enasn's Page

雑多な趣味ページ

キャンプリポート :080805

  
我がenasn家に夏休みが来た。 今年の夏休みメイン旅行は河口湖畔のホテルで一泊となった。 その宿泊に前泊としてキャンプをする計画を立てていた。 富士山近辺では湖畔サイドや奥多摩方面にも沢山のキャンプ場があるが、 一番キャンプ人口が増える季節(暑いのにね) でもあり少々の所では人も一杯だろうと以前から夏空いている山にあるキャンプ場を考えていた こちら。 しかし、先日の試し宿泊で本人は凄く気に行った訳ですが、 嫁ハン、子供らには虫多過ぎ等少々過酷な条件となり涼しくなって虫も居ない時期ならまだしも、 連泊だと考えるともう少し楽な場所の方が良いかなぁと、キャンプ地再考となってしまった。

という事で急遽富士山を中心としてキャンプ地のピックアップし、 今回は山梨県南アルプス市にある、 ウエストリバーオートキャンプ場 に宿泊する事となった。 個人的には余り好きでは無い幕営地を決められ、 時間も13時in 11時Out という 「何それ?」な仕様の高規格キャンプ場ではあるが、 旅行の前泊であり嫁ハン、子供に余り負担の掛かる所で、翌日に疲れられても困るし、 前回のキャンプでは過酷条件で苦労を掛けた(苦笑) ので今回は自分が目を瞑る事にした。

前回の山梨行き中央道渋滞を経験しているので今回は出来るだけ早くの出発を予定していたので 13時in というのは間が開き過ぎかなぁ? と周辺探索を行うと、大きい公園があるとの事でそこで午前中時間を潰し、 午後にキャンプ場へ向かうという事にし、 朝は5時出発とした。 夏休みとはいえ 朝5時に出発すれば渋滞知らずでスイスイ。 先日の山梨行きが嘘のように車は進みます。 しかし止まらないとはいえ車は多いし、PA等でも大混雑、 車を止めるに苦労するといった感じだ。 これはやはり、  お盆、GWだとか、先日のような3連休初日は4時に出発でもおかしくないなぁ~等と感じます。
  
  
  
ウエストリバーAC


という事でほぼナビの計算どおりの時間に 御勅使南公園へ到着。 「みだいみなみこうえん」 と読むらしい。 結構な敷地に、ラグビー場なんかがあり、そちらは割と有名なのかな。 ここに子供らを放流し、時間を潰そうとの考え。
  
  
  
ウエストリバーAC


このような紐、綱製? ジャングルジムがある。 家の子らには巨大過ぎて乗る事すら無理。 中学生程度で遊べると行った代物だ。
  
  
  
ウエストリバーAC


まぁ遊びたいと言っても、 骨折男は石膏も取れてないので無理なのだが。 敷地面積は相当大きく公園内には大きな川があったり、 余り他では見かけない遊具が沢山あったりと、大人でもお弁当持ってピクニックにと使える公園かなぁ~と思う。 いや近所に欲しいです。
  
  
  


  
  
  
ウエストリバーAC


子供どころか、自分でもやってみたい! と感じる巨大滑り台。 しかし山梨は前夜に相当量の雨が降ったらしく、 この滑り台もローラー製の物なので当日ピーカン、 気温もぐんぐん上昇状態といえど乾いてないので滑り台は結局無理。 滑れたとしても骨折男は禁止かなぁ? スピード出そうなので側壁に腕当たってしまうだろうし。 面白そうな物を見せておいて可哀そうだが禁止とした。
  
  
  
ウエストリバーAC


上記している通り、余り見掛けない遊具、アスレチック施設も沢山あり、勿論無料。 朝到着という事で他に子供等はポツポツと居るぐらいなのでフリーで全て使いたい遊具を使えるといった子供らには天国? 状態なのだが、 使用禁止施設も沢山。 主にアスレチック系の木製遊具等だが、 木が腐ってたりなんてな事があるのかな?? この辺りも残念な所。
  
  
  
ウエストリバーAC


朝早くから車に放り込まれ、 まともな朝ごはんも食べてない、 という事でぐるっと一しきり遊び倒しお腹が減った所でおにぎりタイム。 日陰があるにしても気温は上昇。 時計を見ると9時過ぎ(苦笑) こりゃ 昼まで持たんなぁ~ と・・・ キャンプ場では水遊び出来るようなので、アーリーチェックインを利用し、早めに到着する事にした。 勿論別途1,000円取られるんだけどね。
  
  
  

ウエストリバーAC


という事でキャンプ場到着。 余りの暑さに余りカメラを構える気にもならず余りシャッター押してないんだけど、 こちらは電源無しの区画サイト。 山の斜面というと言い過ぎだけど、坂道を段々畑場に区画されている。 個人的には最悪だと思う、車テント車テントな所の真ん中近辺を指定された。

既に前泊しているのか隣のサイトには家族が。 別に挨拶するでなく、気持ち悪い空間。 せめて知らん物どおしでも隣り合わせになるんだったら頭の一つもさげりゃ良いと思うがね。 まぁグループで固まっての宴会! とかは無いので節度を持った空間と言えばそうなんだけど、 こんな所にテント張って何が楽しいのかなぁ~ と・・・ (苦笑)
  
  
  

ウエストリバーAC


施設名にも入っている、代名詞とも言えるキャンプ場敷地内を横断して川がある。 上流からフライフィッシング場、 釣り場、 ときて水遊びゾーンがある。
  
  
  
ウエストリバーAC


自分は海パン持って行かなかったけど、 あったとしても水に入るのは無理。 めちゃめちゃ冷たい。 なので足はひざ下ぐらいまでしびれそうなぐらい冷たく、 上半身は灼熱といった状態で、涼しいのか、暑いのかなんとも複雑な状態だ(笑)  トマトだか、野菜を籠に入れて冷やしている人がいたけど、十分ビールなんかも冷やせそう。
  
  
  
ウエストリバーAC


ここでも 骨折男は海パンに着替えるも水に入る事は無理。 しかし下の子共々暑い最中のひんやり川の水遊びは十分多能出来たみたい。
  
  
  
ウエストリバーAC


こちら、あずま屋は水場、 その裏に右側のトイレがありました。 施設内は清潔です。 前回のこちら とは大違いです。 勿論この辺りが綺麗なのはキャンプ場であれ、街中であれありがたく思います。 (和式、洋式とも水洗)
  
  
  
ウエストリバーAC


昼過ぎから夕方にかけてゲリラ雨とも言える、どしゃぶり状態。 ま、山の中なので良くある事だけど、元々予報では雨空予報だったので、 午前中だけでも晴れたのは良かったのか?? 水遊び後は雨が来るなってのは確実な空模様だったのでテントを先にするか後にするか迷ったが、 雨が長引くとやっかいなので、テントを立てる事を先にしたが、 何分購入から年数経ったお年寄りテントなので水漏れその他心配も少々あったが、今回は問題は出なかった。

こどもらは水遊びでそこそこスッキリしていたが、 自分は汗でベトベト。 今回はキャンプ場施設のお風呂、シャワーでは無く、 温泉が近くにあるとの事でそちらに行く事にした。 今迄キャンプ場に着いたら「はい ビール!」 という状態なので余り施設外に車で行くという事はしなかったが、 今回は温泉に行きましょう! としたので雨も小ぶりになった所で「白根桃源天笑閣 」へ向かった。 (キャンプ場からは車で5分程度) 別に温泉だからとありがたがらない人なんですが、 火照った体にはヌルっとした感覚のお湯で非常に気持ち良かったです。 ゆっくりしたい所でしたが、女性陣との待ち合わせもあり30分程度で、でました。 ここは非常に良かったです。 日帰り温泉なのでここだけでも又行きたい所です。 遠いですが(笑) キャンプ場利用者は安く入れます。
  
  
  

ウエストリバーAC


こちらが今回のサイト全景。 家はお年寄りテントをまだまだ使い倒しているので余裕の設営だけど、回りは今時の大きなテントにスクリーンという組み合わせも多いのでサイトは結構ギリギリってな所もあった。 サイト間は上記したとおり、 写真に隣の車、 隣のスクリーンが映ってしまうような間隔。
    
  
  

ウエストリバーAC


という事で今回のキャンプリポートも終了です。

子供らには水遊びも出来て、 非常に好印象! 「また来たい」 と言わしめる程のキャンプ場でした。

自分的には

くそ

以外の何物でも無いです(苦笑) 直ぐ隣に他所の車、テントが来るような区画幅で、箱庭サイトにテント張って何が楽しいねんって感じかな。 自然の中だの、 水遊び場、釣り場と言っても全てが用意された不自然としか思えない所ですからね。 まぁ今時のオートキャンプ場と、自分がやりたいキャンプとが開き過ぎってのがあるんでしょうね。 ぐだぐだ言ってるんだったら山でも行けって事だし・・・ キャンプ場の運営も何かすべてシステム化されてて何事にも料金、料金。 って感じだし(上記リンクからキャンプ場サイト見てみてください。) 

まぁその分楽チンは楽チンです。 ほんと疲れるってな事は無いし、 トイレは水洗だし、 今回は節度を持った隣だったし特に。 川の音もそこそこ遮音となるし、 という事で普通にファミリーキャンパーには良い所なんじゃ無いですかねぇ?


まぁ一応キャンプ場が悪いんじゃ無いってのは断わっておきますけどね(笑)  フリーサイトもあった訳だしね。 自分も区画サイトってどんなもんやろ? ってのと、 何も言わんかったらどう指定されて、 どんな場所になるのかな? って興味もあったし・・・(笑) 今回のキャンプは嫁ハン、子供の為にってのが大きかったので・・・・ い、いやだけど、直ぐ隣に知らん家族って気持ち悪い・・・ 家は(いや少なくとも自分は ) もういいです。 えぇ すんません。
  
  
WestRiverAC
リンク:キャンプ場パンフレット
  
  
  

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/08/08(金) 10:39:58|
  2. 山梨・ウエストリバ-AC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<一泊旅行リポート 080806 | ホーム | レンズゲット!ついでに試し撮り>>

コメント

お疲れ様でした

> 自分的には
> くそ

私、キャンプはしませんけど、そのお気持ちはわかります。
今のキャンパーの大部分は、単にテントを設営して、BBQを食べ、お泊まりして帰宅・・・って感じではないでしょうか?(想像ですが)
便利生活に慣れちゃっているので、本来のアウトドアとはかけ離れているような気がします。
せっかくのアウトドアなのですから、誰もいない(せめて隣のテントとは距離がある)キャンプがいいのになあ。
写真を拝見すると、段々畑の密集テントのようで、都会とあまり変わりませんねえ。

まあ、女性にとっては綺麗で設備が整っている方が良いでしょうし、子供もアスレチックのような遊具があった方が楽しいでしょうし、ここは家族サービスに徹して、じっと我慢しかありませんよね。

オフシーズンに近づけばキャンプ場も空いてきますし(ちょっと寒くなりますが)、そんな季節にのんびりキャンプが良いのかもしれません。
  1. 2008/08/11(月) 11:22:47 |
  2. URL |
  3. ぼの #RXDep47Y
  4. [ 編集]

こんにちは~

えぇ少なくとも毎日せせこましい所に住んで、満員電車に揺られて、な生活の息抜きにアウトドア! と思っているのに、区切られ直ぐ隣りが知らん人っていうのはどうも?? です。

まぁあんまり周りの人はそんな事考えてないのでは? そのような区画サイトがデフォルトのようになってますし。。 という事でそういう所を避ければ良いんだけど、逆にフリーな所だとグループの宴会キャンパーが我が物顔ってのも多いんです。(離れてても地獄です、そうなると)

涼しくなってから、と、 少々不便な所を探します。 ハイ。


v-47
  1. 2008/08/12(火) 07:08:57 |
  2. URL |
  3. enasn #TYxE//as
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://enasn.blog18.fc2.com/tb.php/225-825fe260
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2016/3 PhotoAlbum

プロフィール

enasn

Author:enasn

雑多な日記、 購入品の無責任レビューなページです。

カウンター

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

アーカイブ

 

booklog

Link

ブログ内検索


全記事表示リンク

全ての記事を表示する