enasn's Page

雑多な趣味ページ

軽登山に行ってみた

  
 せっかくトレッキングシューズも購入した事だし早速使ってみよう! と軽登山に行く事にした、天気も良いようだし。

まぁ実際はキャンプとかに行きたいんだけど、子供も大きくなってくるとやれ運動会だ、参観だ、 はたまた結婚式だ何だとイベントが続き自由に休日を使う事が出来ない。(土日天気悪なんてのも多いし) という事で来週、再来週と既に土曜日は押えられてるのでココしかない! って感じでお出掛けしてきました。
  
  
  
 
軽登山
という事でほぼ始発で出発なので暗いうちからの行動。 まぁ始発で出発サクッと散策、飯食って紅葉写して昼過ぎにでも帰ってこようってな予定です。 予定地は千葉・鋸山、ケーブルカー等の施設もあり、そこそこの観光地なんだけど軽トレッキングコースもあり、 まぁ初心者でも問題無い所かなとチョイス。
  
  
  

軽登山

こちらは出発点がある JR.浜金谷駅 小一時間? と考えていたが出発駅からは2時間半。 電車が結構疲れたw 山を目指すんだけど、 駅からは海が見えます、そんな所。
  
  
  

軽登山
駅から出発、 民家を抜け、ここから散策路だよ~の看板を抜け結構な斜頚を歩いて一汗かくわけですが、 ずっと舗装路。 「ふぅ~ しんど」 となった所でこの看板・・・

あっここからがスタートなのね(苦笑)
  
  
  

軽登山
山道スタート時は多くはこのような感じの石畳? つーのか、まぁ足場は確保されている感じ。 多分駄目なんでしょうけどがんばってしまう性質で、えっちらほっちらとマイペースで登るんで少し進んだ所で椅子があり、喉も渇いたので小休憩・・・ 汗が異常な程に出ます。 ゆっくり登ろうとカメラを肩に掛け登ってる訳ですが、 カメラ構える余裕無いし、 下手に休憩入れると動けなくなる? と又がんばる訳ですし、 途中でも汗ボタボタで吐きそうになるし・・・ あぁ歩いてるよりも遅いスピードなんだけどこれ全力疾走続けてるのと一緒なんだなぁ~と。 確かに運動場で全力100mを何本も走ってたら吐きそうにはなるなとw

とりあえず休憩場があると座り、水分を取るようにしてるんですが、休みすぎると動けなくなる? ってな危惧もありまたがんばって進みます。 まぁあれですは最近ウォーキングとか頑張って歩いてますけど、 全く役にたってません。 いやそんなウォーキングとか無かったら死んでる? ってなもんで(笑)
  
  
  

軽登山
階段を登って登って登って・・・やっとこの石切場跡という鋸山の観光名所? 的な所へ到着。 もうヘトヘトで、体中から湯気がもくもくですw どんだけ汗かいてんねんやろ。
  
  
  

軽登山
道標が示す通りに観光地側へはそこから下る、 左に行くと展望台となっている。 殆ど死に掛けてるのに観光地側なんか行ってられるかいなとさっさと展望台側へそして休憩してさっさと帰ろうと・・・ しかしまそちら側でも階段階段階段。 正味の話、 死に掛けの顔してただろうし、人と会いたく無いなぁ~と。 いや声掛けられても答える気が無いというか、 無理ですからw
さらに進むと道、階段が細くなっているので看板に「ここからはすばやく通り抜けてください」やと


ぜったいムリーーーーー(笑)
  
  
  

軽登山
まぁそこそこ上の方まで来てるのか木々が開けた所ではこのような清涼剤となり得る景色が見れます。
  
  
  

軽登山
出発駅 JR.浜金谷駅近辺・・・ 多分。
  
  
  

軽登山

という事で「東京湾を望む展望台に到着」そんなに高い山ってな認識は無いんですけど、このぐらいの景色が望めるんだったら個人的には満足ですわw ハイ。
  
  
  

軽登山
この後は登ったり下ったりなので何とか足も動きます。 という事で頂上へ。 329m 完全に舐めてました。 まぁ直線距離でなく右に左にと歩く、登るのでここに来るまでには何kmと歩いてるんですけどね。 つーことでここでも着替えたいのでとりあえず休憩に留め先を急ぎます。 それにしてもお食事予定地が全然出てきません。w
  
  
  

軽登山
そこそこの上下を過ぎるとなだらかな下りとなります。 まぁ反対からだと登りなんですけどね。 そちらでもそこそこの景色が垣間見えます。
  
  
  

軽登山
もう少し木々は赤いかと思ってたんですけど、 ほんとに一部だけ。 千葉の君津方面は温暖地域と言われるのでその影響なのかな? これだと11月末ぐらいに来て丁度紅葉って感じかなぁ??
  
  
  

軽登山
イノシシ注意看板を結構目にしました。 そのとおり? 登山道真ん中に人間物大のうんちが! いや木の実とかが入ってるので人間のじゃ無いとは思うのですが、 それとも他にあんな大きなうんちする奴いるのかな? やっぱりイノシシ物なのかなぁ? と
大きい奴なんかな? 充分にヘタってるので一撃でやられるやろなぁ・・・
  
  
  

軽登山
という事で結局道が開けてしまったのでそこにあったベンチでお昼にする事に、着替えて湯沸かしてラーメン作っておにぎりを食しました。 靴を脱いでやっとのゆっくり休憩です。 そこはどうやら林道登山口の上り口になっているようでした。 手持ちのトレッキング地図と比べると・・・ どうやらルートを間違えているようでした。 そういや有名な?というか、鋸山の観光地に出てないなぁ~、 ケーブルの山頂駅に着かないなぁ~とは思っていたんですが・・・w

歩いてる途中、1,2度ってな話でなく、これどっち行けば? となる場面が何度もあったんです。 ルートも他にも沢方面ってな看板も見たし。 低山だと舐めてたら道も迷いますってな話なんだろうか? どうやら地図を見比べてみると石切場跡を下っていく事により観光地他、目当ての大仏だとかお寺だとかがあるみたい。 ルート間違えてるし、しかも遠回り・・・ ま、低山で良かったって話なんでしょうかw
  
  
  

軽登山
食事場から後は下るだけ。 道も車道となっています・・・ しかしこの荒れよう。 ここら辺りはまだましな方で大きな石も、道が裂けてる感じな所も・・・ 自分の車ではムリっつうか、絶対来たくないって感じ。 4WDとかだと問題無いんでしょうか・・・

結局ルートを間違え観光地側には行かなかったんですけど、その為なのか登り、下り共に人に会う事はありませんでした。(途中木を担いだプロ? なおじいさんには会ったけど)  低山過ぎて相手にされてない? のか単に人気が無いだけなのか?

まぁ正味の話、 途中足が動かない、 上がらないってな場面もあったりとめちゃめちゃ大変でしたけど、 ジジババではあってももっと高い山、何千メートルってな山を登ってる訳なんで、そんな事を考えると凄いなぁ~ と関心しますけど、 自分はこの程度の所で充分です。 ハイ。 特に鍛えて高山へ! ってな事も考えてません。 ゆくゆくは山でテント張ろうぐらいです、 ですので別にアタック拠点にテント張って泊まって帰ってくるでも構いません(苦笑)

という事でサクッといける低山という事でホームマウンテンとして、まぁもうちょっと紅葉の綺麗そうな時期にでもきましょうかね。 いやでも2時間半掛かるんだったら もうちょっとあちこち手広く行けるのかな? まぁでも人一杯の山なんて行きたく無いしなぁ・・・
  
  
  

保田駅
こちらは到着駅となる JR.保田駅 無人? じゃない? んだろうけど、カーテンがひかれ駅員さんの姿は無し。つー事で汗かいてるので駅舎内で着替え他させて貰いました。 こういう本数が少ない沿線って面白いもんで数十分電車待ってても人の流れなんて無いのに、 電車到着5分ぐらい前になるとあちこちから人が沸いてくるかの如く人が集まってくるんですよねw 電車の到着時刻と、自宅から駅までの所要時間計算が完璧なんでしょうな。
  
  
  
軽登山
JR.保田駅から。 このギザギザ感が鋸山名前の由来だとか!? 一人でおっかなびっくりの軽登山。 ペース配分等反省すべき点は多々なんでしょうけど、 ほんと階段で足が上がらないってのには参りました。
良くTVなんかの体力自慢、対決なんかで最初軽快に腕立てとか始めるけど、 後半はすっぽりと腕立てが止まり、 腕立て体制を維持するのも必死ってな人居るじゃないですか 「どんくさい」「根性無いなぁ」なんて観てますけど、ほんと気持ちわかりました(笑) いや足動かない、上がらないようになっても誰も助けてくれる訳では無いので、 家に帰るには自分の足で歩くしかない・・・ いやまぁそんな死ぬか生きるか?のシビアな山でも無いんですけどね。

まぁ次回はもうちょい紅葉を見計らって? このJR.保田駅側から散策しようかな?と。
  
  
  
歩行記録
この図だとおおよそですけど 2kmから山道スタート、 4kmで食事休憩。 実質2km圏内で登ったり、下ったりもがいてた訳ですな。 いや今でこと「たった2kmかい!」 と笑ってられますが、 当時は完全グロッキーでした。  
  
  
  
鋸山 パノラマハイキング  
  
  
  
  
  



  
  
  
  
  
  

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/11/08(日) 08:53:58|
  2. キャンプ 雑記etc
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<上野でデート | ホーム | 本日のゲット品>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://enasn.blog18.fc2.com/tb.php/446-f8b5db61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2016/3 PhotoAlbum

プロフィール

enasn

Author:enasn

雑多な日記、 購入品の無責任レビューなページです。

カウンター

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

アーカイブ

 

booklog

Link

ブログ内検索


全記事表示リンク

全ての記事を表示する