enasn's Page

雑多な趣味ページ

CHAMBER WORKS

  
テリー・ボジオ

CHAMBER WORKS (FN2530-2)
TERRY BOZZIO + METROPOLE
\2,405


秋葉ヨドバシに行った際にCDでも見てみようとTOWER RECORDに寄ってみた。 まぁ色々とあぁでもないこーでもないと物色していたらなんと T欄に「TERRY BOZZIO」 のタグが・・・

いや、その他扱いで Tの欄にボジオのアルバムがあるだけでニンマリって感じ(個人的には) なのにタグまで用意されているとは・・・ 中身を見てみると 「PRIME CUTS」 とこの「CHAMBER WORKS」の2枚の在庫があった。 「PRIME CUTS」に関しては以前にAmazonにて購入済み。

「CHAMBER WORKS」に関しては未所持、未聴であったので、 ここはTerryBozzioタグのご祝儀? として購入しておこうと手に取った。

「PRIME CUTS」に関してはロックアプローチなアルバムでロックドラムをドタンバタンとがんばってる風情な物だけど、 この「CHAMBER WORKS」はクラシック、現代音楽スタイルにオーケストラとのユニゾンやそのものボジオ節、 手癖が聴けるアルバムとでも説明できましょうか? 教則ビデオ辺りから良くプレイする一連のドラムソロなんかもフューチャーもされている。

まぁでもボジオファンとかでないとなかなかなニンマリ出来ないアルバムかな??(苦笑)
  
ZAPPAのアルバムで「LONDON SYMPHONY ORCHESTRA」 とかあるんですけど、それもクラシック音楽にドラムが入ってきます。 そこでは Chad Wackerman が叩いているんですけど(Ed Mannもパーカッションで入っている) 普段はロックというか、ビートのある物が好きではあるんだけど、清涼剤的に夜中なんかにこのアルバムを聞くとハマります、結構。 で、例えばこのアルバムでボジオがドラムだったらどんなアプローチをするかな?と想像するのが楽しみであったし、 そういう意味では「CHAMBER WORKS」は少しだけその回答になったかな?と思える。 ある意味想像どおりだった部分あり、 ほぉ~そういうアプローチですか! な部分があったり。

まぁ聞きこんでいないので個人的に「LONDON SYMPHONY ORCHESTRA」のが好きではある。 今夜は一杯飲みながら両アルバム聴いてみる事にするか
  











 

 





  
  
  

テーマ:ドラム - ジャンル:音楽

  1. 2009/04/11(土) 15:12:17|
  2. enasn 音楽館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<マウントアダプタ | ホーム | 祝・入園式>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://enasn.blog18.fc2.com/tb.php/358-a106c6c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2016/2 PhotoAlbum

プロフィール

enasn

Author:enasn

雑多な日記、 購入品の無責任レビューなページです。

カウンター

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

アーカイブ

 

booklog

Link

ブログ内検索


全記事表示リンク

全ての記事を表示する