enasn's Page

雑多な趣味ページ

バッテリー交換しといた

  
バッテリーについてはこちら脅かされ・・・ ご教授頂いてから薄々というのか、一応対策しておこうかなぁ~とは軽く考えていた。 で、最近変に車内時計が狂っていたりなんて事もあったので潮時? と本腰を入れてネットで探し、 こちらをサクッと購入した。
  
  
    
Panasonic caos
Panasonic
Blue Battery caos (75B24L)

・業界No.1 大容量
・最高水準寿命
・カーオーディオの音質が変わる
・チョイ乗り車対応(充電制御対応車)
・補水メンテナンス不要
・爆発事故の不安を軽減
・少ない資源で長持ち&大容量
・寿命が分かる(オプション)


ユアサとか、BOSCHとか皆色々と能書きがありましたけども、 色々なブログとかHP記事を見たりと総合的に考えカオスに決定しました。 ご教授頂いたので前もって購入しておく、 品物を決めた後で値段安い所を探すという事が可能だった点も大きいですかね。

結局一番安かったアマゾンで購入(11,400円)  ほんと最近は何や買物つーとアマゾンでの購入が多い・・・ 嫁ハンにも 「また アマゾンから何か届いてるで!」 と言われる(冷汗)

で、サクッと購入はしたんですが 一番気に入った「チョイ乗り対応」 これまぁ「充電制御システム」言いまして、 現代の車は充電ばっかりじゃ無くて、 電気満タンですよー! って時は充電機構を止めろって信号を出すらしいんですわ。 賢いねぇ~ えっ何がって? エンジンってタイヤ回す以外にもバッテリーの充電の為に別途働いている所があるんですけど、 それを無駄に回さない事によって無駄ガソリンとかも使わないって事、 燃費も向上するんですわ。

それええがな! とは思ったんですけど対応したバッテリー買わないとあかんの?? と、 じゃ~自分の車は対応してるの? 搭載されてたバッテリーは対応してたの?? と調べると全然検索に引っ掛からない・・・

調べれば調べる程わからん・・・ メーカーホームページ見てもわからん・・・ つー事で折角ネタにもしてる訳で、 「わかりませんでした」ってのも何なのでマツダに電話して聞いてみたら

「あなたの車は残念ながら・・・」だと ガ~  ん

プレマシーは直噴になった車種から対応、 現行に関しては全ての車種で対応しているとの事。 しかし自分の車種、 現行のマイナーチェンジ前(まぁ4ATってので良いのかな?) は未対応だそうで・・・ という事は賢こいなぁ~と思ったバッテリーも単に宝の持ちぐされという事が判明したのだった・・・
  
なぁ~んや・・・
  
  

Panasonic caos
2005年9月の購入となりますので丸4年で25000km キャンプや何や言いながらも平日は買物カーって感じなのでそんなもんですかね~ まぁバッテリーに関しては持った方ですかね? 個人的には弱ってるってな感は特に無いんですけど、 LEDですけども光り物を取り付けたり、 エンジン止めて観るって事はほぼ無いですけど、 ナビ以外にモニター付けたりDVD再生機を積んだりとやっとりますし、 それこそ出先で上られても困りますしね。
  
  
  

Panasonic caos
積み変えの為にボンネット開けてみました・・・

汚い・・・

定期的に洗車は勿論、 エンジンルームに関しても洗ったり、ぞうきんがけしたり・・・ が遠い昔というのを物語っております・・・ サーセン
  
  
  

Panasonic caos
バッテリーのカバーを開けてみたら・・・ 何やら液漏れしとるやないの・・・ 大丈夫かいな・・・ 交換タイミングとしては良かった??(汗)
  
  
  

Panasonic caos
宿主を引っこ抜いたらこんな感じ。
  
  
  

Panasonic caos
こちらが元宿主。 50B24Lつーことですなノーマル君は・・・
今回は少々奢ってパナのカオスは 75B24Lです。
  
  
  

Panasonic caos
バッテリーの新旧並べてみました。 う~ん綺麗(笑)
  
  
  

Panasonic caos
バッテリーの取り付けも終了! こ、この汚れと綺麗なブルーの対比・・・・
  
  
ハッ  こ、これがカオスという事なのか・・・ (違います)
  
  
  

Panasonic caos
え~ 完全なる手抜き・・・ バッテリー交換の為に取り外したカバー類はちゃっちゃと洗いながら他のカバー類は埃かぶったまま・・・ あの頃の愛情はいったい何処へ・・・ (反省)
  
  
  
で、簡単にインプレッション
  
まぁ~設定から何から全て飛んでくれました。 まぁ何も対策してないので当たり前なんですけど、それが面倒くさかった。

で、真面目に。
も~全然違いますねスタートキーを回した時の反応が。 上ではヘタリは感じないってな事言ってますが、 乗せ換え後は始動に力強さを感じますわ。

カーオーディオの音質が変わるってのは・・・ ん~正直わかりません。 まぁiPhoneですし・・・ 先日iPhoneの車載の仕方を変えたのでイヤフォンジャックからLine-Outと接続方法を変えた時は劇的に音質は変わったのですが、 バッテリーの新旧で違いは正直個人的に分かりませんでした。

まぁ後はどれぐらい持つかですかね。 チョイ乗りに未対応という事が発覚したのでその点は非常に残念。 まぁ上記している通りそーんなに距離を走る方では無いですけど、 謳い文句の大容量、 長持ちつーのを体感出来れば良いかな?
  
  
  
  

アマゾン直販では無く取引先からの購入です。 廃バッテリーの記載等は無いですが、電話で問い合わせたら、着払いで送付すると引き取ってくれるらしいです。 自分は面倒なので近所のガソスタやディーラーで引き取ってくれないか聞いて、 駄目だったら旧バッテリーを送り返そうと思ってます(笑) 因みに送料は別途1,000円かかりますが、 ここでの購入が探した中では一番安かったです。 ま、引き取りで送るとその分送料が別途掛かりますけど・・・

まぁ~ 結果論ですけど、 充電制御システムに(車が) 対応してなかったし、 始動なんかは勿論全然違いますけど謳われてる程音質が変わる! とかって無いし純正の同容量な物を近所のカー用品店(割引セールとか利用) での購入とかホームセンター辺りで安いのを購入、 年度を区切ってサクッと交換している方が賢いのかも・・・ 結果論ですけど。
  
  
  
  
  

テーマ:バッテリー - ジャンル:車・バイク

  1. 2009/09/14(月) 23:05:15|
  2. 車・Electric
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<キャンプの後ネタ | ホーム | iPhone車内体制:2>>

コメント

No title

バッテリー交換、ご苦労様でございます。
バッテリーはどこまで使えるのかの限界が見えないので、交換するのも勇気が必要です(笑)
始動が違うと言うことは、ある程度へたっていたのでしょうね。
バッテリーが上がってからだと、安い製品を探すなんて事はできませんので、結果的に良かったのではないでしょうか?
私の交換したホームセンターブランドの製品より容量が大きく値段がお安い・・・羨ましい限りでございます。
ちなみに私のプレマシーに標準でついていたバッテリーは「46B24L」でした。私のプレマシーは3月末車検なので、途中(半年間の間に)でバッテリーの容量アップが図られていたのかもしれません。
安売りバッテリーだと完全メンテナンスフリーでなかったりするので、容量アップ分も考えると今回の選択が良かったような気がします(省資源にも繋がりますし)。

それにしても青いバッテリー格好いいなあ。
ケースに収めたら見えませんけど(爆)
  1. 2009/09/16(水) 12:12:50 |
  2. URL |
  3. ぼの #RXDep47Y
  4. [ 編集]

No title

こんちは~

> 容量が大きく値段がお安い

え~マジですかー! 忠告? があって初めてバッテリーに目を向けた人間がそんな利益に授かって良いのでしょうか? 人柱?ありがとうございます。w
標準バッテリーに関しても対策? 容量大きいのなんですかねぇ~ まぁ液漏れしてたんですけど・・・ 綺麗な青い箱を見る?意味でもメンテフリーや言うてもたまには蓋開けた方が良いですかねぇ~
一応カオスにはオプションがあって限界というか、寿命をLEDで見れる物があるんですよ。 別途購入すると送料無駄やと思うので近くのカーショップ等で探したんですが取り扱い無し・・・
使用開始時から付けないと意味無いらしいんですが、まぁ一カ月程度なら問題無いとは思って探しているんですけどね。


いやぁ~ しかし重ね重ねも充電制御に未対応ってのが泣けてきますw
  

v-105
  
  
  1. 2009/09/16(水) 12:56:47 |
  2. URL |
  3. enasn #TYxE//as
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://enasn.blog18.fc2.com/tb.php/425-f15c2545
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2016/3 PhotoAlbum

プロフィール

enasn

Author:enasn

雑多な日記、 購入品の無責任レビューなページです。

カウンター

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

アーカイブ

 

booklog

Link

ブログ内検索


全記事表示リンク

全ての記事を表示する