enasn's Page

雑多な趣味ページ

停電対応LED常夜灯

 
LED 防災
 常夜灯というか、 夜間灯となるのかな? 以前より家の中では廊下、 階段で暗くなったら点灯するというセンサー付きのライト を使用しているので、 そこら辺りの夜間自動ライトの追加購入となります。

 今回のも電源はコンセントから取るのですが、 充電機能もあり、 停電や災害時、 電源が断たれた場面で活躍するというナイトライトとなります。
  
  
  
  

LED 地震対策
 停電センサーLEDサーチライト / ナイトライト付
TWINBIRD LS-8555W
カラー:ホワイト
サーチライト:0.5 W 白色LED × 1

希望小売価格:3,150円
(本体価格:3,000円)

・停電を感知して自動点灯するサーチライト
・暗くなると自動点灯するナイトライト付き
・乾電池不要 経済的な充電式
・2口コンセントの上側をふさがない親切設計

  
  
  
  

LED 停電対策
 サーチライト:0.5 W 白色LED × 1

 こちらのLED通常は点灯しません。 停電又は電源断(コンセントから外したり) した場合に点灯します。 常用するライトでは無い(デザイン的にも) ので非常用、 イザという時に使用する分として問題ない明るさだと思います(強弱設定有で点灯時間も伸ばせます)
  
  
  
  

LED いざという時
 ナイトライト:オレンジ色LED × 3

 こちらは底部となり、 画像が反射していて観難いですが、 砲弾型のLEDが3灯あります。 向きは広がりを持たすようにわざとズラして設置しているのか、 照射した場面では少々違和感のある配光となります。
  
  
  
  

真っ暗対策
 本体内に収められている充電池。 緊急時用としてのライト、 通常はコンセントに刺さっていて毎時充電レディ状態、 そこそこ充電池の消耗というのか、 経たりも早そうではあります。 満タンになると充電ストップするようなインテリジェントな機能があれば尚良い商品だと思いますが、 まぁそこまで望むのは酷かな? その分でも電池自体を交換出来るのはありがたい仕様だと思います。

 画像上部は折りたたまれたコンセント部分。

 全体的に変わった意匠な商品なんで、 好き嫌いが出そうなではあります。 まぁ外に持って出る、 持って歩くってな性格の商品では無いのですが、 コンセントを折りたためたり、 粋? な透明カバーが付加されていたりと無駄にデザインに凝ってるなぁと思うし、 電池を交換出来たりと痒い所に手が届いているかなぁと。

えぇ 一応褒めてはいるんです(汗)
  
  
  
  

LED これからが本番
 こちらが夜間のライトナイト点灯状態(真中の赤LEDは充電状態確認用LED) 画像では明るいようではありますが、 そこまででは無いかなぁ?

 まー 実際の所購入から一週間程度使用してみました。 勿論停電等、 災害時用途での購入なんですが、 日常としてはブレーカーが落ちるってな場面も(まぁ最近はそんな無いですけど・・ 特に夜中に) なので出来るだけブレーカーに近くに明かり、 又階段登り口に明かりを想定し階段登り口廊下のコンセントで使用したのですが、 以前から使用していたナイトライト が 明暗だけでなく人感センサーも付いた商品ですので、通常は同じくオレンジ光、 人が近寄るとパッと 白LEDが点灯となり、 階段に続く廊下が照らされるんです。

 なのでそれとの比較 になるとどうにも暗い。 う~ん 災害時には強いよ? といっても多くの日常ではやっぱり暗い・・・

 という事で現在は元のライト に戻し、 今回購入のライトは何処で使用するか、 リビングコンセントに刺して、 暗くなった時の常夜灯、 停電時に点灯ライトとするかなぁ? 何処が良いかなぁ? と探っている最中であります。
  
  
  
  
  
  

  
  
  
  
  
  

テーマ:LED - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/04/26(木) 21:26:41|
  2. ブログ・日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<プレミア+フォトショ | ホーム | breveWalker>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://enasn.blog18.fc2.com/tb.php/801-6f26c679
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2016/3 PhotoAlbum

プロフィール

enasn

Author:enasn

雑多な日記、 購入品の無責任レビューなページです。

カウンター

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

アーカイブ

 

booklog

Link

ブログ内検索


全記事表示リンク

全ての記事を表示する