enasn's Page

雑多な趣味ページ

ツール8: 所持キャンプマット対決

  
先日購入した イスカ コンフィマットレス ネタです。 既存の所持しているアルパインデザインマットとの比較も同時に。 尚、何れもテント内での就寝という本来商品の目的では未使用ではありますのでその点ご了承、お汲み取りおきください。
このマットもインフレータブルマットという、所謂キャップを開けると自動的に空気が入る便利マットという奴です。
  
  
  
キャンプ:ツール

こちらがマット表面。 凹凸があり、表面生地(?)も抵抗在りなのでシュラフ使用就寝時もスベるという事はないかと思います。 サイズは180(cm)、165、120という展開です。 身長を考え、、オートキャンプ使用であれば間違いなく180という所ですが、 バックパッキングキャンプを想定した場合少しでも小さく、軽くを考えると120。 イスカは他メーカでは余り展開しない165というサイズもあるので発注時は結構悩みました。

結論としてバックパッキングキャンプは スリーシーズンと言われる頃の想定ですので少々足が出たぐらいで凍える事は無いのと、既存のアルパイン120マットを使用した感じでは枕を別につくっていれば特に不自由無い、 180と165は370円と微々たる値段の差なのに165と 120は行き成り千円以上値段に開きがある。 安い方でええわ、という事から120をチョイスしました。 尚、上記値段考察は購入した (規 制) さん価格です。 購入価格は 4,950円でした
  
  
  
キャンプ:ツール

こちらは裏側生地。 こちらも滑り止め加工されてますのでテント内で滑る、動いてしまうという事は無いと思います。 全長は上記した120ですがこのマット 厚さが3.2cmもあります。 多くのマットは2.5cm厚なので寝心地、快適性能はどうなのかは興味ある所です。 因みに幅は46cmと試しに寝てみた感想としては少々小さいかなぁと。 これは床上にマット、その上に寝るって形ですんで腕がダラっとした状態になり床に付いてしまいます。 しかしシュラフに包まった場合はダラッとはなり得ないのでそれ程問題無いかなぁ~とは思います。 何せこのサイズは軽量重視というのが第一にきてますので。
  
  
  
キャンプ:ツール

こちらは商品と同生地のリペアキット。 フーセン物(空気物) には入っていて当然なんですね。

それでは 所持している アルパインデザインのインフレータブルマットとガチンコ勝負 いきま~す!
  
  
  



  
キャンプ:ツール

単純に並べてみました。 同じ120サイズマットですが結構な差です。
因みに左が イスカ コンフィマット120 右側オレンジがアルパイン・デザイン・インフレータブルマットソロ。 其々、4,950円 対 3,980円 値段としては 約1,000円差対決です。
  
  
  
キャンプ:ツール


しかし大きさの差は実は収納袋の差が大きく、イスカはパッツンパッツン、アルパインは単に袋がデカいってだけです。 なので上から見るとゴムで縛っているのがわかると思いますが太さはそれ程変わりません。 もう少しスマートなコンプレッションベルトを使用すれば扱いは同等として良いかな? と思います。 さて?出すのも入れるのもパッツンパッツンの方が良いか? コンプレッションベルトを奢らないとダメだけど、スムーズな出し入れ どちらを取ります?? (因みに上記は100円ショップ購入のゴム止めです。 )
  
  
  
キャンプ:ツール

空気取り入れ口。 両方同じですねぇ。 お店で他商品を確認してもほぼ同じ形状。 これはカスケードデザイン辺りが特許持ってて空気口は一社提供な物なの? いやネタに使用しながら歴史、生業詳しく無いんです。 すんません。
  
  
  
キャンプ:ツール

上記口を開いて数分後の状態。 シューーーー と空気が入る軽快な音が響きますが何分たっても御覧のように使える状態まで拡張はしません。 今回はどちらも出来る限りパンパンになるように空気を入れてます。 パンパンにするには少々コツ? のような物があり、空気を入れながら口の中でキャップを閉める(空気を逃がさない) ようにしないとパンパンにはなりません。 コツという程難しい事でもありませんが。

でも実際はパンパンにしようとしても若干沈み込む状態にはなりますし、その辺りの空気圧の方が寝やすいと思います。
  
  
  
キャンプ:ツール

こちら両マットに片方ずつ足を乗っけての撮影です。 イスカの方が厚があるのでその分線が多くでてます。

という事で両マットに寝てみるわけですが、 アルパイン 2.5cm厚で充分です。 例えばライター的な物を下に轢いてみたりしても対して痛み、ゴツゴツ感を感じないです。 床に寝るより全然気持ち良いです。 そのままゴロゴロっとイスカ側に行くわけですが、さすが3.2cm 空気の反発を感じます。 しかし、空気の反発と言ってますが、空気の揺れとも取れます(そんな大袈裟では無い) なのでこの辺りは硬い布団が好きか、フワフワが好きか? な話かなぁと思います。
  
  
  
キャンプ:ツール

こちらは厚さを写真に撮ってました。 CDケース約1cm→ イスカ3.2cm→ アルパイン2.5cm→ 単三電池縦約5cm

パッキング状態(持ち出し状態) で重さを量ってみました。 イスカ 519g アルパイン(ゴムバンド付) 591g 
  
  
  
結論!
  
  
自分はこの2枚で入り用分購入したので修理不能状態パンクさえなければ もうマットは購入しません。 しかしもう一枚入用になった! という想定しますと・・・・・

アルパインデザイン(オレンジ) をチョイスします。


まず値段。 1,000円差を特に感じ取れない。 それ程アルパイン側が良い物だと思えるという事です。 しかし購入時にも書きましたけど つい先日まで 2,980円でした。 あの時に、あの時に2つ購入していれば! という後悔は未だにあります(苦笑) ま、済んだ事ですけど。

次に1,000円分厚さがあるぞ! と言われてもそんなに快適に感じません。 というかアルパイン側に慣れてしまうと、イスカ3.2cm厚は気持ちフカフカ感を感じてしまいます。 まぁそこは人それぞれと思いますけど、 自分は2.5cm厚で問題無かったという事です。

続いて、同サイズではあるんですが、 イスカ肩幅 46cm アルパイン肩幅51cm となります。 厚さ0.7cmはどっちでも良い発言でしたが、この肩幅5cmの差は結構デカいです。 先日のオートキャンプ時に、就寝時は使用してませんが、 シート曳いて、マットを使ってお昼寝をしましたが、そんな状態だと腕がマットから出てしまいます。 上記しているようにシュラフ使用だと余り関係無いですが、ゴロ寝時はマットから腕がはみ出る マット厚の関係で高さを稼いでますので 若干ではありますが腕がダランとなるという事なんです。 (大袈裟に言うとベットから腕が出るような感じ) その辺りに気持ち不便を感じました。 という事で我が家では子供→イスカ 自分→ アルパインを使用する事にしました。

最後に扱いに関しては、どちらのマット共上手く巻くのは子供には無理だとしても、マットを巻いてやってからハイ! って渡しても イスカの袋に入れる事は無理だと思います。 自分でも結構難儀します。 その点アルパイン側は袋が大きいのでスポッと入れられます。 (しかしゴムバンドは難しいかな?)

という事でガチンコ勝負という事で決着つけましたけど、 他の人に当て嵌まるか? と言われると何とも言えませんので各自ご判断ください。 重さなんかが一番重要ってな人には イスカ ウルトラライトマットレス 120 なる商品もあります。 厚さが2.0cmになりますが・・・ 重さは アルパインの約半分ですね。 自分はまだザックを背負って云々ってのが経験ありませんので何とも言えませんが、もしやアルパインだと重く感じるようになるかも知れません。

後、現状ではわからない点では耐久性ってのがあります。 しかし両マット見ても材質その他にそれ程差は感じられないので もしやどちらかがパンクしたりしても アクシデントの範疇だと思います。 仮にアルパイン側ばかりがパンクってな事が起こりえるなら その旨は報告しますけど・・・

という事でそろそろ終了したいと思います。 参考に・・・なるかなぁ?? (笑)
  
  
  
  
  


 
  




キャンプ:ツール
  
  
アルパインデザイン・インフレータブルマット ソロ



  
  
  
  
  

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/06/22(日) 17:06:03|
  2. キャンプ・ツール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<先日のゲット品 | ホーム | PRIMUS DVDの購入>>

コメント

No title

はじめまして。
アルパインのマットを購入しようかと、ググってたどり着きました。

その後アルパインのマットの調子はどうですか?
パンクしたり、耐久性に問題があったり等、特に不具合はありませんか?

よろしければ、インプレ教えて下さい。
  1. 2009/09/12(土) 20:41:05 |
  2. URL |
  3. メタボな虎 #-
  4. [ 編集]

No title

こんにちは!

その後インプレという事ですので。

正直性能ってな話ではどちらも変わり映えしませんし、不具合とかも感じません。

イスカは収納が小パックになるっていうのが今思うとやっぱり扱いやすいかなぁと思います。 が、ザックなんかに収納しようと思うとやっぱりそれなりに容量取ってしまいますので、今ザック用を購入するんなら折りたたみのをザック外付けにしますかねぇ。 多くの山屋さんがやってるように。

アルパインの方はバンドで締め付けていてもイスカより大きく感じます。 ま、オートキャンプなんかであれば何の問題も無いと思います。 という事で家はアルパインLを買い足してます。
しかしLは収納、展開に若干軽快さが欠けるのでやっぱりこれもオートキャンプクオリティかなぁと思います。 (空気口が上下2つあります) 収納時はLもSもそんなに見た目変わりません。

先日林間川側でのキャンプでは予想以上に石のゴツゴツを感じて寝にくかったです。 ですのでインフレ下用にちゃんとした? テントインナーマットの購入を考えています。

■家の現状仕様■
グランドシート(ブルーシート生地)
テントインナー
地熱対策銀ピラマット
コールマン起毛マット
インフレータブマット
(芝生地だと上記で全く問題無いです)
  
  
  
参考なりますでしょうか??
  
ではでは
  
  
  
  1. 2009/09/12(土) 22:22:23 |
  2. URL |
  3. enasn #TYxE//as
  4. [ 編集]

No title

早速のお返事ありがとうございます!

私はバイクでのツーリング用にと、考えていたので
収納時もコンパクトな物にこしたこたぁないですが
別に極限まで小さくなくても問題ないので、サイズ的には
アルパインデザインで問題なさそうです。

耐久性も問題なさそうなので、アルパイン明日買ってきます^^

ありがとうございました!
  1. 2009/09/12(土) 22:50:14 |
  2. URL |
  3. メタボな虎 #-
  4. [ 編集]

No title

こんにちは!

大きさをそんなに問題にしてないのでしたらアルパインで問題無いとおもいます。

バイクですか! あちこち行けて羨ましいです。 ただ事故した 場合は生身ですからねぇ~ 運転気を付けてください!
 
  
  
  1. 2009/09/13(日) 08:02:25 |
  2. URL |
  3. enasn #TYxE//as
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://enasn.blog18.fc2.com/tb.php/132-815826f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2016/2 PhotoAlbum

プロフィール

enasn

Author:enasn

雑多な日記、 購入品の無責任レビューなページです。

カウンター

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

アーカイブ

 

booklog

Link

ブログ内検索


全記事表示リンク

全ての記事を表示する