enasn's Page

雑多な趣味ページ

夏の終わりの海水浴

  
海
リンク : 海ワイド画像



メールでのブログ更新どおり、24日日曜日に海水浴に行ってきました。 キャンプ用品物色等で良くスポーツ売り場、 アウトドア店等散策するので、今年は海水浴品が並びだした直後ぐらいにシュノーケル、水中メガネ等を購入した。 子供がお風呂で良く素潜りの練習をがんばっている?ので子ども用の少々良いやつを奢ってやった。 という事で去年同様今年も何回かは海に行く事にしていた。 キャンプとか暑いしね。

と思っていたら、夏休み直前に右手骨折というアクシデント。旅行、キャンプとお茶と濁してたのですが、先日石膏も取れ普通に遊んでいるのでこの日曜日ぐらいかなぁ? 泳げるのって。 という事で海水浴に出掛けた。 下の子も今年は「海、うみ!」 と結構乗り気なので。
  
  
  

海


こちらは 九十九里・ 木戸浜海水浴場

何時もの如く朝一到着! 海は昨年何度か泳ぎに行った九十九里浜を目指します。 京葉道路→ 千葉東金道路を経由していくと海水浴浜近辺まで簡単に出られます。 日曜日だというのに幸か不幸か滅茶苦茶空いていた。 夏の終りだから? 8時前には現地到着。 で、東金道路→ 海側に走ると突き当りに海水浴場が。

中下海水浴場。 海の家は3,4件あり普通の海水浴場然としてはいるけど、どんより曇りってのもあったかもだけど、何か暗い。 陰気くさいって感じなのでここはパスした。 ごめんね。

で、隣の殿下海水浴場へ ここは昨年も来た所で、一番家族にも評判が良かった所。 実は泳ぐ場所を決めて無かったのでとりあえず本日はここを目指して来たのであった。 ここはパッと開けていて、先ほどの中下とは違い、明るい。 海の家も4,5件あり良い意味で海水浴場! って感じ。 悪い意味では客引きのおっさん、おばはんがウザい。 まぁ普通の海水浴場です。 で、昨年は評判の良かった場所ですが、 誰も覚えてないという事が発覚 (苦笑) 客引きウザイい。 時間的にも全然余裕なのでここもパスにした。

次、隣の 尾形海水浴場。 ここは海水浴場までに行くのに入り組んでいる。 で、そこまでにはズラーーッと釣り人達が。 で、そこを抜けていくとズラーーッとサーファーの車が。 特に駐車場という物がある訳で無く、 整備もされてないので子供連れでどうかってのもあったのでここもパスした。 浜辺を見て無いのでもしかしたら良い感じだもだけど、 テント、タープがあり、若もん 5,6人が踊り狂っていた・・・ミニレイヴ?? やっぱりパスで正解。

で、またまた隣の木戸浜海水浴場へ。 とここはまずズラーーーッと 駐車場が確保されている。 半分砂地だけど、半分は芝生。 で、綺麗に整備されるし、区画も紐等を使って割られている。 有料駐車場って感じではあるけど、無料。 そこには簡易だけど、トイレが配置され、おっちゃんが一生懸命トイレ掃除をしていた。 凄い好印象。 シャワーじゃ無いけど、水道もあったし。

車を降りて浜辺へ見に行くと海の家が一軒。 今回海の家は特に利用するつもりも無かったので、無料トイレ確保が第一条件ではあったが、上記好印象でこの浜に決定とした。
  
  
  


海


こちらが一軒だけある海の家。 一件だけなので、最盛期でも呼び込み云々は無いでしょう。 逆にオーバーフローするとなかなか食べ物に有り付けないという事態も(昨年経験済み) まぁこの「よしの」さんは当日は利用するつもり無かったので、どんな感じか等はわかりません。 半分店じまい、半分営業って感じでした。 で、うちの家族はおにぎりと、来る途中にコンビニで焼きそば大のインスタントをお昼とした。 勿論、バーナー、お水は車に積んでます。
  
  
  

海


こちらはレスキュー・監視員小屋。 何やすげぇ~人が居ました。 そこまで一杯人来るのか?? ぐらいに。 で、この監視等海では大事な仕事でしょうし、大変でもあると思うけど・・・ 何か見てると学生に毛が生えたような奴らがやってるので、 くっちゃべってるは、仲間内でジャレあってるわで、 ほんと大丈夫? って感じ。 今迄海とかで監視員みて不安というか、 もうチト真面目に働けよと思った事無かったけど、ここはそんな感じ。 で、何かにつけ煩い。 上記のような風景を目の辺りにしてるので、色々と煩く指示されるんだけど 「はぁ?」 と思ってしまう。 そら毎日? ここの海を見てるんだろうから波の状態その他を考慮して、 こっち側で泳げの何のとの指示もあるんだろうけど、「ハイ」とは聞くけど、 お前らも仕事は仕事でビシッとやれよって感じ。 少なくとも人の命に係わる仕事やねんから。

後で(帰りに) 分かった事だけど、海開きは当日で最後だとの事。 だから監視員の打ち上げでもあるのか、最後だから皆集まったって感じなんだろうけど、 人数が多いもんだからじゃれ合ってるは、 海では監視というより波乗りしてるだけってのが目についた。 普段より警備人が多いのかもで、 気を抜いても大丈夫なのかもしれんけど、そんな事情までこっちは知らんがな。 制服、制帽を着用して、海に立つんやったらビシッとしときなさい。

で、結局波もそこそこ荒く、 水の透明度も無いのでシュノーケルを使うという場面は無かったけど、 ここでは使用出来るのかな? (昨年行った所は駄目と言われた・・・海で ) で、ここではお昼12時になったら全員水から上がれだと・・・ 海で1時間お昼休憩だそうで・・・プールかよ。
  
  
  

海


天気の方は暑すぎず、寒くは無く・・・ 今時太陽に焼かれて真っ赤っかってのもハズかしいけど。 まぁ曇り90%で、雨パラつきもあり、日差しもたまにありって感じでした。 ですので普通に海にも入れるし、 砂遊びも出来るぐらい。
  
  
  

  
  
  
海


帰ってからはちょっと痛いとか言ってたけど、こんな感じでちょろっと赤くなる感じ。 自分は毎年、毎度火傷状態になるので今年こそは? と海道具購入時にラッシュガード、 まぁスイミングシャツと言うのか・・・ を購入したので赤くなっている所もあるが、なかなか良好だ。
  
  
  

海


こちらは一番水に入って欲しい人。 といってもアレルギー関連、掻き毟ってる部分もあるので塩水が当たると海辺で大泣き(苦笑) まぁキズも多いのである意味拷問なのかな。 その割には砂の中に入ったり泥んこになっても大丈夫みたい。 砂にも塩分というか、ありそうなんだけどね。 去年のように塩水が痛いって事がわかってからテコでも動かないって事は無くなってはいたが。
  
  
  


海


何ともない、寂れた感じの海水浴風景。 まぁ家の基地から右側辺り。
  
  
  


海


こちら左側 人居ない。

正確では無いけど、当日は約35グループ程度が海に居た。 だけど、来る人、来るグループ何故か右側に固まり、 狭いところで設営を始める。 面白いぐらいに。 家は何処に行くにも前乗り気味なので一番最初に設営する。 これ海だろうと、キャンプだろうと。 だけど、何故かこんな風に人が固まってくるのを幾度となく目にする。 これは一体何なのかな? 例えば家が何かの都合で昼過ぎ到着だとしても絶対左側に設営始めるし、 少なくとも他家族、グループとは離そうと場所を探すけど、 皆真横に設営するし、 設営されても何とも思ってない風。 自分が神経質過ぎるだけの話なのかなぁ??

まぁ人の心理? というか流れがそうなってれば逆を行けば良いだけなので楽っちゃ楽ではあるけどねぇ。
  
  
  
  

海


お昼過ぎには何やら少年団? 団体客が。 まぁ空いてるので邪魔でも何でも無いけど。
  
  
  


海


結局朝一から、最終16時まで海にいた。 大概日に焼けたり、暑すぎでそろそろ帰り支度をってなる時間帯でも丁度良い気候な為ゆっくりし過ぎました。 まぁ不都合は無いんだけど・・・ どうやら24日で海開きが最後のよう。 偶々今週から天気が良くないようだけど、まだまだ泳げるとは思うんだけど、 もう遊泳禁止ってな看板を立ててたし、 上記した通り、レスキュー、 監視も終わりとの事。 こういうのは何処かに告知してあるのかな? 市町村のHPとか?

まぁ何とか滑り込みって感じだったけど、 海にも行けた。 逆にこの時期だとプールとかでも人は少ないのかなぁ??
  
帰りは日帰り温泉でも! と検索し走り出したのだけど、後ろでは即効で寝息をたててるので、 そのまま帰宅する事にした。 寝入りばななので、 起こしても駄目だろうと。 帰りも全くといって良い程渋滞が無かった。 何時も混雑するジャンクションなんかも全く。 普通に走れるとこんだけしか距離が無いのかというのと、全くノンストップに驚きながら、無事家に到着した。
  
  
  
  
  

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/08/25(月) 18:31:28|
  2. ブログ・日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<DS:リズム天国ゴールド | ホーム | 海水浴>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://enasn.blog18.fc2.com/tb.php/252-0663e083
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2016/2 PhotoAlbum

プロフィール

enasn

Author:enasn

雑多な日記、 購入品の無責任レビューなページです。

カウンター

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

アーカイブ

 

booklog

Link

ブログ内検索


全記事表示リンク

全ての記事を表示する