enasn's Page

雑多な趣味ページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ハイッ! レゾ

    
The Getaway
 レッド・ホット・チリペッパーズ(以下 レッチリ w) の新譜が5年ぶり? で発売された。 もうちょっとね、 バラけて販売してくれりゃ良いんだけど、 何だか重なるもんで レディオヘッド とかも同じ日に新譜発売だったと思う。 そちらはまだ購入して無い。 6月の頭ぐらいに新譜発売情報を目にしたからアキバ タワレコ行ったんだけど、 まだ発売前だと ・ ・ ・ ネット通販が解禁されたって話を見たようだ。 癪だから先にレッチリだけ手にいれてやった ガハハハ。 他にも何か? 新譜があったようななかったような ・ ・ ・ どうせお気に入りだったら購入してしまうだろうて、 このまま忘れてたらお金使わんで良いかな w

 って事で今回はCD じゃ無くて ファイルで新譜を購入したって話。 一応 リビングにあるAVアンプは ハイレゾネイティブ対応してますのでストレートに鳴らす事は可能なんだけど、 レッチリ購入後未だネイティブでは聞いていない (笑) いやそんな程度なんですけどもね、 えぇ幾ばくかのハイレゾ FLAC, WAVファイルは海外サイトなんかでダウンロード出来るので再生可能は確認してます。 しかしね、 ファイルで販売されている物は果たしてどのような扱いになるのか? その辺り一番聞きたいじゃないですか!? しかし今回購入の e-onkyo とかもあれこれ FAQはあってもわたくしが聞きたい事が載っていない、 かつ 問い合わせ先も無い ・ ・ ・ んだこら??

 という事でね試し買いってのを前々からしたかったのだけど、 ハイレゾ音源って主に旧譜、 再発の類、 何だったらアップコンバートに毛が生えた的などこがハイレゾ? な物もあるとか ・ ・ ・ CDと比較出来るってな小さなメリットでもあるけど、 得てしてハイレゾはお値段高いですから所持してる同作を購入しようとはならなかった (うん、 貧乏性全開だわな)

 で、 最初の話に戻ると e-onkyo のお知らせメールにレッチリ新譜情報が載ってましてたのでこれ幸いとお試し購入してみる事に。 

 価格: 2,674円 (e-onkyo)
 (ログインしますと何故か? 500ポイントがあり利用したので 2,174円の引き落とし)
 アマゾン 洋盤:1,574円 (中古: 1,019円)
 アマゾン 邦盤:2,484円 (中古: 2,030円)
 2016/6 調べ


 現状レッチリに関してハイレゾ版が くそ高い! って訳では無さそうだ。

 CDに焼いてみる→ 問題無し

 FLACファイルをそのまま直に焼いた。 MP3とかでも何も考えないでCD焼くとWAV形式に勝手に変換され (44.1kHz/16bit) るけどそうなるんじゃ? と直接焼いたが完了後そのCD-Rは iTunes で認識されなかった・・・ こりゃ駄目なんだ? と深く追求もせず Foober2000 で一旦 WAVファイルを生成してCDを焼いた。 問題無かった。 だけど最初のCDも CDプレイヤーに突っ込んだら普通に認識していた。 あれれ?? FLAC直接と WAVへ変換掛けてからと二通りの手順を踏んだりはしたが苦せず2枚のCDを作成してしまった。 ん? まぁ良かった! ではあるのだが、 これデュープし放題? あぁ~ そんなもんなんだ。 

 MP3ファイルの作成→ 問題無し

 まぁWAVファイル生成が可能なんだからMP3ファイルも問題は無いだろうねぇ、 今回は焼いたCD-RをPCに突っ込み、 認識した iTunes で(何故1枚目は認識しなかったんだろう?? 2枚も必要無いのに・・・) MP3ファイルを生成(192kbps) し、 iPhone へ同期している。  これが通常一番活用される事となるかな? ランダム再生だから何時今回のファイルが再生されるか? はわかりませんけどね(iPhone music では新規追加欄で表示されていますので認識も問題無いよう)

 ジャケット・レーベルの類は?

 以前に太っ腹 U2新譜ダウンロード祭り があった際はアルバム全曲(AACだったかな?) + ジャケットPDFという形だったのでそういうもんだ、 と思ってましたが商用サイトへお金を払ってのダウンロードなのではあるが、 そういったジャケットファイル的な物は無い (FLACファイルなのでメタデータとして含まれてはいますが) あえてハイレゾをファイルで購入してるんだからそのようなジャケットファイルは不用! ってな話なのかな? CDに焼くって人間は余りいないのかなぁ? 勿論自室でもPC上であれば視聴は可能なんですが、 家のご自慢ステレオ では聞けないんですよ一旦CDに落とさないと。 当分対応アンプとかに買い替えるつもりもありませんし ・ ・ ・ しらんがな??  まぁそう言われればそうでしょうけども ・ ・ ・

 昨今CDは余り売れず、 スマホ等へ直接ダウンロード、 視聴ってな流れになってきているそうですが、 自分としては物として CD は持っておきたいなぁ~ LPがCDへとなった時以上に寂しさを感じますわ。 それも知らんて? まぁジジイの戯言として流してください。

 購入ファイルのダウンロード期間

 例えば今回の e-onkyo だと会員登録してから購入となる訳じゃ無いですか、お金を払った時点で登録アカウントに レッチリ購入した」 ってフラグが立って、 いつ何時でもダウンロードが可能と思ってたんです。 勝手です、 ほんと勝手な話ですけど、 ダウンロードが30日間の期間限定だったなんて ・ ・ ・ まぁそら CD媒体で購入してても地震とかで盤が割れてしまった! 言うても誰も補てんしてくれませんしねぇ、 保存HDDが潰れた! とかなっても 「知らんがな」 って話ですか、 ハイハイ。 なんか 知らんがな だらけですな。


 アーティストの意向

 ん~ 図らずもCD-R 2枚焼いてしまったんだけど、 1枚目は適当にFLACファイルの直焼きでライターソフト等はデフォルト設定、 2枚目は生成WAVファイルを設定見直しながらの焼き焼き。 この際に気付いた1枚目はデフォルトなので曲間が全て2秒空きます。 それだと長いだろ! と2枚目は全て 1秒を開ける設定にした。 でもね、 均一に1秒、 2秒とするのは少々ナンセンスかな? と。 ハイレゾは基本ファイルばら売りな形式、 なのでこれも 「曲間秒数まで知らんがな」 と言われそうだけど今回のはアルバム単位でしか販売されない形式なんだから曲間秒数とかまで責任持って欲しいんですよね(笑)  CDで通して聞くと1秒でも長いというか、 ぶつ切り感というか聞いてて違和感を感じる。 今回のアルバムを順に聞いていると曲の並べ方に起承転結的というのか、 メリハリが効てるなぁ~ と感じるのだけど、 全て同じ曲間秒数は非常に違和感。 ここは余韻が必要! もっと長く、 とか中盤のゴリゴリ曲の連曲は曲間0秒でも良い、 次々といったれ! な流れの所があったりと ・ ・ ・ いやそれがレッチリの意向とも合致してるかどうかまでわかりませんけどもね。 

 う~ん、 しかし、 もしかしたらこれはハイレゾってどうなん? な中で今回一番萎えた要因かも知れない ・ ・ ・

 昨今の一番多く音楽を聞く場面ってのは iPhoneのランダム選曲ですから不問な部分でもありますし、 じっくり アルバム を聞く、 となると全曲間同一っていうのはぶつ切り間満載なんですよねー えぇ。 さいど、 再度 CD-Rに焼いての視聴まで知らんがな なんでしょうけども ・ ・ ・

 結論

 う~~~~~~~~~~~  物としてCDは所持したいなぁ。 一番萎えた曲間問題も iTunesランダム再生が主って事を考えると言う程の事でも無いかなぁ。 家のステレオでどっぷり音楽を聞きたい! となった場合現状CD盤は必要(Rでも可)

 正直何とも言えない、 答え出せないですねぇ。。。。。  これどちらか一方を、 と考えるから駄目なのかなぁ? 多くの方はCD持ってるけど、 ハイレゾ盤が出たら当たり前に購入する、 となるの?? そうすれば上述の問題点はサラッと関係無くなりますしねぇ。 いやぁ~ 両方なんて、 そんな余裕ありませんから・・・ うん。 と決めあぐねております。 特に結論出す必要も無いっちゃ無いですけど。 













テーマ:レッチリ - ジャンル:音楽

  1. 2016/06/29(水) 07:07:52|
  2. enasn 音楽館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<まったまたパンクだっ | ホーム | トラブルー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://enasn.blog18.fc2.com/tb.php/1100-4a1c2060
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2016/2 PhotoAlbum

プロフィール

enasn

Author:enasn

雑多な日記、 購入品の無責任レビューなページです。

カウンター

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

アーカイブ

 

booklog

Link

ブログ内検索


全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。