッシュを持っていくのも痛いし・・・ ってんで勢いよく フンッ と噴射しましたら、 これがものの見事に決まりまして、 強風+走行風で3mぐらい ズバッーー っと飛んでいきよるんですわ。

 もー めっちゃ気持ち良い!!

 で、 調子に乗って反対側も フンッ と いったつもりが勢いが無かったのか顔にべちゃっと・・・・

 いやほんまに汚い話ですんません。 まぁでもこれも何度かやってるうちに結構うまい事行くようになりましてね、 ズバッと飛んで行くのも気持ち良いし、 鼻がスキッとするのも気持ち良い、 鼻の下にティッシュあてがわなくて良いので痛い思いもしないのでめちゃ良い感じ。 えぇ勿論街中や車通ってる道路では流石にやろうとは思いませんけど田舎道の周りに人が居ない時は今後手鼻で済ませるようにして手鼻マスターになってやろうと思っとります。 えぇほんと汚い話ですけど。





風車 2016
 勿論の事風車周りも強風。 ぐるっと回って帰る感じなので往路強風であっても復路が追い風なら文句無いんですがどういう訳か更に強い向かい風が・・・

 良くある事ではあるんですけど、 流石にどちらかは追い風の恩恵受けたいもんです・・・ 再度 (;´д`)トホホホホ





 明日は平日休みですので家に人が居ない場面で無いとなかなか出来ない AVラック周りの片付けをやろうと考え 5/2に行ったのですが、 思った以上に困難な状況でして結局タイムアップ。 という事で明日 6日も再度 AVラック周り、 主にコードを纏める作業を行うつもりです。 でもって更にあれこれとコード収納のやりくり、 或は天井裏を使っての渡し等追加であれこれと考えてまして。 えぇ現状 7.1ch 環境 + ネット回線 + プロジェクターのHDMIケーブルと隠してるとはいえ床をはってますのでこれを天井裏へと考えてます(今回HDMIケーブルは手を付けないつもりですけど)

 って事でフレキ管等あれこれ調達しようと自転車でホームセンターへ向かいますと



トラック滑落
 トラックが畑にハマって半身状態になっとりました。 あれこれ足掻いた跡もありましたが復帰出来ない風でした。 ホームセンターからの帰りにはすっかり跡形も無くなってましたのでトラックか何かで引っ張ったのかな? まぁそりゃ良かったんですが、 畑の足掻いた跡とかちゃんと埋めて元に戻していけっちゅうの。

















テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/05/05(木) 20:28:26|
  2. ブログ・日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<本日快晴なり | ホーム | GWですよ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://enasn.blog18.fc2.com/tb.php/1089-195e1cf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2016/3 PhotoAlbum

プロフィール

enasn

Author:enasn

雑多な日記、 購入品の無責任レビューなページです。

カウンター

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

アーカイブ

 

booklog

Link

ブログ内検索


全記事表示リンク

全ての記事を表示する