enasn's Page

雑多な趣味ページ

またまたLEDライト

 
 こんな物を購入 したからには・・・ いや正しくは今回ネタのLEDを購入し、 玄関灯の変更にあたって客観的見地? からセンサーが欲しくなった・・・ というのが本当の所ですが、 まっ それはここでは置いといて、 センサーが到着したので早速測りながらの電球リプレース作業、 今までどおりの蛍光灯型電球で良いのか、 はたまたLED電球に変更するのか!。



 という事で今回リプレースされてしまうかも?! で戦々恐々の電球型蛍光灯


パルックボール スパイラル
 National パルックボール・スパイラル EFD15EL/12/E17
60W形 消費電力 12W


 何の変哲もない 60W形相当の蛍光灯型です。 形容詞通りMAXの明るさになるにはそこそこ時間がかかる。 玄関灯ですのでサッと点いて靴を選ぶ、 履く等家の中では一番短時間で事を済ませたい場所である。

14Lux   (点灯直後)
21Lux  30sec
28Lux  1min     
38Lux  1min30sec  
48Lux  2min     
55Lux  2min30sec  
61Lux  3min     
65Lux  3min30sec 
67Lux  4min     
67Lux  4min30sec 
67Lux  5min    
67Lux  5min30sec  
68Lux  6min     

 どうやらこの電球 MAX値が 67~68Lux のようで、 約4分かかるみたいだ。




照度計
 こんな感じで玄関、 下駄箱の上に置いての計測。




玄関 蛍光灯型電球
 100%点灯を確認後、 直接玄関灯を写した画。





Everleds E17
 そしてこちらが今回購入のLED電球

Panasonic EVERLEDS LDA6L-E17
25W形相当 消費電力 6.0W



 玄関灯の仕様は E17型となります。 それゆえに E26と違ってまだ突き抜けた明るさの物が販売されておりませんので不便なく使えるのかどうか? といったところでした。 で、 購入のLEDは 390ルーメンで 25W相当・・・ 暗くて電球の交換に失敗した・・・ とは思いたくなかったのでわざわざの照度計購入であるんですけども。

 このLED電球は以前にダイニングテーブル上ペンダント 球で利用している電球と同じ物のようだ(電球色、昼白色の違いは有) 以前は 3千円強での購入だが、 今回は既に型落ち? となっているらしく、 1,300円での購入だ。 1年半程度で半額以下・・・ 早いのか遅いのか?(苦笑)



 結局、 といいますか、 やっぱりLED、 点灯直後にMAX値だったらしく何分経っても 55~ 57Luxをうろうろといった感じ。



玄関 LED電球
 こちらがLED電球の明かり具合。 画像ではすっきりな白っぽい光ですが、 実点灯でもすっきり感は把握出来ます(画像程の差はわからない)



結論:

 やはりスイッチONで 100%点灯は何者にも代えがたい。 今回は照度計を使用した比較で LEDの 55ルクスというのは少々蛍光灯型よりも暗い、 暗いけども 55ルクスの明るさになるまでには2~3分掛かるとあってはその後より明るくなろうとも人間の目的には歴然・・・ とまではならない(若干暗くは感じる) がこの程度の差ならLEDの方が良いなぁと、 なってしまう。

 便所電球をLEDに 変えた時と同じくで圧倒的にカタログスペックでは暗そうではあるが、 人間の目的には スイッチON→ 100%点灯の方が明るく感じるようだ。

 という事で消費電力は 12W→ 6Wという事で約半分 取り立てて暗くなった感も無かったので今回はLED電球に軍配あげて電球は交換する事に決めました。



















テーマ:電球いろいろ - ジャンル:ライフ

  1. 2013/02/27(水) 23:50:02|
  2. お買い物・ゲット品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<内外計るよ! | ホーム | しりこんらいと>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://enasn.blog18.fc2.com/tb.php/916-b2518183
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2016/3 PhotoAlbum

プロフィール

enasn

Author:enasn

雑多な日記、 購入品の無責任レビューなページです。

カウンター

記事

カテゴリー

コメント

トラックバック

アーカイブ

 

booklog

Link

ブログ内検索


全記事表示リンク

全ての記事を表示する